国本武春 テネシー通 信 ” その6 
 皆様、“ジョンソンシティーの国本武春”元気でにやっております!

ぐっど・ふぇろーず 〜 2003年12月20日 〜

テネシーレポート第6
弾。
今回のレポートは「三味線ワークショップ」です

テネシーもすっかり寒くなり学校もすでに冬休みに入りました。
今回は今までお届けしていたレポートの中で唯一報告が遅れていた
三味線ワークショップ「三味線クラブ」についてのレポートです。

文化交流使と国から指名をしていただいたからには
アメリカの文化をただ学び発表するだけではなく、
日本の文化を伝え学んでもらうと言う大切な役目があります。
文化庁への活動計画書にも「三味線ワークショップ」は
活動の大きな幹として報告をしているため
これを実現しないわけには行きません。

1 0月半ば、三味線かとうさんから稽古用の津軽三味線を5丁送って頂き準備万端、
あとは希望者を集めて稽古をするだけという所までは順調に行ったのですが、
さてそれからがなかなか上手く行きませんでした。

ワークショップをする場所を借りること、
人を集めるためのチラシを作ること、
そしてそのチラシを撒き実際に人が集まるか?ということ。

日本であれば自分は何の心配も無く、
やりたい時にスタッフの皆さんの力を借り簡単に出来ていたことが、
こちらへ来たら場所をとるだけでも誰に聞いたらよいのやら、
どこへ頼めばよいのやら何度も二の足を踏み情けない思いをたくさんしました。

今までは何から何まで自分ひとりでやってきたつもりでも、
そこには必ず陰で努力をしてくれていたメンバーやスタッフなどが存在し、
自分は気持ちよくいい舞台を務めることだけを考えていれば良かった。
ところがこちらへ来たら私のことなど誰も知らず、 言葉も通じず、
三味線などと言う楽器を見たことも聞いたことも無く、
チラシを張れば人がどっと集まり・・・などということは夢にも起こりそうにない。
じゃあ一体どうしたらいいのか?


「三味線クラブ」1回目
一番左側の人が
日本語の先生、手塚純子さん

結局日本語のクラスの生徒が主になって活動している
「日本語クラブ」のメンバーに何かと協力をしてもらいようやく実現までこぎつけました。
一人では何も出来ないこと、
しかしどこへ行ったとしてもそこには必ず仲間ができ助けてくれること、
さまざまなことを身を持って学んだ気がしました。

そんな苦労の甲斐もあり、
10月に1回、11月に4回「三味線クラブ」を開催することができ、
生徒も4人から11人に増えて次第に活発になってまいりました。

内容はというと、姿勢や撥の持ち方から始まり
現在は私の作った津軽三味線風のオリジナル曲を皆で合奏しています。
もう冬休みなので年内は活動がありませんが、
1月からまた再開し4月ごろには発表会が出来ればいいなと考えております。

そんなこんなで、ついこの前まで心細かったアメリカでの生活も、
ブルーグラスの仲間、ストーリーテリングの仲間、三味線クラブの仲間と
たくさんの仲間に囲まれ楽しい日々になってまいりました。
我が家の隣の奥さんからも
「あなたETSUブルーグラスバンドの人でしょう?この前ラジオで聞いたわよ。」
などと言われ、いささかながら知名度も上がってきたようです。

日本での活動から比べるとそれはそれはとてもささやかな、
のんびりとした動きではありますが、
しかしそれらは確実に地に足が着いており少しずつとは言え
しっかり膨らんできている実感があるというのはとても嬉しく、
何ものにもかえがたい経験であります。

こちらへ来て丁度3ヶ月。カリスマの本領、いよいよこれから・・というところでしょう

第四回目の
「三味線クラブ」
Master Traditional Japanese Storyteller-Musician 国本武春