国本武春 テネシー通 信 ” その 11 
 皆様、“ジョンソンシティーの国本武春”元気でにやっております!

カリスマの「おいおい、アメリカで生活しちゃってるよ!」その3 
写真でつづるカリスマの日常パート1
の巻 
〜 2004年2月21日 〜


テネシーリポート第11
弾。国本武春 

カリスマの「おいおいアメリカで暮らしちゃってるよ」第3弾はいよいよカリスマの日々の生活にグッと迫ってまいります。さぁさぁ皆さん、もっと近くに寄って寄って!!


晴れて免許証を手にして乗る車もガソリンが無くちゃ走りません。
最近は日本でも増えていますがこちらのガソリンスタンドは全てセルフサービスです。
自分でガソリンを入れてお店に入り会計をします。
1ガロン(約4リットル)が大体1ドル50ぐらい。
10ガロン入れて15ドルですから、日本と比べると・・う〜〜ん、相当安いです。


車もたまには洗ってあげないと。これは近所にある洗車場です。
それぞれ50セントで2分間、シャンプー、リンス、ワックス、ブラシなどが出来ます。
1ドルあればピカピカです。



長いと言っても1年間。さすがにカリスマ、洗濯機までは購入できませんでした。
毎週このコインランドリーに出没しては
洗濯や乾燥の時間を利用して読書、宿題、居眠りなどをしています。


もうすっかり皆様にお馴染みの紺のスーツを購入したJCPenneyです。
お店のおばさんは次から次へと勝手に品物を持ってきて
「あなたこれが似合うわよ」などといいながら一人で納得しておりました。
お金を払う時「あなた本当にいい買い物をしたわね」
ウ〜ン、自分で買ったような気がしないんだけど・・
しかし、スーツ上下にワイシャツ,ネクタイ、ベルト、
靴下まで揃えて280ドルはコナカも真っ青です。


ジョンソンシティーに唯一あるスシバーです。
味は回転寿司以下、料金は高級店なみです。
しかし日本語クラブの学生が好きなのでたまに入り、
寿司はたのまず安いうどんやフライドライス(焼き飯)を食べ、
トランプで大貧民をしながら深夜まで粘ったりしています

日々の買い物はもっぱらウォールマートです。
日用品から食料品、電化製品、自転車、下着、芝刈り機と何でも売っており
値段がどこよりも安いので連日大盛況です。
全く同じ感じの店で値段がちょっと高いKマートがいつもガラガラなのをみると、
やはりアメリカの人達も1セントでも安い方が良いのでしょうか?
日本で1500円はしそうなケーキを
3ドルぐらいで売っていたりするのでつい買って帰りたくなります。

我が家の郵便受け
(ちょっと言い方が古いか?)です。

アメリカの郵便局は
こうして出したい郵便を
ポストにつけておくと
郵便配達の人が
持って行ってくれます。

なのでカリスマの場合、
航空便以外は
郵便局に行く必要がありません。

以上、写真でつづるカリスマの日常パート1(2があるかどうか分かりませんが)でした。
次回はモアベターよ!!


Master Traditional Japanese Storyteller-Musician
 国本武春