国本武春 テネシー通 信 ” その 13  
 皆様、“ジョンソンシティーの国本武春”多忙な日々を送っています!

アパラチアン三味線 〜 2004年3月27日 〜
テネシーリポート第13 弾 国本武春 

ジョンソンシティーもすっかり春らしくなって参りました。暖かくなってくればイベントも増えるというわけで、先週(3月第3週)のカリスマはテレビにラジオにブルーグラスにストーリーテリングにと大忙しでした。

「A_Celebration of ETSU Bluegrass」パラマウントシアターのカリスマ©Jim Sledge


火曜日はお金持ちの婦人会のランチタイムショウ。
水曜日はもうすっかりお馴染みのFM局WETSにて1時間の放送。
木曜日はブリストルのテレビ局WCYBに出演、自作のブルーグラス曲「アパラチアン三味線」を披露。


ジョーンズボロのカリスマ©Jim Sledge

金曜日はイーストテネシーのカーネギーホールと言われているブリストルの「パラマウントシアター」で
「A_Celebration of ETSU Bluegrass」と題したショウ。
我バンドがメインになりプロで活躍しているETSUの卒業生やゲストなどを招いて行なわれ、
800席の客席が満員になりました。


「A_「Celebration of ETSU Bluegrass」パラマウントシアターのカリスマ©Jim Sledge

そして土曜日はストーリーテリングの聖地ジョーンズボロウで「Cherry Blossom Spring Storyfest」。
もう渡米は10回目というベテランのストーリーテーラー藤田浩子さんとの2人会。
この会は金曜日のジョンソンシティープレスの表紙でも紹介されチケットがSoldoutになりました 。

短い期間で新聞、テレビ、ラジオ、そして大きな会場でのショウなどに立て続けに出演したので、
私の知名度が一気に上がった・・・
ような気がします。

これからは陽気も良くなり、ここアパラチア地方はみるみる花や緑に囲まれることでしょう。
次回はアパラチアの美しい春の風景などをお届けしたいと存じます。どうぞお楽しみに。

Master Traditional Japanese Storyteller-Musician
 国本武春