XQBT-1005 国本武春ミラクル忠臣蔵 武春堂レーベル
 
 
 
 
   
これが「」 

・キャスト
国本武春・・・大石内蔵助 他
福本伸一・・・吉良上野介 
   片岡源吾右衛門 他
木村靖司・・・浅野内匠頭
  瑤仙院 他 
竹内晶子 ・・・下女のお杉
  茶屋のばあさん 他

開演前からなにやら吉良邸の様子が漏れてきます どうやら各藩からの付け届けが
なになに・・・伊予国吉田藩からも、そして赤穂藩からも あれあれ吉良様はご機嫌ななめのご様子

 

第一段目「国本による導入」

・三味線を抱えたカリスマが舞台上手より登場

舞台観賞の為のレクチャーから「テーマソング」と続きます

おや、誰か来たようです

第二段目「松の廊下」

舞台上手よりまずは吉良様の登場、どうやら赤穂藩城主・浅野内匠頭さんに何かお困りの様子です。
入れ替わりに下手から浅野殿が登場、こちらはこちらで吉良様にご不満が・・・

おや?また吉良上野舞台に登場・・・どうやらココは江戸城松の廊下一悶着有りそうな気配に染まります

第二段目はミュージカルで「松の廊下」“おのれ上野介覚悟!”と御法度を破る内匠頭、カリスマ演じるところの梶川が「殿中でござる!」と仲裁に入りますが・・・

第三段目「吉良の生首シール、そして切腹」

アッコちゃんが登場「吉良様お咎め無し」にどうやら納得がいかない語り口です・・・

舞台は転換し 田村邸の場に・内匠頭と源吾右衛門 別 れの名場面

第四段目「江戸城から赤穂への伝達」

人形が現れました、赤穂へ事の顛末を内蔵助に報告に向かう“萱野三平”くんの様です、なにやら客席を巻き込んでのイベントが進行して行きます

第五段目「討ち入りまでの時間経過」
お江戸の職人伸吉とその女房お晶とによる軽妙な舞台が進行、1年半の時が経過します

影より浪曲が流れて六段目に

蝉の鳴き声が聞こえる 着物を幸せそうに縫っているお晶がいる・・やがて伸吉が帰って来て
・伸吉 おう、けーったよう。
・お晶 おかえり、あんた。
・伸吉 暑っいねー
・お晶 あんたはいつだって体温が高いんだよ。 もう鈴虫の声が聞こえてるよ。
・伸吉 おっ、なんだいもう秋かあ、そういやあ一寸肌寒いねー ・・・  

第六段目 節劇「神崎与五郎かながきの詫証文」

内蔵助の命を受けた浪士の一人神崎与五郎が先乗りでお江戸に向かう途中、箱根の茶屋で繰り広げられる馬喰(江戸時代のタクシー)牛五郎とのエピソード。浪曲に併せて繰り広げられる前半〜ストレートプレイに転換する後半と

爆笑の渦が劇場を包みます

第七段目「大石東下り」

ここは神奈川の宿、垣見左内を名乗っての逗宿中の内蔵助に本物の垣見左内が乗り込んできます、大石危機一髪!控えの部屋では浪士が固唾を飲み、控えている様をアッコちゃんが伝えます。

ここはミュージカル国本、福本の歌と演奏。最後は竹内と会場が参加して大盛り上がりの舞台に。

第八段目「吉良邸の絵図面」

岡野金右衛門が舞台に駆け込んできます、どうやら苦労して手に入れた吉良邸の絵図面 を紛失した様です

ここは観客を巻き込んでの舞台、見つかった絵図面 で浪士に指示を出す内蔵助

第九段目「南部坂雪の別れ、そして赤垣源蔵徳利の別 れ」
国本の浪曲が流れる中、舞台下手に杉(竹内)と源蔵(福本)「赤垣源蔵徳利の別 れ」の場面〜舞台上手 大石(国本)と主君の未亡人瑤仙院(木村)の「南部坂雪の別 れ」が交互に進行

討ち入り前13日の出来事


赤垣源蔵徳利の別れ
空どんよりと薄暗く 地は白妙の銀世界
卍巴と降る雪の中  ここに赤垣源蔵が
今宵の討ち入り胸にだき 兄に別れを告げようと
脇坂公の屋敷内 兄塩山宅の勝手口

〜南部坂雪の別れ〜
御納戸羅紗の長合羽 二段はじきの渋蛇の目
綱がけなした高下駄 ここに大石内蔵助
今宵の討ち入り胸にだき 瑤仙院様お別れと
来るは名代の南部坂

第十段目「討ち入り」

ここは四本のマイクが舞台に・・
討ち入りコンサートの始まりです。前半はファンク後半はバラードとザ・忠臣蔵「吉良邸討ち入り」のスペシャルヴァージョンが繰り広げられます。 

 

頃は元禄十五年、極月半ばの十四日
集まる同士四十七、雪を蹴立てて松坂町。

アコーロウシ アコーロウシ
同じいでたち勇ましく 打つは太鼓の山鹿流

今回のザ・忠臣蔵「吉良邸討ち入り」名台詞を4人で担当、歌詞も1番増えた豪華版、三味線ソロもたっぷりと見応え聴き応え充分の作品に。

最後は大石の「いざ、泉岳寺へ!」の一言で4人が舞台を去って行きます。

   
 
 
上記のCD「ミラクル忠臣蔵」は販売だけでなく制作も「武春堂」によるものです。
現在、武春堂レーベルの国本武春CDアルバムは武春堂とバウンディにて発売中。
 (武春堂の通販か有名レコードショップでお買い求め下さい。)
武 春 堂 は国本武春のレーベル(レコードを制作・販売するブランド)です。

【ご注文方法】メールかファックスでお願いいたします。
メールでのご注文は下記の必要事項をお書きの上、ご送信下さい
E-mail:武春堂 kunimototakeharu@mbj.nifty.com (左をクリック)清水まで

【注文書】
〒番号 
住所 (送付先)
お名前
TEL:            FAX:
商品No.     枚数  小計  送料  合計金額

FAXでのご注文は
 注文書に必要事項をご記入の上、044−854−9004(FAX番号)まで

     初回ご利用時はご入金確認後商品を発送させていただきます。

御支払い方法  郵便振替でお願いいたします。
郵便振替の方法  郵便局で振替用紙をお求めいただき、
■住所・氏名・電話番号・注文No.(C1-T2)・枚数を明記の上、下記の口座までご送金ください。
■郵便振替口座 00260−9−98363 武春堂 宛 !
■CD代金+送料 「(1800円以上)無料 」をお振込ください。
■チケット代金+送料 「何枚でも¥80(郵送) 」

尚、振替手数料(120円)は郵便局の郵便振替用紙ご使用時のみ有料。
(CD同封の武春堂振替用紙をお使いの場合は無料です)

CDの問い合わせ・通販は 「武春堂」
E-mail:武春堂)kunimototakeharu@mbj.nifty.com
     ?入金確認後発送させていただきます(通 常振り込み日より4〜5日後)
       (既に武春堂をご利用の皆様にはご注文を確認次第、商品を発送いたします。)

     ?振込明細票をもって領収書とさせていただきます
     ?お急ぎの場合は振込後「振込み済み」とメールかFaxでご連絡下さい
      翌日発送致します。    Fax:044-854-9004 

                 
企画・制作・販売 (有)武春堂 代表取締役 清水 達夫 

所在地 神奈川県川崎市宮前区宮崎1-4-27-205 メール
問合せ 電話(10:00-18:00)044-854-9208

武春堂 4(5)枚のアルバムと随時チケットなどを取扱中。
注文書 Fax注文の場合の注文書プリントアウトしてお使い下さい。
Contact Us 業界関係者向けの連絡窓口です
チケット申し込み書 現在、取り扱いは終了しています。
大忠臣蔵 武春堂レーベル■最初のアルバム「大忠臣蔵」のジャケット写 真など掲載
アジアの祈り 武春堂レーベル■アルバム「アジアの祈り」のジャケット写 真など掲載
国本 武春堂レーベル■洋風アルバム「国本」」のジャケット写 真など掲載
武春 武春堂レーベル■和風アルバム「武春」のジャケット写 真など掲載
ミラクル忠臣蔵 武春堂レーベル■ライブアルバム「ミラクル忠臣蔵」のジャケット写 真など掲載
武春堂追跡サービス 受注・発送情報をサイト上でお知らせします
   

ヤフーなど検索エンジンでこのぺーじを訪れた場合は左の猫をクリックして下さい。
このディレクトリーのトップに飛びます、左ページ下にコンテンツメニューが 有ります。

1. 「武春堂」
2. 「注文書」
3. 「Contact Us
4. 「チケット申し込み書」
5. 「 大忠臣蔵」
6. 「アジアの祈り」
7. 「国本」
8. 「武春」
9. 武春堂追跡サービス
   9つのコンテンツが存在します。
一番下のバナーでこのホームページのトップへ戻ります。