LB 中洲通信
ロング・インタビュー 
1997年9月号
「夢幻浪曲狂噺」 取材・構成 伍東道生  ◆インタビュー:稲田和浩  
 

 ◆ 今は浪曲をやるところがなくなってしまいましたね。〜
国本 定席として浅草の木馬亭がありま すが、他はないですね。
ぼくなどは他に 国立演芸場の若手花形演芸会などに出る 程度ですかね 。
普通にしてるとだんだん 減ってきます。需要がないというか。

 ◆ 自分の方から売っていかないとダメということ・・・〜
国本 そうですね。自分でタネをまいて・・・    
 ◆ しかしタネをまくといっても、何処にまくかというのが問題で、なかなかタネまく
   場所もなくなりつつあって、 またそれを維持していくというか、毎回やるのも大変ですよね。〜
国本 まだ十年前あたりだったら敬老会 とかあったから。
最近じや、敬老会とい っても老人たちが自分たちでやることの ほうが多いですからね。 − 
 ◆ カラオケとか。〜
国本 そう。お金を使ってタレントを呼 ぶとかがなくなっちゃつた。
仕組みが変 わってきてるんでしょうね。浪曲という のは、そういう仕組みのないときの全盛 の芸ですから。
大会に出たり寄席で花形 だったりした人を、またお座敷に呼ぶと いった・・・。   

 ◆  浪曲大会というのが一つの商品市だったわけですよね。〜
国本 顔見せ興行でね。    
 ◆  それを地方の興行師が大会を見にきて、そこであれはいいから今度は使おうという。〜
国本 そうそう。で、一本で回れるように なるようにみんな頑張ってたわけですよ。   

 ◆ 東家浦太郎さんや亡くなった二代目篠田実さんなんかが浪曲の世界に 入った
   ばっかりの頃は、看板見上げて、その頃二葉百合子さんと今の勝太郎さんが福太郎で
   その二人が新 人抜擢されて看板に出てて、「俺もいつかこうなりてえな」とか
   言ったというんですけど、武春さんの頃は別にそれを見上 げてどうこうというのはなかった?〜
国本 う−んとね、 ぼくもこの世界に入って二十年以上 たちますけど、大して変わらないんですよ。
入った頃が良かったかというもんでもな い。ただ、いい人はいました。まだ昔の 片鱗を残すうまい人がいて、
昔ながらの 寄席の芸人さんみたいな座付きの三味線 弾きのおじいさんがいたり。

 ◆ 武春さんが入った頃というのは、四代目雲月がいて浪花家辰造がいて三門 博が出てて、
   初代浦太郎が元気いっぱいで、そういう状況だった。〜
国本 うん、それこそカルトな浪曲ファ ンが必ず五人くらい来ててね。
それにプ ラスちょこちょこといて、いまだにお客 が十五人とか二十人という、人数は変わ らない。 
 ◆ でも、変わらないというのは考えてみたらすごいことですよね。〜
国本 昔のすごい浪曲師がいなくなって もそのくらいいるというのはね。
 ◆ 逆に武春さんが入った頃というのは、そういう息吹が、たとえば雲月さん がいれば無言の緊張感があるとか。
国本 ありますね。

 ◆ 今は、それがほとんどないんですかね。若手の人たちは全然そういうもの を感じてないようにも見える。〜
国本 変わりましたよね。とはいうもの の、ぼくらが入った頃は、
これでどうに かしようという感じがありました。今の 若手はどうにかしようと
思ってないとは いわないけど、ちょっと解らないですね個人差もありますので。
 ◆ 思ってないかもしれない。〜
国本 これはまあ浪曲界だけじやなくて、 今頃と言っちゃあなんですけど、
この時 代に芸人を志すってこと自体がどういう ことなのか、何を考えてやってるのかと いうことですよね。

 

皆様まだ1/8ですよ
 

 ◆ 浪曲の世界に飛び込もうと思った動機はなんだったんですか?
国本 最初は曲師の東家みさ子師匠に弟 子入りしたんですよ。
 ◆  そのときは三味線弾きになろうと思った?

国本 いや、浪曲師になろうと思ってた んだけど、まだ漠然としてたんですよ、 どうしようか。
結局、高校出て、演劇ち ょつとかじつたりして、音楽も好きでバンドもや つてたりして、
でもやってる音楽がブルーグラス っていうアメリカのカントリーですからね。これ は商売にならないだろう。
だからといって役者、そ れも任じやない。自分もそんなに役者に対して知 識があるわけじやないし。
好きな劇団があって追っ かけてるわけでもない。
 何をしていいのか分からない状況の中で、ただ 舞台に上がってやる商売はいいなと思ったときに、
まずは落語、寄席から入りまして、寄席通いをし てまして、その流れで浪曲、講談がある、
そうい えば親も浪曲やってたじやないか、ぼく も芸人の枠ではあるわけですよ。
 それで浪曲に少しずつおそるおそる、 こっそりと触れていった。 − 
 ◆ 親に内緒で

国本 そうですよ。 ー 

 ◆ お母さんの浪曲というのは小さい頃聞いたことがあったんですか?〜
国本 聞いたことあります。しみじみは 聞いたことないけど (笑)。
雲月先生の はよく開いたんですよ。小学生のとき、 浅草の花やしきで
まだ見せ物をやってた 頃によく木馬亭に連れていかれて。
雲月 先生はトリだから、うちのおふくろ、雲月先生が終わらないと帰らない、
で、「あ−あ〜」って先生がうなってる、あ れが浪曲師か、
大変なもんだなと思ってた んだけど。
 その程度で、しみじみと子供の頃舞台 の前で一席聞いたとかはありません。
で も、おふくろがアメリカ巡業で雲月先生 と一緒に行っちゃつたときなんかは、
雲月先生の家に預けられたり、そういう環境ではありましたね。
 ◆ そのころ雲月先生の家にはお弟子さんはいたんですか?

国本 どうなんだろう。一つ二つの頃だ から(笑)。
そのころは下火になってた ころだし、先生もそんなに弟子はとって なかったんじやないかなあ。

 ◆ なぜすぐ浪曲じやなくて三味線から入ったんですか?

国本 高校時代、民謡ブームで金沢明子なんかがいて、
ジーパン民謡とかいってね、ただジーパンはいただけでしたけど(笑)。
で、ブルーグラスのバンドやってる仲間で海宝弘之というのがいて、
その親父が芸事が好きで、そこの家には修理工場がありまして、
工場の上にでっかい広間を作ってそこで三味線を習ってたんです。
うちらは離れの方でブルーグラスばかりやってて、そしたら
「お前 ら、洋楽なんか誰も開きやしねえ」とか 親父さんにいわれて(笑)。
「三味線やれ」とか言われて。
 津軽三味線なんか弾くと、結構ブルー グラスのパンジョウのプレイと
似ててアドリブぼいところがあってカツコいいわ けですよ。
じや、ちょつとやろうかなって半年くらいやったのかな。写真載ってるでしょ
だけど、歌 とか興味ないから、曲弾きのねダンダン ダンダンあればかりやってた(笑)。

 ◆ なんか津軽の大会に出て優勝したとか。〜
国本 優勝じやないですよ、「邪道だ」 つて言われたんですよ。   (笑)。
「あれは津軽三味線じやありませ ん」って名指しで言われた。
でもその後の大会には毎年邪道が出る様になったらしい、
なにせ優勝もしていないのに地元放送局のインタビューにも呼ばれました
 (笑)  

国本 
まあ、浪曲師になるのに、まったく何 もないというのも不安だったから、
まず 三味線から習おうという。  それがあって、三味線を習いに行った
みさ子師匠は、昭和の名人で三本の指に 入るくらいの人なんですけど、
教えてく れないんですよ。「浪曲の三味線は教え るもんじやない」とか言ってね(笑)。
こっちは習いに行ってんのにね。「教えられないのよ」って言う。
 でね、うちの師匠(後に浪曲の師匠と なる東家幸楽師匠。みさ子師匠は幸楽師 匠の妻)に、
「ちょっとお父さん、やって」って言って、うちの師匠も独特の節 だから
「何から何まで〜」とかやって、 みさ子師匠にうちの師匠が怒られたりして(笑)。
「なによ、その節は」なんて言 われて。師匠がなんか稽古付けてもらう みたいで、
師匠も「う−ん」なんて言っ ちゃってね(笑)。
稽古になんないんで すよ。

 行けば必ず三味線出してチャンチャン はやるんだけど、
「まあ、もういいからうどん食べましょう」と言っていつも
うどんとってくれちゃ一日一、二時間、昔 はこの先生は凄かったとか、
楽燕先生 (東家楽燕、幸楽の師匠)から弾いてる 人ですから。もう芸談ですよ。
 楽燕師匠は、雲右衛門(桃中軒雲右衛 門、浪曲中輿の租)の芸の弟子ですよ。
本人は関東節の師匠のところの伜だった んですけどね。雲右衛門に傾倒して低調子(関西節)に。
 ◆ そうすると、雲右衛門の直系なんですね。〜
国本 そうですね。楽燕門下は雲調とい うか。 
 ◆ 雲右衛門のひ孫弟子にあたるわけですね。〜
国本 ま、ひ孫弟子ですね。このホームページでも系図をネいつか書いてみようかと・・・ 
 ◆ そういう意味では国本武春というのは浪曲界の正当流なんですね。〜
国本 村田英雄さんもそうですよね。村 田英雄先生はおじさんにあたる。
酒井雲 というのが一番最後の雲右衛門の弟子で すから、村田先生はそのお弟子さんです から。
楽燕先生は、当初は桃中軒を名乗 つていたんだけど、
東家にして、ただ芸 は雲右衛門の芸ということで。
 みさ子師匠は、大正から昭和の初めに かけてのその頃の
四天王と呼ばれた楽燕、 木村重友、初代天中軒雲月、(鼈甲斎) 虎丸の
国技館でマイクなしでやった頃の 話しをえんえんするわけですよ。
 そりゃもうね、これから浪曲やろうと 思ってる若いモンにとっちゃ、
夢が風船 のように膨らんじゃつて、こりゃ、凄い ところだと、
今はどうか分からないけど、 これはやりようによっちゃあね、
今の東 京ドームで独演会をやるのと同じじゃな いかと、
これはやろうかな、となんか分 からないけど夢いっぱいでしたよ。

   その後浪曲を目指す。
 
  国本 で、「実は三味線じやなく、一席 やりたいんです」って言ったら、
師匠は なんとなく察してて 〈待ってました〉っ て感じで。
「三味線を男が弾いたって、 語り手がいないんだから」って言ってね、
すぐ台本くれて、その日から節の方の稽古が始まったんです。
 それでみさ子師匠が、木馬だろうがど この仕事だろうが、ついてきて弾いてく れたんですよ。 ー 

 ◆  お寺なんかでもやったとか。
国本 やりましたね。それで、すごいも んですよ。
浪曲というのはアドリブの芸 ですから、基本的に。
今でこそ、 「佐渡へ 佐渡へ」と決まつているみたいですけど、
あれ、昔のネタ帳みたいなものを見たら、
一日三席ずつやって二年くらい回ってや つてるんですよ。
「佐渡へ佐渡へ〜」も最 初からあのメロディだったのか、
そうだ つたかもしれないけど、やっているうちに固まってきたものか、それは分かりま せん。
やってやってやり尽くして、最高 のメロディーを作ってきたものだから、
あういう風に固まつたみたいに思うんだ けど、基本的にはアドリブなんですよ。

 だから米若先生(寿々木米若、「佐渡情話」で一世を風靡)だって、
新ネタや つたら同じ調子で出来たか、違う調子に なったりしたんじゃないかと思うんです よ。
だから、そういうアドリブの芸の物 ですから、
まったく予備知識がない者に とっては すぐ壁にぶつかるんです。
「何 が何まで何とやら〜」といったら、次 はえっ、どこいくの?っていう、
高 く「ものが〜」になるのか低く「ものが 〜」になるのか分からないんですよ。
こぶしももちろん回らない。

 それがね、みさ子師匠の手に掛かると、
もう大変に広い、目の前に六車線くらい の道が見えるんですよ。
そこに乗っかっ てやってればいい。
だから弾いてもらつ た一年間というのは、
回りの人たちから もみるみるうまくなったと言われたけど、
どんどん吸収してたときだったんでしょ うね。

 で、お師匠さんが亡くなられて、さて、 三味線が、
というとき、今度は行き止まりばっかりなんですよ。    

 ◆ そんなに違うもんですか?
国本 違うんですよ。いなくなってしば らくして初めて分かる。
普通にやってる んです、普通にやってるんだけど、あれ?  う−ん、うまくいかない。
みさ子師匠が亡くなられて三、四年は試行錯誤 というか。
もう、これはうまくなれない と思ったですよ。
いい三味線がいなくな つちゃつたから。
 三味線弾きも、腕白慢の師匠、手が回 る師匠はいっぱいいる、
いい音色を出す 師匠も結構います。
だけど「あのね、そこはこう出すのよ」と何にも言わないで 導き出すというか。 ー 

 ◆ いわゆる語りを引き出すというやつですか?
国本 そういう意味では最後の人だった ですね。
あの師匠なんかは楽燕師匠にはじまり、京山華子代、松平国十郎って
三味線には最高に煩い人を弾いてきたから。
「今は、手が三つか四つあれば誰でも弾 けんのよ」とか言って、
「つまんなくな っちゃった」ってがっかりしてましたね。
「こんな手まであるのか、というところ まで作ってきたのに何にもなんない」って。
誰かやってくれないかって言ってま したよ。
 
※浪曲のルーツ 大道芸の 「祭文(さいもん)」 「チョンガレ」 「チョボクレ」 浪曲の親戚 「説教節」 
 

 ◆ みさ子師匠なんかの修行してた時代のあとが「旅行けば」の虎造であるわけですよね。
国本 そう。昔のようだけど、今いる人 が見てきた時代。
だから、雲井良夫さん っていう方がいて、 ぼくが入ったときに すでに
九十歳くらいの人でしたが、雲右 衛門を見たというんですよ。
桃中軒雲右衛門を見た、という人がいたんですから。 ー 

 ◆ それがないというのは今の若い人たちは可哀相ですね。
国本 現場を見てるわけじやないから先輩たちの話を聞くと、
広がるわけじやな いですか。今、木馬の楽屋あたり行って、
中堅の師匠たちが話ししてるサイズと
うちのお師匠さんがいうサイズとはスケー ルがまったく違うんですよ。
 もう浪曲全盛の話で、浪曲というのは一人で一 時開くらい一席をやって、
独演会だとそれを三席くらいやったりする。それをマイクなしで五千人とか・・・・・・ ー 
 ◆  舞台にまで客を入れて・・・・・・。
国本 そう。舞台から落ちたなんてこともありまし たけど、
そんなことまでしてね、聞かせる。
それ はもうパワーとか存在感とか話術とか、芸、声、 節、
すべてが魅力的で、客をグイグイ引っ張って くる。
 そりゃあね、昨日今日まで浪曲は大道 芸だったかもしれないけど、
明治の時代に苦労する人がいて、百年そこそ この芸。
それが五十年くらいで成り上が つたわけです。
もう地道にやってる他の世界に比べれば、
「なんでえ、チョンガ レ(※)上がりが」と言うかもしれないけど
それは今で言うニューミュージックでポ ンと売れるのと同じというか、
その元祖 みたいなもんで。そこにドリームみたい なものがあるじやないですか。
 そんな夢を持ちながらも、自分の芸を 見せるのに友だちを呼べないという現実 があります(笑)。 ー 

 ◆ カッコ悪くて?
国本 一回呼んだんですよ。入って一年目くらいに。
まだ二席しか知らなくて、 聞かせたら黙ってんの。
「どうしたんだ よ、感想言ってくれよ、
一年くらいでなかなかこうはならねえだろ」って(笑)。
じつと黙ってんの。いつも陽気でゲラゲ ラ笑うような奴らだったんだけど、
「う〜ん、大変だな」って言われてね(笑)。
おれは大変なところに入っちゃったんだ なと思いましたよ(笑)。
われに返って、これはちょっとカッコつくまで
あんまり 人呼ばない方がいいやと思って。ちょっ とカッコつくまでね。 ー

  中洲通 信No.134 1997年9月号は表紙から国本のオンパレード、カラー写真も多く読み応えに加えて見応えも充分、稲田和浩さんの「浪曲に明日はない・・・・・・わけでもない」と「浪曲ミニミニ大辞典」と浪曲関連記事が充実しています。
お問い合わせは:電話.03−3235−9214 ツー・スリー内 中洲通信編集部
 
 

 ◆ 最近は、浪曲以外にも進出してま すよね。
国本 うん。津軽三味線をやってる佐藤通弘さんと『うたざえもん』
というタイ トルで津軽民謡のルーツにタイムスリッ プして、
歌い手と三味線弾きがいろいろ やるみたいなことをやってました。  
そうこうしてたら、アメリカのジョ ン・ゾーンに呼ばれてニューヨークに行 つたんですよ。
佐藤さんと一緒に浪曲や つたりしたんですけど。 ー 

 ◆ お客さんは日本人?
国本  日本人半分です。 − 
 ◆ 
アメリカ人も半分いる?
国本 そうそう。 ー 
 ◆ で、浪曲をやってきた。
国本 ごちゃまぜ浪曲。国定忠治のとこ ろに清水次郎長が出てくるような、
オー ルスターキャストでね。 − (笑)。
国本 なにかというと「みんなでニュー ヨークヘ行こう」って。
虎造節やったり 米若やったり、モノマネしながら、自分 の得意の節を最後にやって。
 どうせ分からないだろうと思ってたら、 なかに日本人の 結構偉い先生なんかも来 てて、
「いろんなのいっぺんに聞けてよ かった」って、喜んでんだかバカにして んだか(笑)。

 それを木馬でやったら楽屋バカ受け。
そしたら福太郎師匠に「(天保)水滸伝が入ってないじやないか」って怒られち ゃつた(笑)。
「あんなに入れるんなら水 滸伝を入れろ」。   (笑)
 ◆ 自分のところのお家芸が入ってないから。
国本 でも、こんなことは昔はよくあったことでね。
 そのころ、錦糸町で『うなって語って 錦糸町』といういわば
浪曲バラエティみ たいなものをはじめたんです。
新作なん かやったり、三味線ロックもそのころか らかな。

 若手がやってることだからね、
「でも 面白いことやっててなんで客が入らねえ、 何で入らないんだろう」って、
昔は舞台 に客が上がっんだとかって頭のどっかに あるわけですよ(笑)。
 よくよく考えてみると、浪曲ファンは、 『次郎長伝』を一席はできないけど、
「旅 い行けばあ〜」というのはだれでも風呂 入ってうなってる。
「遠くぅ〜チラチラ ァ〜」も知ってると。
昔の映画とか見る と、中で一節、茶碗洗いながら歌ってる シーンがあったりもする。

   
 

 ◆ 昭和二十年代の映画のシーンを見 るとありますよね。
国本 そうそう。そういうのを見たりす ると浪曲が生活に入り込んでる。
人々が 普通に働いて生きてるところに、そこに メロディが入り込んできちゃって、
口ず さんじやうようなものが、あれだけの大 衆のものになったんだとすれば、
浪曲師 とか浪曲サイドから、
流行歌が一つ出な いと流行らないんじやないか、というの があって。

 ちょうど、前後して三味線でなんかやりたいというか、
漠然とヤマハのボーカ ルスクールに行ってたことがあって卒業 に一曲作れという。
それで作って、演奏 したら、妙にね、面白いんですよ。
ハマ るんですよ、エイトビートが。

 最初はコードが分からないから、三味線の竿にガムテープかなんか粘って、
いまだに粘ってありますけどね(笑)。あ れ印だからないと困る。
 で、リズムボックスとかも買ってきて 、
それでロックンロールと昔話を一緒にし たようなものをやったんですよ。
『浦島 太郎』。その時の客は基本的に音楽ファ ンの方々で、
みんな、なんだこれは! てな顔してましたよ。

こっちもロックだ というので一応サングラスかけて、ベベ ベペンと弾いて
「おい、だめだよ、亀い じめちゃ」とかやって、話芸なわけです よ(笑)。
 話芸のわりには「あなたのお名前は?」 とか亀が言って
「浦島だ」ダッツダダッ ツダ一斉にリズムを送って、
「むかし、 むかし」と歌ってんですけど、異様な受け 方をしましてね。
妙な雰囲気になって自分もなんか知らない、
浪曲をやってると きと違う実感があって、
これは面白いぞ、 というのがあって始まつたんですよ 。

 自分としてはとにかく今は浪曲は流行 ってないけど、
音楽ではニューミュージ ックやポップスとかは流行ってるから、
声やこぶしにしたって三味線にしたって
人が弾かないような節をやってるし、
ち ょいとニューミュージックの世界におじ ゃまして、
ヒットをポッと出して、こん なの子供のやるところだからとちょいと また浪曲に戻って、
どうせ浪曲はあなた 方には分からないでしょ、
って感じでや ろうと思ってたら、大変なんですよ、そ っちで売れるのは(笑)。 − (笑)。

       
 

国本 だいたいが誰も引っかけてくれな い(笑)。レコードこそ出たけれどもね。
 ロックバンドですから、最初はリズム ボックスとギターとピアノの三人でやってたんですけど、
そのうちにベースが入ったりドラムを入れたりして三味線もエレキにして、
ワイヤレス飛ばしながら、けっこう舞台駆け回ったりしてたら、
なんのことはない普通のロックバンド みたいになっちゃつたんですよ。

  まあ、逆に浪曲の方はいつまでも逃げないけど
そっちの方はアイデアあるうちどんどんやっていかなきやダメだというのがあって、
いろいろ人脈つくつていろんな人たちとジョイントしたりしていまだに続いてる。
ヨーロッパで録音もしました。向こうのミュージシャン と浪曲を通じてジョイントしたりして。

 ◆ アフリカの音楽家とも共演したとか。
国本 そう。だから、いい勉強になった し、浪曲でどういうネタにしようかとか 演出方法はとか、
三味線の伴奏がって悩 む以前に浪曲のもってる声のボリューム とか存在感というのが、
けっこうすごい んだなというのが改めで分かりましたね。

 ◆ 浪曲って世界に通用してるんだな と。
国本 浪曲の声一本でこれだけすごいの かというのはありましたよ。
パリのアフ リカ人は、みんな一旗あげようとしてい るから、たくさんいるんですよ。
民族音 楽専門のやつとかタイコ叩くやつとか。
で、そういう人たちとの音合わせの合間 なんかに、
『忠臣蔵』なんかうなってる と、彼らが真剣な顔して開いてるんです。
でね、「どうして、お前は俺の国の歌を 知ってるんだ」とか言う。
それくらい浪 曲とアフリカの歌は似てるところがある らしい。

 結局、アフリカは野っぱらで向こうの 方にいるやつらまで
聞こえさせる声の震 わせ方とかあるんでしょうね。
それが楽 燕とか重友とかやってた大正時代、
マイクのない時代を通ってきた浪曲の歴史と 同じらしいんですよ。
らしいんですよつ て、これは自分でそう考えたんですけど ね(笑)。

 結局、マイクロホンになってから「何が何まで何とやら〜」と
きれいな声になりましたけど、基本的には「エーイ」というどうわれ声なんですよ。
そういうのは、アフリカのうまい人でかれた人ほどそういう声を出す。
空間をその人の声で支配しちゃうくらいだから。

 そうなると自信がついたというか、だから自分で一歩ずつ、
いろんなところに身を置いて、自分をためしたりする。
まつたく知らないミユージシヤンの連中のところ にポンと入れられて、
三味線でいこうか 節でいこうかまったくいろんなパターン が考えられるわけですよ。
最初から作戦 がある人よりもこっちは行ってみてとい うところがあって、
ハマればすごいし、 ハマらなければまったくダメだったりす るから。
そういう時期はしばらくあって もいいかなと思ってます。 ー 

 ◆  逆にそれは昔に帰ってるというか、 それこそ雲右衝門からして、もっと前というか浪曲が出来たばっかりというのは、 チョンガレとかチョボクレが他の芸能の 影響を受けてそれが浪花節になっていっ たのと似てるかもしれない。

国本 そうですね。浪曲は浪曲なりにい ろいろ潜ってきてるから。
 やっぱり、当たり前に開けるようなも のというのは、
もっと作らなきやいけな いかなと思うんですよ。
それは、そうい うモノを作ろうとしている風がいいんじ ゃないかなと。
先輩たちが浪曲というス タイルを雲右衛門は雲右衝門なりに、
その後の人は後の人なりに、試行錯誤して あいつと俺は違うという
自分のオリジナ リティをどんどん求めてた時期というの は、
それは駄作もあるんですけど相当に 強い風が吹いていたと思うんです。 − 

 ◆ 当時は節もそうだけど、台本とか でも、活動の弁士からかっぱらつてきた とかね。
国本 とにかくみんな人より受けるとい うことについては、貧欲に取り入れたか ら。
演説が受ければ演説ですよ。とにか く当たり前に、特珠じやないんだという、 ところに行かなきやね。
 できなくても作ろう作ろうと思ってる 風さえなくならなければいいと思うんで す。
こっちはずるいようだけど、浪曲というのは、自分も親からのもんだし、
浪 曲は逃げないもんだし、いつかは腰すえ てやらなきやならない、
自分でもホレ抜 いてるから、いいものをやろうとは思う んですけどね。 ー

       
 

 ◆ 今何がしたいですか?
国本 旅行したいですね。 ー
 ◆ 外国?
国本 外国も行きたいね。 ー
 ◆ 仕事じやなくて?
国本 三味線一本持って、向こうのカン トリーフェスタを荒らしたい(笑)。
もうちょつと金銭的にも余裕ができたらで すけど。だいたいがブルーグラスでしょ、
それに何年か前から三味線でブルーグラ スをやってますし。
英語で歌えるやつを 何十曲か練習して、向こうへ行って、
オ ートバイかなんか乗ってね、三味線持っ て大陸横断したいですね。

 三味線で、ブルーグラ スはやる津軽三味線はや る浪曲もやれば、
族費だ け持って行けばどうにか なるんじやないかと思ってるんですが・・・・・・芸は身 を助ける(笑)。
 それと、もっともっと 外国に慣れたら、
アジア で節のルーツを巡る旅も やってみたい。
芸能というか、どうして芸能という仕事が出来て、
自分たちの芸能がどういうとこ ろで生まれるのかみたい なところが分かってくる と 、
売らなきやとか、客 を呼ばなきやとか、レコ ードなら何万枚とか、
そういったものに流されな い、原点で、「こりやいい ねえ」という
誰が聞いても面白いとか、 そんなものが出来る可能性があると思うんですよ。

 できることなら明治とか大正にタイム スリップして雲右衛門と会いたい。
雲右 衛門に会ってね、
「ぼくは何十年か後に 浪曲師になるんだけど、けっこうこのへ んで苦労してるんです」
って聞いたら、 雲右衛門がどう答えるかね。
意外と小物 だったりするかもしれないと思ってるん ですけど(笑)、
それはできないから、 そういう息吹のありそうなところとか、
これからそうなりそうなところとかある かもしれないので
実地で見て回って、ど うしたらいいかというのを考えたい。

 節の形というのは今は先輩たちの模倣 から出ないし、
いくら捏ねてやったとこ ろでまつたくゼロから新しいものは作れ ない。
浪曲の中にいてはね。お客さんも 含めてまつたく違う波がくればなと思い ますよ。

 ◆ 浪曲の中だと作曲という作業じゃ なくて編曲になってしまう。
国本 おなじみのメロディを聞きやすくするとかになっちゃうから。
そんなもん じゃぜんぜん追いつかないくらい時代が離れてるというか。
自分たちの感覚もわざわざそこに行かなきやいけないみたい な
ところもあるんで、それでも酔うこと はできるんですよ。
でも、それよりも昔 の先輩たちがいた状況が
また来そうだなというその気配ぐらいまでは感じたい。

 浪曲から学んだものとは、とにかく受 ければいい、当たればいい、
ビックリさ せればいい、喜ばせればいいという潔さみたいなもの。
そのためには多少のずるさは必要だというかね、 ハッタリが必要とか。
そこが浪曲の素敵なところで。 これをやっちゃいけませんよ、とか、
こんなのは浪曲じやありませんよとか、 そんなの やっちゃヤボになりますよ、
なんていう 人はいますけど、それでも売れる人は売 れるしダメな人はダメだし。
ハッキリし てるから、いいと思います。
 だから、浪曲がカッコいいのは潔さ。 下火だろうが無くなろうが何しようが、
それは状況ですから。だから、どうしよ うとこっちが慌てることじやなくて。

 ◆ 無くなれば無くなったで困りやし ない。
国本 やる人がいなくなれば無くなるん ですしね。こっちがどうにかするなんて おこがましい(笑)。
先輩たちからだって、「そんなこと、お前に頼んじゃいな いよ」って言われそうだし(笑)。 ! 

 ◆ 逆に無くなってしまつても、「なんかそういうものがあったよ」で残って いく。
国本 三味線にしても声にしても、他流 試合することによつて裏付けができてくる。
浪曲で何でそうなってたのかという のがけっこう分かることがあるんですよ。

 ◆  逆にそれで浪曲がよけい分かる。
国本 そうなんですよ。当たり前に先輩 たちがいい声出していたものを、
一生懸 命出してみようとかあるじゃないですか。
そこには先輩たちにとってちゃんと理屈 があって、
中にはひょいと出来てしまつ た人もいたんでしょうが、試行錯誤した と思います。
そうした<どうしてそれが 受けてどうなったのか>というのを違うところで発見したりするんですよ。
あ− そうか、だから昔は受けたんだとかね。 無駄はない。だから、今は楽しいですね。

 
(ゆめまぼろしのろうきょくたっぷりちわばなし)「浪曲、その潔さ」取材・構成=伍東道生
 

LB中洲通信の伍東道生さん及び編集部の皆様に、このインタビューの再掲載を快く承諾して頂きました。
ありがとうございました。