国本武春 テネシー通 信 ” その 21  
 皆様、“ジョンソンシティーの国本武春”多忙な日々を送っています!
  米国はテネシー州の東、ジョンソンシティーに在住。
  滞在期間もあとわずか8月には日本に帰国致します。

大きな運命 〜 2004年7月20日 〜
テネシーリポート第21弾 国本武春 
7月17日、我がバンドのバンジョープレーヤー、J.P.マセスと
ETSUの日本語の先生、 手塚純子さんが結婚いたしました。
この日はレイモンド先生の息子さん、そしてカナダに帰っている
ETSUバンドの ベースプレーヤー、ダレン・ビートンも結婚式でまさしく結婚ラッシュの一日でした。

手塚純子さんJ.P.マセス

J.P.の結婚式は先ずエリザベストンの教会で式を挙げ、
その後ワタンガレイクというとても美しい湖のほとりのレストランでパーティーを開きました。




私の滞在中に我が親友たちが次々と人生の節目を迎える。
そこに立ち会えた喜び、アメリカの生活の中にどっぷりと浸かっている実感。
浪曲師として日本で20年以上活動してきた私が
今この地で友人のお祝いに三味線でブルーグラスを演奏している。
何か不思議な、そして何か大きな運命のようなものを感じた一日でし


二人の結婚のお祝いにはカリスマ直筆の書を送りました。
「ばんじょーを 弾けどもこの家(や)に 波瀾なし」
我ながら名文句であります。

 

Master Traditional Japanese Storyteller-Musician
 国本武春