こだわる 「芸能全般の原点 マンドリン」 〜 2002年7月21日 毎日新聞 〜



Gibson F-4


Gibson A-1



 両親が浪曲師という血筋だが、
本格的に浪曲の世界に入ったのは
遅く20歳の時。それ以前は、ビー
トルズやロックを聴き、フォーク
やカントリーバンドをやる音楽少
年だった。その延長で浪曲師にな
ってからも、オリジナルの語りと
曲を合体させた「三味線ロック」
のライブコンサートなど型破りな
活動を展開している。

「そんなふうに自分が音楽や浪
曲も含めて芸能全般に目覚めたと
いう意味で、その原点にあるのが
マンドリンなんですよ」という国
本さん。中学時代にカントリー音
楽のブルーグラスに熱中。その元
祖ともいうべきビル・モンローが
来日した時、公演を聴きに行った
のが運命的だった。

「彼が弾いていたのがマンドリ
ンだったんですよ。開演の5時間
前からずっと待っていて握手をし
てもらいました。それで、この握
手した手はマンドリンの手だなん
て思い込み、中3の時にマンドリ
ンを買ったんです。その前にフォ
ークブームで買ったギターはなか
なかうまくならなかったけど、マ
ンドリンは自分の思い通りに初め
てうまく弾けた楽器なんです」

 今持っているのは、それぞれタ
イプ(胴体の穴の形状)の異なる
もの4種類。この日手にしていた
のは、世界的にも人気のあるクラ
フトマンで長野県在住の鷲見英一
氏に依頼した特注品。「こだわっ
て注文を出して作ってもらいまし
たから、やはり弾き心地は特別で
すね」と自然に顔がほころぶ。コ
ンサートでもみせびらかす程度に
しか使わないという宝物である。

 高校時代にカントリーバンドを
作りマンドリンを弾きながら、同
時に三味線も習い始めた。やがて
新感覚の浪曲師を目指すなかでそ
の両方の感覚が生かされる。
「マンドリンの弾き方が、三味
線を自分で弾いて歌を作ったりす
るのにものすごく役立ってます
ね。だいたい邦楽器というのは和
音感がないんですよ。おそらく、
三昧繚で和音感を出してロックや
バラードを歌ったりするというこ
とをやったのは、僕が初めてじゃ
ないかと思いますね。そのベース
にマンドリンがあるんです」

 音楽プラス浪曲の活動の広がり
としてミュージカルにも取り組
む。最近では幕末開国の日本の動
乱を描くミュージカル『太平洋序
曲』(宮本亜門演出)に出演。こ
の7月のニューヨーク、9月のワ
シントン公演にも参加する。「浪
曲の新しい魅力を生み出すいろい
ろな肥やしをもっと蓄積しなけれ
ば」という国本さん。来年はしば
らくアメリカに行く予定だ。

 文・戸部民夫/写真・国本武春

Randy Wood

susumi SA-5