国本武春 テネシー通 信 番外編” その  
 今回はイーストテネシー大学の音楽教授“クアック・タトル先生”が国本武春を語ります。

ジャック先生大いに語る
テネシーリポート番外編
TAKEHARU KUNIMOTO
1854年、アメリカ海軍のMatthew C. Perry提督の歴史的な来航とともに、日本に初めてバンジョーがやってきました。その150年後、今度は日本からTAKEHARU KUNIMOTOがまるでバンジョーの従兄弟のような楽器−三味線−の音楽を、今までに聞かれたことの無い形でアメリカにもたらしました。


パラマウント劇場での一コマ、右から二人目がジャック先生。

全ての先例をもろともせず、Kunimotoはこの日本の伝統的な楽器を
アメリカのブルーグラスミュージックに取り入れることに成功しました。
彼は、単独でも、そしてイーストテネシー州立大学(ETSU)の
ETSUブルーグラスプライドバンドのメンバーとしても、
その卓越したブルーグラスの技術と人をひきつけるショーマンシップで
多くの観客を驚かせ、喜ばせてきました。


イーストテネシーにやってきてからわずか数ヶ月のうちに、Kunimotoは、
何千人もの熱心なアメリカのブルーグラスファンの心や精神を魅了し、
そして強い注目を集めました。
ケンタッキー州ルイビルで行なわれた国際ブルーグラス協会(IBMA)のアワードショー、
バージニア州ヒルトンのA.P.カーターファミリーフォールド、テネシー州ジョンソンシティのダウンホーム、
同じくテネシー州ブリストルのパラマウントセンター、
ベルギーのブリュッセルにあるNATO本部などを含め、多くの場所で演奏を行い、成功を収めました。


Kunimotoが熱心なブルーグラスファンであることからわかるように、
彼の音楽は、単に三味線でブルーグラス演奏を可能にするというような
説明的なチャレンジではありません。
14歳でビルモンローと出会ったことに深く心を動かされ、Kunimotoは、
素晴らしく高度に発展したブルーグラスのスタイルを編み出しました。
彼の演奏は、卓越した技術、感性、テイスト、
そして想像豊かな即興性において、注目に値するものを持っています。

彼はまた、「Dream of A Geisha」や「Appalachian Shamisen」などの
新しいブルーグラスナンバーの作曲も手がけました。
これらの曲は、ブルーグラスの影響を大きく受けながらも、
他とは明らかに異なり、強い独自性を持っています。

 日本政府の補助を受け、ETSUのブルーグラス招待学生(Visiting Scholar)として滞在している間、
Kunimotoは、彼と知り合ったすべての人々にとっての驚嘆と喜びの源でした。
彼は素晴らしいユーモアのセンスを持ち、並外れた勤勉家であり、驚きで溢れている人物なのです。

日本でのKunimotoは、浪曲と呼ばれる伝統的な芸術の分野において
非常に高い評価を得ている芸術家です。
アメリカでの彼は、ブルーグラスのモードから不意に自国の言葉とパフォーマンスにスリップさせることにより、
ブルーグラスの聴衆(筋金入りのブルーグラスファンを含め)を完全に魅了してしまいます。
びっくりした聴衆は皆、笑い、手を叩き、そしてKunimotoのエネルギッシュな
声の呼びかけに対して自ら声を出して応えていることに気付きます。


ブルーグラスを愛する人々は、彼らが大切にしているその音楽が
これからも変化し続けていった方が良いのか、
それともビルモンロー、アールスクラッグス、ドックワトソンなどの
崇拝するブルーグラス革命家達が作り上げた芸術的感性(traditional bluegrass)を
尊重していった方が良いのか・・・などとしばしば悩むことがあります。
Kunimotoの芸術的ビジョンは、新鮮かつ活力溢れる音楽を作り出すために、
伝統と、未開拓な分野への思い切った探求の融合の仕方を、感銘的な例として私たちに示してくれました。

Kunimotoはまた、ブルーグラスが−その他の音楽ジャンルのように
−文化と国の境界線を越えることができるということを証明し、大きな安堵感を与えてくれました。
人間が試みる他の分野におけるコミュニケーションが同じ成功をたどることができれば、
世界ははるかに良いものとなり、より幸福な場所となって行くでしょう。

Jack Tottle, Director
ETSU Bluegrass, Old Time and
Country Music Program
East Tennessee State University
Johnson City, Tennessee, USA

Master Traditional Japanese Storyteller-Musician
 国本武春