国本武春 テネシー通 信 ” その 10  
 皆様、“ジョンソンシティーの国本武春”元気でにやっております!
 2003年暮れ ベルギーに
行きました。

カリスマの「おいおい、アメリカで生活しちゃってるよ!」その2 運転免許の巻 〜 2004年2月7日 〜

テネシーリポート第9
弾。国本武春 

これがdriver's license

これまでレポートはカリスマの活動を中心にお伝えしてまいりましたが、
これから暫くは日常の生活ぶり、 身近な出来事、
休日の過ごし方などを中心にレポートしてまいりましょう。
題して、カリスマの「おいおい、アメリカで生活しちゃってるよ!」その2 運転免許の巻

運転免許の試験は筆記と実技とありその両方に合格しなければなりません。
筆記と言っても実際に書くわけではなくコンピューターによる3択で、
私の受けた試験場の場合日本語のテストも用意されていたのでラッキーでしたが、
それを勉強するテキストはもちろん全部英語なので
先ずそれを翻訳する所から作業が始まります。
学校の勉強そっちのけで辞書を片手にテキストを片っ端から翻訳し、
そろそろ大丈夫だろうと試験に臨みましたが、
自分で大丈夫だろうと言うほどアテにならないものは無く、あえなく不合格。

しかし一度体験し様子が大体分かったので
4日後に受けた2度目の試験は見事合格致しました。

筆記も受かり、さあいよいよ実技だと思っていたら
窓口の女性が「今日、あなたは実技試験が受けられない」と言う。
友人のジムから「筆記に受かったらスグ実技があるからその日のうちに免許が取れるよ。」
と聞いていたので、「どうしてダメなんですか?」と聞いてみても
「今日はダメ」と言うばかり。
そのうち私の英語力が無いことにいらいらし始め
挙句の果てに「もう、誰か日本語分かる人居ないの?」などと怒鳴りだす始末。


仕方が無いので一旦ジムの所へ行き様子を話すと
「そんなはずは無い、今電話してみる」とジムが試験場に電話をしてくれました。
すると「今から来いと言ってるよ。」と言う。
「 えっ、どうなってんの?」カリスマよく分からないまま、
また試験場に行きさっきと同じ女性に書類を渡すと
今度はスンナリ「じゃあ車の所に行って。」ということに。

アメリカの場合自分で車を持ち込んで試験を受けることになっているため、
私も自分の車の前まで行き待っていると
すっかりカリスマの担当となったさっきの女性が出てきて
私の車を見ながら「このナンバーじゃだめよ。」と言う。

前の所有者のナンバーをそのまま付けていたので
それではダメということらしいのです。
「登録所へ行って新しいナンバーを貰って来なさい。」と言うので
「免許証が無いと新しいナンバーが貰えないんだ」と話すと
「じゃあちょっとそのナンバーを外してこっちへ持って来て。」
仕方が無いのでナンバーを外し事務所まで持って行くと、
私のナンバーを見ながら皆で寄ってたかってあ〜でもないこ〜でもない。


これがマイカー! 米国でも人気のスバル・レガシー

またナンバーを渡され「じゃあまた車に付けて待っていなさい。」
もうこうなったら言われるままに。

するとまたその同じ女性が出てきて、
仕方なさそうに「じゃあ車に乗って。」とようやく試験開始の模様。
助手席で指示されるまま5分ぐらいその試験場の近所を
ぐるっと回ってまた試験場に戻り車を止めると、
その女性が私の顔を見て突然にっこり笑い「OK!ワンダフル!」

「えっ、なに?何がワンダフル?もう終わり?何でそんな笑顔なの?これで合格?」

なんだかよく分からないまま写真を撮りお金を払って
無事その日のうちに免許証を手にすることが出来ましたが、
今までふてくされまくっていた彼女が
どうして急に笑顔になったのか?
結局彼女は機嫌が良かったのか悪かったのか?
カリスマを気に入っていたのかいなかったのか?
何とも理解できない不思議な気持ちになった私。

アメリカの女性はなんて奥が深いんだ・・・
この時ばかりは声が勝負の浪曲師も声には出さず心の中で
「う〜〜〜ん」とうなった次第でございます。

Master Traditional Japanese Storyteller-Musician 国本武春