国本武春 テネシー通 信 ” その 22  
 皆様、“ジョンソンシティーの国本武春”多忙な日々を送っていましたが!
 今月(04年8月)には日本に帰国致します。

カナダ・ツアー 〜 2004年8月11日 〜
テネシーリポート第22弾 国本武春 
7月24日のダウンホームを皮切りに
ヴァージニア州ポーツマス
ニュージャージー州ブリッジトン(ダニエルの故郷)
ニューヨーク
カナダ セントキャサリンまで
8月2日に帰郷(?)するまでおめでたムードの満載のツアーでありました。


ダウンホームの看板に初めてKUNIMOTOの名前が出て喜ぶカリスマ

ホームタウンのジョンソンシティーにあるライブハウス「ダウンホーム」
いつもは「ETSU BLUEGRASS PRIDE BAND(国本の所属バンド)」での出演でしたが
今回は「国本とラストフロンティア(イーストテネシースペシャル)」と看板が掲げられました。
米国国本バンドの初ツアーの始まりです。



ヴァージニア州ポーツマスの「国本武春とラストフロンティア」ここではカナだ出身のDarrin Beaton(ベース担当)
が居りませんがカナダのセントキャサリンで合流予定です。

 ここニュージャージー州ブリッジトンは
新婚のダニエル(ギター担当)の地元

ブレナーズ・ブリューでのライブ
「ダニエル・ボナーとETESブルーグラスバンド」
フューチャリング「国本武春」のチラシ

ここのライブハウスはダニエル親派
金曜日の夜も出演したダニエルでした


 

 

 


カリスマの案内でニューヨークの地下鉄にのるバンド一行。
ジョンソンシティーには地下鉄はないので長いトンネルの旅を楽しむJ.P.

カナダ セントキャサリン でこれもまた新婚のDarrin Beatonと合流、
ツアーの楽日をむかえる 国本武春とラストフロンティア

ナイアガラの滝の前で足を踏まれたカリスマ!

Master Traditional Japanese Storyteller-Musician
 国本武春