本日の国本、うなる代わりに旅日記とまいりましょう! あがった あがった

再録 国本武春 ベンベン旅日記 10  涙の対面〜♪ベンベン

 旅で一番の楽しみと言えば食べる事。 そしてその食べる事の中で一番旅の情緒を感じさせてくれるのが「駅弁」である。 私も仕事でよく利用する新幹線や、各地方の列車の中で 食べる駅弁をとても楽しみにしているのだが、 やはり仕事のついでに食べる駅弁はちょいと味気ない。いくら豪華なものでも 心底楽しんで食べるという気分にはなれない。

 ある程度のまとまった休みが取れ、 「さ〜、何処をどう回ろうか・・」とか「もしかしたら可愛い娘と出会えるかも・・」 と、これから始まる旅の出来事に想いを巡らせながら、 迷いに迷って駅弁を買い列車に乗り込む。 そして昼間からビールを飲み、駅弁をほおばり、車窓の景色を眺めながら、 いつもの自分をちょっと離れたところから見つめてみる。 こんな状況が駅弁の最高のヒノキ舞台なのだ。

 バイクでの旅が多い私も、突然そんな気ままな列車の旅がしてみたくなり、 数年前の秋のある日、大阪方面に向かうため東京駅へ。 列車に乗り込む前に、さあここで一番肝心な駅弁選びとあいなった。 ビールを飲むためにはなるべくおかずの多い方がいい。 じゃあやっぱり幕の内・・いや、幕の内は平凡すぎる。 それならちょっと趣向を変えて鰻弁当・・ いや、なにも駅弁で鰻を食べることは無い。 だったら〜・・・こういう時は決まってめちゃくちゃ迷う。 そしていつも後悔する。いや、久しぶりの列車の旅、 今日は絶対後悔しないぞ〜・・それじゃあ〜・・ そうだ!なんと言っても季節は秋。旬のもの、松茸弁当だ。

 う〜ん・・我ながら完璧なチョイス。 さっそく大枚1500円をはたいて列車に乗り込む。 列車の動き出すのを待ってわくわくしながらふたを開ける。 すると何ともいえない松茸の香り・・やった〜・・ あれ?・・香りはすれども姿は見えぬ。 松茸はどこに・・1500円もする高い弁当だけに おかずは結構豪華なのだが、肝心の松茸が入っていない。 なんだよおい、松茸弁当って松茸の香りだけかよ・・ もうすっかり自分を見つめるどころではなくなってしまった私。あ〜あ・・ 鰻弁当にして置けばよかったな〜。がっかりしながらも弁当を食べ終わり、 空になった弁当箱にふたをしようとした時、思わず私の口から出た言葉、 「あっ!きみ・・こんなところに居たのか・・」 なんと閉めようとした駅弁のふたの裏側にうす〜〜くスライスされた松茸が、 申し訳なさそうに一切れだけへばりついていたのだった。

2001.12