国本武春 テネシー通 信 ” その3 
 皆様、“ジョンソンシティーの国本武春”元気でにやっております!

ミュージック・ライフ 〜 2003年11月13日 大安吉日 陽の当たる場所〜

テネシーリポート第3
弾。

ライブハウス「DOWN HOME」

こちらに来てから2ヶ月が経ちました。
長かったような短かかったような、
慣れたような慣れないような微妙な状態であります。
英語の方も相変わらずで、
「コーヒーは熱いのがいいですか、冷たいのがいいですか?」と聞かれ、
「スモール、プリーズ」と答える始末。
まだまだ生活をエンジョイするまでには時間がかかりそうです。


小学校「MILLER PERRY ELEMENTARY SCHOOL」

そんな中、確実に上達しているのがブルーグラスであります。
中学、高校と青春を費やし熱中した日々は無駄ではありませんでした。

またこちらではブルーグラスを楽しむイベントの数が半端じゃあない。
毎週末必ずといっていいほど
我がETSUブルーグラスバンドはあちこちのイベントに呼ばれます。

そしてどこへ行ってもお客さんが驚くほどブルーグラスを良く知っている。
アメリカが、と言うよりこの地域が特にそうなのだとは思いますが、
子供からお年寄りまで手を叩き一緒に歌っている姿は
ちょっと日本では考えられない状況です。

イベントの場所もホールやライブハウスは当然のこと、
病院、小学校、本屋さん、野外ステージ、パーティー会場、民家とさまざまで、
その状況も、物凄く真剣に聞いている所、
とにかくノリがいい所、
皆食事に夢中で誰もステージを見てない所、
竜巻でステージのテントが飛んでいった所など、
たった2ヶ月でいろいろな経験をさせてもらっております。


本屋さん「バーンズ&ノベル ブックストアー」

コンサートの内容はというと100パーセントブルーグラスの所に
私のソロコーナーが必ずちょこっと入るという感じ。
長いコンサートの時は2回のソロコーナーがあります。

大体が忠臣蔵から堪忍ブギ。
お客さんが熱心に聞いているところでは新内、
または津軽三味線からアジアの祈り、という展開です。

評判はというと「注目独り占め」「場内騒然」てな感じで
ちょっとメンバーに申し訳ないところですが、 そこはバンドの一員。
ブルーグラスになると、 ソロを取る時以外裏方に徹し、
サウンドの厚みとノリにひたすら貢献しています。
最近ではコーラスにも何曲か参加(もちろん英語です)し
バンド内のチームワークもさらに硬くなって参りました。

広いアメリカでもブルーグラスの世界は狭いので、
私がIBMAのアワードショウでプレゼンテーターをつとめた事や、
ETSUのブルーグラスバンドには3弦バンジョーを弾く日本人がいるぞ、
などということが次第に知れ渡っており、
遅ればせながら少しずつ自分の居場所が出来てきたと言う所でしょうか。

それにしても生活の中にこれほど音楽が、
それも生の音楽が入り込んでいるのは驚きです。
音楽を聴き食事を楽しんでいる時のこちらの人々の顔は
笑顔満開、幸せ絶頂という感じです。

音楽を仕事にしていながら、
「音楽ってこんなに楽しめるもんだったんだな〜・・」
などと今頃になってしみじみ感じているカリスマのレポートでした。

 

Master Traditional Japanese Storyteller-Musician Takeharu Kunimoto 国本武春