国本武春 テネシー通 信 ” その4 
 皆様、“ジョンソンシティーの国本武春”元気でにやっております!

ETSU BLUEGRASS PRIDE BAND 〜 2003年11月22日  いい人協会の会長〜

テネシーリポート第4
弾。
今回のレポートは我がETSU BLUEGRASS PRIDE BAND(正式名称)のメンバー紹介です
Raymond W .McLain

この人は生徒ではなく先生です。
フィドル(バイオリン)を担当していますが
バンジョーも名人で、
古くはマクレインファミリーバンド、
ジム・アンド・ジェッシーとバージニアボーイズ
の一員として活躍した人です。
我がバンドの、というより全バンド
(ETSUブルーグラスプログラムには
全部で8組バンドがあります)
の取りまとめ役でもあります。

一応ETSUのバンドにはランクがあり
我がバンドはその筆頭。
週末でイベントが重なったりすると、
じゃあそこは次のバンド、
そっちはこのバンドと
ランクの高い順に仕事が割り振られます。

とにかくこのマクレイン先生はいい人で、
世の中にこんなにいい人がいたのかという位。
その物腰の丁寧さ、人当たりの優しさは
私が今まであった人の中で最高で、
いい演奏をした時にこちらを向いてニコッと笑った時の笑顔なんというものはいい人協会の会長という感じです。
John Paul Mathes

通称JP。バンジョー担当。
我々日本人のブルーグラスファンと違い、
スタンレーやビルモンローを
いつも身近に感じながら、
アパラチアのふもとで
本場の空気を充分に吸い
すくすくと育ったという感じのプレーヤー。

彼の住むエリザベストン
はアメリカの田舎を
絵に書いたようないいところ。
こんな所で育ちゃ〜そりゃ
バンジョーも上手くなるだろうな〜
と思わせる土地です。
技術もパワーもタイミングも
まさにプロ顔負けのレベル。
私がETSUに留学するにあたり
とてもお世話になった
「ムーンシャイナー」誌の
サブさんこと井上三郎氏のご子息、 太郎君が
ETSUバンドとして日本ツアーを行なった時のメンバーでもあります。

Daniel Boner

ギターとリードボーカル担当。
唄心があり楽器も達者で
JPと並んで我がバンドの顔といえましょう。
楽器はギターをはじめフィドル
(彼は歌やフィドルの先生もしています)
マンドリン、ピアノと何でもプロの腕前。

アメリカにはこうした
何でも上手く弾けるプレーヤーが
ウヨウヨいるのでホント驚きます。

レイモンド先生と並び、
いつもあちらこちらから受ける
ショウの依頼を上手にこなす
プロモーター的才能もあります。

JPと共に日本ツアーを行なった時のメンバーです。

Darrin Beaton

ベース担当。
カナダ出身の彼も本来はギタープレーヤー。
このバンドのために急きょベース担当となり、
ベースのキャリアはまだ3ヶ月。
それでも15曲から20曲ぐらいこなす
コンサートを毎回務めているので
やはりミュージシャンというのは
たいしたもんです。

いつもクールでおとなしめの人ですが、
先日カナダから奥さんが
遊びに来た時にはずーっと
ニコニコしていました。
その奥さんがなかなか素敵な人で、
「う〜ん・・これからは俺もおとなしめで行こうかな〜」などと考えさせられました。

Aaron Jackson

マンドリン担当。
おそらくメンバーの中で
一番若いであろう彼はテキサスの出身。
アメリカの人々は紹介の時必ず
その人の出身地(州)を紹介します。
その州の名前を言っただけで
「ウォー」と歓声があがることもあります。

彼は本来ギターが得意のようですが
我々のバンドではマンドリンを弾いています。

なんでも器用にそつなくこなす反面
間抜けな所もあり、
先日彼の車に乗せてもらった時のこと、
途中で買ったドクターペッパーの
ボトルをしきりに振りながら
運転をしているので
「あんなに振って大丈夫かな〜」と
心配をしていると案の定、
キャップを回した途端
中からブワーッと噴出し
車の中がドクターペッパーまみれに。
「オー、シット」と叫んでいましたがあれだけ振ればそりゃ〜噴出すよ。

なんでもメチャクチャ熱いコーヒーもこぼした事があるという彼。
「あの時は死ぬかと思ったよ。」といってましたが、今回だって死ぬかと思ったよ。

国本武春&J.P's mother
三味線担当。Kunimoto Takeharu

アメリカに着いたその日にETSUで日本語の先生をしている純子さんから、
「明日、ブルーグラスバンドのコンサートがあるんですけど、
国本さんも出る事になってますよ。」と言われてから、
なんだか訳の分からないままバンドの一員になり今日に至っています。

JPと重ならないようにバンジョーのフレーズを中心に弾いていますが、
時にマンドリンのフレーズ、時にギターのフレーズと言うように
アンサンブルに合わせて弾き分けています。
これが今までのソロライブではなかった面白さで、
長い間体に染み付いたブルーグラス独特のフレーズが三味線に乗り移り次々と噴き出てきます。

ソロの時必ず「この楽器は三味線です。」と紹介しているのに、
コンサートが終わると何人もの人に「ところでその楽器はなんて言うんだ?」と聞かれるのには閉口します。
帰るころにはテネシーで三味線を知らない人は誰もいなくなるぐらいになればいいんですが。


以上、ETSU BLUEGRASS PRIDE BANDの紹介でした。