国本武春 テネシー通 信 ” その2 
 皆様、“ジョンソンシティーの国本武春”元気でにやっております!

唯一の贅沢 「ETSU イーストテネシー州立大学」 〜 2003年11月1日 大安吉日 めでたい〜


テネシーレポート第2弾。


















カフェ「CAVE」ここのカフェモカは絶品!

今回は私の通 っている学校、ETSU(イーストテネシー州立大学)についてレポートします。

基本的に私、特に用事のあるとき以外は
月曜日から金曜日まで真面目に学校に通っています。

取っているクラスは英語のESLクラス(母国語が英語でない人達のクラス)、
MUSIC THEORY OF BLUEGRASS(ブルーグラスの音楽理論) 、
ブルーグラスバンドの実習、日本語クラス(習うのではなくお手伝い)などです。

自分で言うのもなんですが、音楽理論とかESLという言葉を書いているだけで、
「いやぁ〜実に学生してるな〜」と無性に嬉しくなります。
まあしかし出来の方はあまりいい方ではなく、
やっと授業に付いて行っているという感じでしょうか(日本語クラスは別ですが)。


ETSU 正門

校内はメチャクチャ広く建物の数は大小合わせて50以上もあります。

私の良く通う校舎は
Rogers-Stout Hall(英語と日本語)と
Mathes Hall(音楽の校舎)、
そしてお気に入りの場所がStudent Centerで、
ここには売店、レストラン、郵便局、カフェなどいろいろな施設が入っており、
特にここのカフェ「CAVE」でお茶をするのが最近の私の日課となっています。

ここのカフェモカ絶品でアメリカに来てから
粗食になった私(ホントか?)の唯一の贅沢と言っていいでしょう。

日本であれば、そんな校内のカフェの片隅に
不思議な外人が居ると皆何となく気になったり 陰口を言ったりする所ですが、
さすが人種の多いアメリカの大学、
坊主頭の怪しい東洋人がクリームいっぱいのカフェモカを
飲んでいても気にしたり笑ったりはしません。

それどころか、そこで自習なんかをしていると日本語クラスの学生が
「ハイ タケ!」などと声を掛けてくれたりするので こちらも「ハイ・・・」、
その先は何も言えませんが、 とても楽しいひと時です。


Mathes Hall(音楽の校舎)

学校へは皆車で 通学するため
その車の数は膨大で
物凄く広い駐車場も
すぐ一杯になってしまいます。

そのため、
学校には着いているのに
車を止められなくて
遅刻するなどという事が多々
(私のことではありません) あります。


Rogers-Stout Hall


毎日学生達であふれるキャンパスは木々に覆われ、リスが遊び、
最近ではすっかり色付いた木の葉が散り始め、とても雰囲気のある良い環境です。
とにかくここジョンソンシティー自体が学生の町と言った感じで、
ETSUの学生だと言うだけで町の人々はとても歓迎してくれます。

そんなETSUに日々通い、
だいぶ遅くなった学生生活を送るというのが私カリスマの基本的な毎日です。

それでは今回のレポートはこのへんで。次回はモアベターよ!!
現在、カリスマの髪の長さ  8ミリ (髪を切ってから今晩初めてシャンプーを使いました。)

                                      国本武春