国本武春 テネシー通 信” その1 
 皆様、“ジョンソンシティーの国本武春”元気でにやっております!

「サイド バック カット プリーズ」 〜 2003年10月16日 大安吉日 〜

皆様、大変大変長らくお待たせをいたしました。
国本武春テネシーレポートの第一弾をお送りいたします。
先ずこの2枚の写真をご覧くださいませ。こちらに来ての私の活躍ぶりです。

一枚は先月、私の住むジョンソンシティーの隣町
ブリストルで行なわれた フェスティバルに
イーストテネシー州立大学(以降ETSU)ブルーグラスバンドとして出演したときの写 真。

もう一枚は昨日(15日)ETSUのキャンパス内の教室で催した
最初のソロコンサートの写真です。

お気付きの方も多い・・
というか全員お気付きでしょうが、
ただ今私坊主頭でございます。
今月初めETSUバンドで記念撮影をするというので
何でもものは経験と我が家の近所にあるバーバーショップを訪ねました。

いかにもボロく味わいだけで成り立っているようなその店の奥からは
立って歩くのがやっとと言うようなお年寄りのマスターが出て参りました。
う〜ん・・店も渋ければマスターも渋いな〜・・
などと感心をしていると何やら分からないことを立て続けに言われました。

一ヶ月ぐらいでは私の英語力はまだ世の中の荒波には通用せず、
言われたことの答えになっているかどうか分からないまま
「サイド バック カット プリーズ」と言うのが精一杯でした。
「オ〜ケ〜」震える声でそう言うとマスターはおもむろに
私の前方からでっかいバリカンで・・・

カリスマ、高校の柔道部以来、
いや柔道部の時よりさらに短い坊主頭となりました。

7ドルの床屋賃を払って泣きそうに出て行こうとする私の後姿に
マスターの「カム バック アゲイン」の声。
何でこんな時だけ英語が聞き取れるのか・・。



翌日バンドのメンバーに「ナイスヘアー」と冷やかされて撮った写真は
とても皆様にお見せできるものではありません。
昨日のライブはその日から10日。
これでもようやく黒くなってきたので
活躍ぶりと共に皆様にお見せした次第です。

ともあれカリスマ大変元気にやっております。
コミニュケーションの取れないこちらでは、
文化交流使とか日本のエンターティナーの肩書きは通用せず、
ただの坊主頭の英語の出来ない日本人にしか過ぎませんが、
そこはこちらもじわじわと力を発揮し、
いつかはきっとこちらの連中を
総立ちにさせてやるという野心でいっぱいです。

月末からは「三味線クラブ」というワークショップも始めます。
これからは写真も含め出来るだけ
コンスタントにレポートを書いていきたいと思いますので皆様どうぞお楽しみに。

国本武春