国本武春 テネシー通 信 ” その5 
 皆様、“ジョンソンシティーの国本武春”元気でにやっております!

A Worldwide Storytelling Event  〜 2003年12月06日  Tellabration!2003〜

テネシーリポート第5
弾。
今回のレポートはストーリーテリングの特集です
前回、前々回と続けてブルーグラスのレポートだったので、
皆さんの中には「なんだ、国本はブルーグラスだけやりにアメリカへ行ったのか?」
とお思いの方もいらっしゃるのでは・・・と言うことで今回はストーリーテリングの特集です。

11月19日、ETSU内で行なわれた
A Worldwide Storytelling Event 「Tellabration!2003」に出演しました。
それもチラシにMaster Traditional Japanese Storyteller-Musician
とあるように凄い肩書きでのゲスト出演です。

現在私はストーリーテリングの授業は取っていません。
英語がまだまだなので来年から・・と思っておりました。
隣町のストーリーテリング発祥の地、ジョーンズボロウで行なわれた
ストーリーテリングフェスティバルも
IBMAのショウと日にちが重なり行くことが出来ませんでした。
しかし10月15日に日本語クラブ
(日本語クラスの学生が中心になって日本文化を体験、または学ぼうと言うクラブ)
主催で行なわれた私のコンサートに、
「なんでも日本からトラディショナルなストーリーテリングのプロが来ているらしい。」と聞きつけた
ストーリーテリングの先生、ドクター・ソボールが駆けつけてくれてこのイベントの参加が決まりました。
ソボール先生は実に熱心な先生で私の「三味線クラブ」にも毎回参加してくれています。

ところでストーリーテリングとは一体どんなものなのか?
浪曲、落語、講談とどこが違うのか?まずは簡単にご説明いたしましょう。

題材は世界中のおとぎ話、昔話、SF、怖い話などが中心です。
演者は立つ人も居れば腰掛ける人も居る。
さすがに座布団に座る人はいません。 語りは全くのフリースタイル。
もちろん一人でやる場合がほとんどですが、
中には二人で掛け合いでなどと言う場合もあります。
笛を吹く人、ギターやバンジョウで歌や演奏を語りの合間に入れる人、
語ると言うよりイッセー尾形のようにほとんど一人芝居みたいな人。
ホントにさまざまで、これがストーリーテリングだ、と言う決まった形がありません。

ただ言えることは、かなり分かりやすく単純なこと。
子供からお年寄りまで誰が聞いてもよく分かる
(英語が分からないと一つも分かりませんが)ということ。
日本の話芸のように人間の心の奥底まで描き出すという様なものはあまりありません。
それなので英語さえマスターすれば、
浪曲の持つ深い話芸とアメリカのトラディショナル音楽を融合させ、
それはそれはこちらの人々が涙を流して喜んでくれる作品が
必ずカリスマによって実現する・・・ハズなのですが、
英語で語るということになると少なくとも後5年はこちらに滞在しなくてはならないでしょう。

11月19日はこちらに来て初めて「ザ・忠臣蔵」を公演しました。
つくばねさんの作ってくれた英語サイトを利用させてもらい、
私と忠臣蔵の説明をソボール先生に事前にしてもらってからパフォーマンスを始めました。
心掛けたことはより大げさに、より分かり易く。
終わった途端、リンカーンセンターよりだいぶ人数は少なかったものの
長い長いスタンディングオベーションをしてもらいました。

写真を撮ってくれていた親友のジムに「分かった?」と聞いたら
「分からなかったけど凄かった。」と言っておりました。
かくしてこのところすっかりブルーグラスプレーヤーとなっていたカリスマも、
この日ばかりは浪曲の素晴らしさ、日本の話芸の底力をしみじみと味わったのでありました。

Master Traditional Japanese Storyteller-Musician 国本武春