本日の国本、うなる代わりに旅日記とまいりましょう! どうするどうする

再録 国本武春 ベンベン旅日記 9  ニセモノになった虎造先生〜♪ベンベン

 今でこそ、テレビやラジオでの録音、録画の放送は当たり前だが、 浪曲の全盛期、昭和のはじめ頃は放送と言えばすべてが生放送であった。 大正十四年から始まったラジオ放送は、 真っ先に当時大流行していた浪曲を取り上げ、 昭和七年には年間およそ千回も放送されたそうである。

  まあそれだけ浪曲師の数も多かった訳だが、 なんと言っても当時評判が良かったのが、 売れっ子浪曲師による連続読みの放送であった。 連続読みとはひとつのお話を毎日、あるいは毎週続けて演じる事である。 話が盛り上がってきて、いよいよこれからと言うときに   丁度時間となりました   この続きは明日(みょうにち)の   同じ時間といたしましょう などと終わってしまうもんだから、 「明日も絶対聞かなくちゃ!」 と、今で言うゴールデンタイム時分は大人も子供もラジオにかじりつき 「清水の次郎長」や「国定忠治」などの連続物を心から楽しみにしていた。

 そんな頃の浪曲界一のスターと言えば、おなじみ広沢虎造であろう。   旅行けば 駿河の道に茶の香り は浪曲を知らない人でもどこかで聞いたことのあるフレーズではないだろうか。  そんな大スターの広沢虎造、人気絶頂のはずなのに ある地方公演でどうしたことかお客さんがさっぱり入らない。 「一体どうしちゃったんだ?・・・」 きつねにつままれた想いで地元の関係者に聞いてみると、 「実は今日、虎造先生のラジオ放送があるので、 この町の連中は、今日来ている虎造はニセモノに違いない。 とみんなラジオにかじりついているんですよ。」 とのこと。 その頃やっと放送に録音技術が取り入れられ、 録音したテープの放送日と公演の日時が運悪く重なってしまったらしい。  町の人たちはそんな事とは知らないから、 実物が来てるというのにラジオの前から一歩も動かない。 何にしても、世間の人々が浪曲に飢えていた頃のうらやましいエピソードである。

 ちなみに、私が毎週火曜日に出演している 「梶原放送局web倶楽部」は決して録音ではありません。 それが証拠に、スタジオ入りが間に合わず 車の中から携帯電話で出演したのがついこの前。 関係者の皆様、その節は大変ご迷惑をおかけいたしました。 この場をお借りして心よりお詫びいたします。 ごめんなさい・・・トホホホホ・・・

2001.12