国本武春 テネシー通 信 ” その 18 
 皆様、“ジョンソンシティーの国本武春”多忙な日々を送っています!
  米国はテネシー州の東、ジョンソンシティーにあるイーストテネシー州立大学を卒業した
  6月のカリスマはテント片手にフェスティバル三味、残り少ない米国生活を楽しんでいます!

床屋のジャム 〜 2004年6月5日 〜
テネシーリポート第17弾 国本武春 

皆で楽器を持ち寄り、一緒に演奏することを「ジャム」、または「ジャムセッション」といいます。


ブルーグラスが盛んな我がイーストテネシーは
毎週定期的にジャムを行なっている場所が30箇所近くもあります。
その中で私の一番のお気に入りが毎週木曜日の朝、
ブリストルにある床屋さん、スターバーバーショップで開かれるジャムです。



この店の主人ジーンボイドは素晴らしいフィドルプレーヤーで、
床屋さんの方もこの道50年の大ベテラン。
我が家の近所の床屋のように手が震えるベテランではなく本当のベテラン。
ここのジャムの存在を知ってから、
楽器を弾きに来るついでにカットもしてもらえるのでヘアースタイルの心配もなくなりました。

ただちょっと気になるのは、
ジャムの日にカットをしてもらうと主人のジーンが、
得意な曲の始まった途端「あっ、ちょっと待ってて、一曲だけ弾いてくるから。」
とカット途中の客を待たせ自分がジャムに参加したりするので
、落ち着いてカットしてもらえません。

「いいよいいよ、待ってるから。」というぐらい気の長い人か、
ブルーグラス好きの人でないとこの店の客はつとまりません。


◆写真のタイトル:脚長◆
まあなんにしても、こんな味わいのある床屋さんは世界にもそう無いでしょう。

Master Traditional Japanese Storyteller-Musician
 国本武春