国本武春 テネシー通 信 ” その  
 皆様、“ジョンソンシティーの国本武春”元気でにやっております!
 2003年暮れ ベルギーに
行きました。

カリスマの「おいおい、アメリカで生活しちゃってるよ!」 〜 2004年1月24日 〜

テネシーリポート第9
弾。国本武春 

これがソーシャルセキュリティーナンバー

これまでレポートはカリスマの活動を中心にお伝えしてまいりましたが、
これから暫くは日常の生活ぶり、 身近な出来事、
休日の過ごし方などを中心にレポートしてまいりましょう。
題して、カリスマの「おいおい、アメリカで生活しちゃってるよ!」

アメリカという国もちょいと旅行するのと住むのでは大違い。
一年間の滞在となると、こちらの社会の一員となり
しっかりと生活をしなければならないため
それなりに面倒な手続きや課題などが山積みです。
それらをひとつずつクリアーし初めてアメリカで、
そしてテネシーで安心して暮らせるという事になります。

先ずこちらで生活するにはソーシャルセキュリティーナンバー(以降SSN)
というものを取得しなければなりません。
これが無いと電話もテレビもインターネットも手続き出来ず車の免許も取れない。
アメリカは、特に私の住んでいるジョンソンシティーのような小さな町の場合、
車の無い生活というのはまず考えられません。

私も渡米時に国際免許は持っていたので単に車を運転することは出来るのですが、
こちらの免許証が無いと車のナンバーも貰えず保険にも入れません。
車の方はすでに購入済みでとにかく後は免許をとるだけという状態。
それなのではじめにSSNを取得し、
車の免許の試験を受け、合格したらナンバーを貰い保険に入る。
これで初めてアメリカの道を自分の車で安心して走れるようになります。


BARBER SHOP


しかし肝心のSSNが私のような学生ビザの者では普通取得できません。
それなので、「それがないと何も出来ない」ということを学校側に話し、
なんとか手紙を書いてもらいSSNの手続きをします。
カリスマの場合、私のような外国からの留学生の面倒を見てくれる
インターナショナルオフィスがETSUにあり、
そこにゆみこさんという日本人の大学院生がバイトしていたので
いろいろと助けていただき無事に取得することが出来ました。

と言っても、スグ簡単にとは行きません。
その手続きをしてSSNを取得するまで2週間以上かかります。
その間は電話もインターネットも手続きできず、
テレビも見ることが出来ません。
結局私の場合も渡米して電話が開通するまで3週間、
インターネットが繋がるまで1ヶ月かかりました。
皆様に連絡が遅れ大変ご迷惑、ご心配をお掛けしたのはこのためでありました。
随分遅れた言い訳になってしまいましたがこの場を借りてお詫び申し上げます。

しかしそれだけに、ケーブルが繋がりインターネットが
出来るようになった時の嬉しさは大変なものでした。
どのくらい嬉しかったかと言うと、すっかり気が大きくなり
近所の床屋に不用意に行ってしまい坊主になった
(サイドバックカットプリーズ参照)くらいです。


ベルギー公演前のETSU.P.BANDの晴れ姿

さて無事SSNが取得できたカリスマ。つぎはいよいよ運転免許です。(つづく)
Master Traditional Japanese Storyteller-Musician 国本武春