アパラチアン三味線
 
 ◆京都造形芸術大学  
国本武春浪曲講座を受講して
京都造形芸術大学
担当
田口章子 映像・舞台芸術学科教授 .舞台芸術論。 −日本芸能史−
    2003年7月1日 京都造形芸術大学 浪曲−理論と実技:講師 国本武春
コンソーシアム
京都文教大学
Nさん  最初はなんだか大げさな感じがしてチョット自分には合わないかなと思ったけれど、
「忠臣蔵」や「巌流島」の演奏を聞いて大変感動しました。
台詞の所が特にリアルで何か心に迫るものがあった。
またロックとブルースが上手くマッチしていて、本当に楽しむことが出来た。
浪曲は初めてだったのでこの授業で聞けて良かったと思う。
こんなに音楽で感動したのは、初めてでした。
コンソーシアム Mさん 浪曲初めてです。すごくおもしろいと思ったのは、となりの男の子が、
寝かかっていたのに、笑ったり、最後には、一緒に大きな拍手をしていました。
単音である三味線普段遠いところにあるもののように感じておりました。
今日国本さんの話を聞いて、歌を聞いていると
新しい三味線に出会った、という感じがしました。
三味線と国本さんと決して派手ではない舞台なのに
そこから世界が広がり、お客の私たちに浸透していきました。
あぁこういう舞台ってあるんだなぁと、感動しました。
 浪曲聞いて少し勉強してみようと思います。
国本さんと出会って良かったと思います。
ラジオの時代→テレビの時代での私達にもしっかりと心に響きました。
コンソーシアム
京都龍谷大学
Gさん

浪曲は今日初めて聞きました。
でも、“旅行けば〜♪”は、やっぱり知っていました。
浪曲の三味線って以外と難しいですね。
その三味線がいろんなテンポや曲調に合うのは大変驚きました。
ロックやバラードに本当によく合うんですね。
国本先生すごくユニークな人で、人を引きつけるものをおもちですね。
「忠臣蔵」や「武蔵」などはすごく、バラードを上手くとり入れて、
すごく情景が浮かんで良かったです。「武蔵」は本当に私も涙が出るぐらい感動しました。
CDほしくなりました。
浪曲のイメージが変わりました、好きになりそうです。

   

2002年12月
新宿シアタートップス

「ミラクル忠臣蔵」から

コンソーシアム
京都文教大学
Kさん

 とにかく面白かったです。
「忠臣蔵」と「巌流島」は何となく話しを知っていましたが、

今日初めてその面白さ分かりました。チョット泣けました。
 ギターでするロックや演劇のどちらとも違うけれど、
その全部を取り込んだような音楽は感情を強烈にゆさぶるものでした。
本来の浪曲の面白さもきっとそういうところにあるんだろうな、思いました。
 表情と声が印象に残りました。帰って「ふなじゃふなじゃ・・・」の所を誰かに見せたいです。
ありがとうございました。

コンソーシアム Yさん  言葉では言い表せないほどの感動を覚えた。
国本武春さんは本当に最高だ。
授業が始まった当初は面白い人だなぁとしか思わなかったが、
「忠臣蔵」を聞いて、体が震えた。物語の情景がすっごくあたまに浮かんで
更に、バラードの曲もむちゃくちゃいい曲で!!とにかく最高。
 日本芸能誌の授業をとってなかったら、一生出会えなかったと思う。
先生に感謝したいと思った。とりあえず今から、武春さんのCDを買いに行きます。
コンソーシアム
京都龍谷大学
Sさん  初めて聞いた浪曲が、国本さんだったので、きっと今後一般 に「浪曲師」と呼ばれる方の
演奏を聞いたらどれが本当の浪曲か分からなくなりそうです。
 浪曲以外にも、三味線や歌舞伎、狂言などの世界でも、
新しいことに挑戦していらっしゃる方が増えている中でも
国本さんは特にインパクトが強い方なので、これからも注目していきたいと思います。

コンソーシアム京都精華大学

Kさん 自分の持っていた浪曲のイメージと全く違って面白かったです。
生で観れてとても良かったです。
コンソーシアム Mさん 初めて浪曲にふれました。武春さんの素晴らしさに感動しました。
観客を巻き込んで楽しもうとしたり、21世紀の浪曲を開拓しているところ、人柄・・・。
涙が出そうになりました。芸の本質もみれました。
コンソーシアム
京都女子大学
Fさん とても迫力のある演奏と節回しで、心を引き込まれました
登場人物の心情が、すっと伝わってきて感動しました。
ロックやバラードと三味線の融合がとても気持ちよくきけました。
素晴らしい芸を有り難うございました。
コンソーシアム Mさん 浪曲がこんなにも
人間らしいとは思いませんでした。
とっても楽しくて、感動しました。
コンソーシアム Kさん とても楽しかったです。
忠臣蔵はとても感動しました。
ロックなのに悲しさ、悔しさが伝わってきました。
コンソーシアム
京都女子大学
Hさん 浪曲を初めて聞いた。今まで浪曲は何を言っているのかわからない
つまらないものというイメージがあったけれど、とても面白かった。
とても流行った時期があったというのにも驚いたが、分かる気がする。
   





コンソーシアム Kさん

初めての浪曲でしたが、こんなにも楽しくて感動するものだと思いませんでした。
忠臣蔵もとても感動して涙が出てきました。
 他の伝統文化よりも歴史が浅くとも、文化を継承して
また、可能性を探っていらっしゃる姿もとても共感出来ます。
 一年後、日本に戻ってこられてどの様な活動をされるのか楽しみです。

コンソーシアム Yさん “浪曲”を初めて聞きました。武春さんの浪曲にはまりそうです。
 浪曲自体もそうなんですが、三味線という楽器自体へのイメージもだいぶ変わりました。
やりようによっては、かなり幅というか可能性の広がる楽器だと感じました。
コンソーシアム
京都女子大学
Kさん 私は全く浪曲を知らず、今日初めて触れてみてとにかくビックリした。
すごいインパクトを持って浪曲というものを少しすることが出来た。
授業というより、一つの舞台のようで、存分に楽しませて頂いた。
とにかく芸のすごさに圧倒され、感動した。
やっぱり日本の伝統芸能はすごい!大好き!
何も使わないのに情景が見える。語りの力だ。
コンソーシアム
立命館大学
Kさん

三味線のこれまでの歴史やブルース調等のアレンジの実践は、
常に異なった側面から心が動かされる感じで本当に楽しかった。
「浪曲」というものを生で聞いたことの無かった私は、何処か難しく考えてしまっていたが
「たっぷり(?)」概念がひっくり返ってしまった。
とにかく面白い方だった。
この世に於いて本当に貴重な浪曲伝道師であると思う。

コンソーシアム
同志社大学
Tさん

感動しました。忠臣蔵では思わず泣いてしまいました。
浪曲がどういうものか全く知らなかったんですが、
お話しも分かりやすくて、こういうものだったのか・・・と

やっと分かりました。もっと早く知ろうと思っていれば良かったなと思いました、
本当に良かったです。ありがとうございました。

コンソーシアム
立命館大学
Tさん

浪曲というと、古くさい、ジジくさい、老人しか聴かないというイメージがあったし、
テレビでも、ほとんどやらないので、 どうかなと思っていたが、
三味線が、最近若手がやるようになって人気が出たように、
武春さんがやる浪曲は現代風で、三味線でロックンロール、ブルース、
そして、「カンニンブクロノオガキレタ」はとてもおもしろかった。
「浪曲」というよりは、現代のライブといった感じだった。
又、「忠臣蔵」では、いかにも「浪曲」といった感じだったが、
着物ではなく、洋服にジーパン姿でやっているのが何か変な感じだったが、
漫才や落語と同様に、とても引きつけられるものがあった。
そして、忠臣蔵でも。ロックンロールとバラードでやられたのは、とても新鮮で、
三味線の次に、ひょっとしたら又流行するかもと思えた。
昔ながらの伝統を守りながら、やはり現代のものを取り入れるべきだと思うし、
それが本当の芸能だと思う。

   
美術工芸 Oさん

浪曲が、こんな楽しいものだとは今まで全く知りませんでした。
浪曲というものを聴いたのも今日が生まれた初めてでした。
浪曲にバラードやロックを取り入れるののは、すごく斬新な発想で、面 白いと思いました。
浪曲という言葉のイメージは年寄りくさい、という感じだったけど、
これからはそうは、思いません。若い人が聴いても本当に楽しめるし、
若い人が聴いても 、本当に楽しめると思うし、そういう事実を、
今日こうして授業でし知ったみたいに、どんどん広めていって、
全国の人がもっと興味を持ったら、また浪曲は流行るんじゃないかなあと思いました。
今日こうして授業で知ったみたいに、どんどん広めていって、
全国の人がもっと興味を、浪曲と言うことを今日初めて授業で知ったみたいに
どんどん広めていって、全国の人がもっと興味を持ったら、
また浪曲は流行るんじゃないかなぁと思いました。
今世間で流行っている歌より、よっぽど音楽だし、
感動できるものだと強く感じました。面白かったです。

映像・舞台芸術 Sさん

初めて浪曲というものを聞きました。そして見ました。
僕は舞台を学んでいるのですが、本当に新しい舞台のように見えて、 とても新鮮でした。
三味線、武春さんの声、そして動き、全てが一つになって
詩の情景が浮かび、とても感動しました。
ライブで見られたことを幸運に思います。

何か懐かしいものを思い浮かべあがらす様な空気がとても好きです。

映像・舞台芸術 Jさん 良かったんじゃないかナー、と思う。
あまり言葉で言いたいことはないです。
前に座っていた人が泣いていたのに、驚きました。
映像・舞台芸術 Nさん 始めからすごい調子で客席を引きつけてくれました。
漫談かと思えるほど面白い話し、語りで とても楽しませていただきました。
狂言師さんと違って、普段の公演、仕事で曲を歌うだけではなく
語りを入れていらっしゃるようで、おしゃべりの部分がとても上手でした。
ロックを本当に三味線ですれなんて、と実際に国本さんを見るまでは思ってましたが、
授業というより、国本さんの本当の公演(ライブ)を見ているようでした。
「浪曲」を聴く(というよりむしろ体験する)のは初めてでしたが、
堅苦しいイメージ、つまらないイメージが一変しました。
おもしろい。しかも「忠臣蔵」をロック、そしてバラードでアレンジした一曲を披露していただいて・・・
色々なスタイルがあると思いますが、国本武春さんの「浪曲」、楽しかったです。
いつもと違う曲の聴き方が出来てとても新鮮でした。
授業時間があっという間でした。また呼んでいただきたいくらいの気持ちです。
ありがとうございました。
芸術文化 Kさん とてもおもしろかったです。
忠臣蔵、感動しました。
よかったです。
浪曲面白いですね。また色々見てみたいです。
武蔵もよかったです、最高です。
芸術文化 Fさん  ライブ感覚で、入り込みやすい講義だったので、面 白く浪曲を体験できた。
今まで浪曲というと、和装姿で、昔から伝承されてきた三味線の曲を弾きつつ、
歌いあげるといった形を漠然と思い浮かべるぐらいで、何の知識もなかった。
 今日は、国本武春先生の新しく楽しい浪曲を初めて体験できて、
とても楽しい時間を過ごせてだけでなく、浪曲の歴史や決まりなども織り交ぜた
興味深い講義を受けることができて大変為になった。
私は個人的に忠臣蔵は大好きだが、今回のは驚きと共に違う視点から見つめることが出来た。
一番、驚いたのは、赤穂義士達自身ではなかっただろうか。
   
コンソーシアム Mさん 三味線のロックを初めて聞いたけど、なんだか今までと違った音楽だった。
そして三味線一つで色々な音が出、色々なテンポで歌う国本武春は、
とても楽しいそうな愉快な人に見えた。
最後の方で歌ったバラードみたいな曲は、なんかさみしそうな感じが
全般に出ていて、なんか感動した。
コンソーシアム Kさん 最近、三味線で、ロック・バラードで、
枠にはめられていた三味線から離れ注目を浴びています。
元々自分は三味線の、綺麗な音色が好きで、
この様にテンポの速い三味線で音楽を作られていて、
自分は益々好きになりました。
これからも三味線を広げるために、
三味線の良さをみんなに知って欲しいと思う。
コンソーシアム Wさん

幼い頃父が浪曲を聞いていたのを覚えていますが、
その頃は何がなんだか意味が分からずあまり好きではありませんでした。
でも今日の国本さんのステージを観て、この様なステージをなら 興味がもてると思いました。

国本さんのステージは、不思議とその場風景が浮かび上がっているような感じで、
登場人物の心情やその時の時代が浮かんできて、とても感動しました。
国本さんのライブは一人で三味線を弾き、歌を歌い演技までもしてしまうところは
とても素晴らしいと思いました。

映像・舞台芸術 Nさん 浪曲初めて聞きました。
アー、良いと思います。
芸達者かなぁと。
私、三味線弾くのですけど、三味線もやっぱし良い。
映像・舞台芸術 Sさん  浪曲って本当おじいちゃんとかおばあちゃんとかが
楽しむものだと思っていたけれど、結構面白かった
 口調とか、掛け声が独特だ。
でも演者とお客の関係が、温かくて、良いと思った。
今の演劇とかダンスって、最後のカーテンコールしか、お客さんの入る場がないし、
カーテンコールは義務みたいになってて、あまり好きじゃない。
映像・舞台芸術 Kさん 地方の演奏会みたいな雰囲気がとても面 白かった。
いい声とまでは思わないけれど気合いが面白かったです。
熱さと三味線の腕。芝居を見ていた感じです。
歌に台詞が入るのって伝統から来ているのかなと思った。
音楽も現代風ではないですね。でも台詞が良かったです。
気合いがよい声になっていました。
歴史遺産 Fさん 生まれて初めて浪曲を聞きました。
でも今まで何となくこんな感じだろう・・・と想像していたものとだいぶ違いました。
なんだか忠臣蔵も巌流島もロック→バラードという構成がたいへん合っていました。
演奏している内容は日本の話しなのに、
ココまで本当に情景の浮かぶほどロックとかと合っているのが、不思議な感じでした。
昔の日本の物語には、勝利者の抱く空虚さや、
「哀」の部分まで描いているものが多いでは・・・と思いました。
いわばクライマックスの後に奥の深ーい〆があるという感じに思いました。
巌流島の後半を聞いている間本当に色々なことを考えました。
台詞とか一番巌流島が好きでした。
三味線は弦三本なのによくこんな音が出せるものだと思いました。
あと役が変わる毎に顔がすごく変わるので驚きました。
いよ!日本一!殿中でござる殿中でござる。
掛け声上手くなりたいです・・・。
映像・舞台芸術 Aさん 年齢のせいだろうか。非常にしっかりしたビジョンのある方で驚いた。
すたってしまった・・・?芸能をきちんと本質的に見つめて、
自分が何をすべきかを見いだされたのだと思う。
ちゃんと現代に浪曲が息づいていると思う。
ご自身の中に裏付けされたものがあるし、その当たりが魅力だと思う。
映像・舞台芸術 Mさん まってました たっぷり 名調子 日本一
芸能から自分のオリジナリティーをつくりあげてゆく人
芸能に自分の世界を見つける人
芸能は守ってゆくものでなく変わって行くものであり
時代に沿ってゆくものだなぁと思った。
芸術文化 Nさん  初めて生で浪曲を聴いた。聴いただけでなく観たと言っていいような気がする。
こらは、“国本武春さんのもの”のようにも言えるだろう。
浪曲というだけでなく、新しい、しかし、
きちんと日本の心を込められたものーすばらしかった。

  伝承するには常にその時のものを取り入れていかなくてはいけないと
以前の講義で言われた先生がおられたが、
国本さんはそれをされていると思う。
又、そして浪曲の可能性を広げていると思う。

 留学されて、今の素晴らしさに今度は何が加わっていくのか・・・楽しみになる
美術工芸 Kさん はじめの方は浪曲とは笑いの要素が強いのだなぁと楽しませていただきましたが、
終わりの方のブルース調に移っていくにしたがいすごく感動しました。
「浪曲」という事を忘れていましたが、
こんな風に感情移入していくのが「浪曲」なのかなと思いました。
授業という短い時間の中でも人を感動させることが出来るのは
国本さんの才能なのかと思います。宮本武蔵よかったです。
  Tさん いやあ、面 白かったです。
今まで一番良かった。
アメリカに留学されるのが残念です。
ライブなど有れば是非見に行きたいです。
特に忠臣蔵は良かったです。
環境D Oさん 話しはすごく楽しくて、浪曲というのを忘れて聞いたのですが、
流行った時代を肌で感じる様でした。
伝統芸能というのは、時代によって、テレビが出てきて無くなったり、
便利な世の中になって、なくなってしまったのが多いのではないかと思いました。
(私たちが知らない内になくなっていくものも)
「忠臣蔵」を聞いて、すごく歴史を感じて、何故だかすごく感動しました。
映像・舞台芸術 Yさん とてもロックな人だと思った。
浪曲の基本を崩さず、他のジャンルの音楽を組み合わせている所がすごいと思う。
浪曲の思い入れが伝わってきてとても良かった。
話しも含めて、面白かった。
決して自分酔わず、常に客観的にものが見れる人だと思った。
情報D Iさん “ロックと三味線”という曲構成は最近よくテレビやメディアで銘打って宣伝しているが
浪曲ジャンル上での斬新な事をしていると感じた。
選曲も考えてあり、旬の曲をやって下さり、理解しやすかったです。
浪曲ロックというより国本武春さんに魅力を感じました。
観客との一体感が浪曲という一般庶民的な地位も占められていると思いました。
でもすごいパワーで圧倒されました。
浪曲というものは時代に対応しやすいものだと思い、
そう距離が遠いものではないと感じました。
留学すると聞き、是非とも国外でも活躍して欲しいと思います。
日本の伝統文化の啓蒙になる思いますので、これまで以上のパワーで
浪曲を披露していって欲しいです。ありがとうございました。
映像・舞台芸術 Mさん とにかく迫力があってビックリしました。
感動です。
活動されている人数が意外と少ないのが残念です。
環境D Yさん 浪曲の楽しさ、存分に味あわせていただきました。
情景を人の脳裏に浮かばせること(勝手に此方がそう思っているのですが)が
三味線と語りで出来るなんて、浪曲に可能性に驚きました。
国本武春さんにがんばって欲しいと思いました。
映像・舞台芸術 Iさん 小学5年のキャンプの時、キャンプファイヤーの司会をやった時、
先生に「浪曲師じゃないんだから」と言われた事があります。
今日初めて浪曲というものを見ましたが、
こんな達者にしゃべっていたか?と思ってしまいました。
 落語をミュージカルチックにしたのが浪曲のように思いました。
自身の声がメインで三味線はサブという体が武器
歴史遺産 Oさん 今回の講義で初めて浪曲を聞いた。
講義前に三味線ロック歌手という名にしょうじきいって想像が出来ず、
多少不安になったが、いざ聞いてみると巌流島に関しての曲でかなり感動した。

やはり情景がありありと目に浮かんだというのがすごい事だと思う。
小舟で島に渡るとき、対決の時、最後の涙、
全てが目に浮かび、先生同様とても感動した。

日本の伝統芸能を今の世の中に合わせた伝え方をしながら、
古来からのイメージや文化、流れなどの伝統の持つ力を
ふまえている点がとても素晴らしいと思う。
私も歴史文化コースという事で、この様な伝統継承を、
神事、祭事の点から考えてみたいと改めて思った。
映像・舞台芸術 Mさん ヘイ!ヘイ!といって楽しかった。
すごいテンションや。
環境D Mさん 今まで思っていた三味線のイメージとは全く違っていて、すごくおもしろかったです。
途中に演劇が入っていたのも、目を引いた。
一般受講 Yさん  天才!!
映像・舞台芸術 Sさん 非常に楽しい授業でした。まず声がよい方でした。元々の話し方が聞きやすく 、
忠臣蔵を語るときはなりきっておられたので「役者」と言い切れるなと思いました。
お腹から声を出してうなっているのに、すごくキレイでした。
単音の三味線があんなに情緒豊かになるとは思いませんでした。

私たち生徒への教え方も非常に分かりやすかったです。
確かに、「忠臣蔵」も「武蔵」は日本人にとっては当たり前の話しですし、
みんなが知っているとういのもあったでしょう。
でもそれだけではあんなに感動できないです。
武春さんの三味線は、人の心を解放的にされると思います。
武春さん自身が楽しい人ですし、自然とリラックスできました。
芸能とは本来こういうものなんですね。

古くを伝える古典芸能もとても魅力的ですが、武春さんはまさに今、
芸能を「進化」させているんではと思います。
アメリカに留学されるということでさらなる「進化」を遂げるでしょうネ。来年が楽しみです。
楽しい時間をありがとうございました。
一般受講 Mさん 目からうろこが〜・・・。
自分で三味線をひかれるのでまた違ったものを演じられるのですね、
若い人にも受け入れやすいと思います
声が素晴らしいし、演技力も。
一般受講 Hさん


良かった!
感動しました。
ライブの迫力に圧倒され時間が短く感じました。

来年語英語バージョンも期待しています。

映像・舞台芸術 Nさん かなりおどろいた。自分は国本武春という人物を知らなかったし、
三味線ロックというものも知らなかった。
ライブで人を楽しませることがとても上手な人だと思う。
芸術というのは、もちろん内容も大切だが、
それを人に見せるときの見せ方も重要だと云うことが分かった。
歴史遺産 Iさん 「客席と舞台が一体になる」という以上に、
すでに客席の掛け声や拍手は演目の中に取り込まれており、
むしろ空間全てが舞台となったように感じました。
「あまりに流行ったので廃ってしまった」という国本先生のお言葉は、
芸能を受け継いでゆく上で、演じ手と観客の覚悟を現在の私たちに問われたように思います。
映像・舞台芸術 Oさん

「まってました!!」「たっぷりっ!」「メイちょうし」
「ニッポンイチ!!」「こずかいやるぞ!!」「イイオトコ」
はじめそんな掛け声からSTART・・・。とにかく、今までの講演にない元気の良さ。
ロックの浪曲者ということで、ロック特有の元気良さ満開でした。
三味線の弾けるような音、それが武春さんのガラガラと元気にうまくマッチしていて

きいていて楽しかった。

歴史遺産 Mさん ライブが観れてすごく良かったです。
伝統芸能を武春さんなりに再構築されていどんでいらっしゃる姿は学ばなければ行けないと思いました。
最後に「語りと三味線が好きですから」とおっしゃっていて、なんだかうれしい言葉でした。
留学から戻られたら是非又お聞きしたいです。楽しみに待っています。
 武春さんが語っている時と、三味線を弾いているときの表情に
すごいギャップがあって見ていて目が釘付けでした。
コミカルな語りの時の動作もいいのでしたが、
三味線を弾いているときの真っ直ぐな目とかセクシーな表情だなーって
私個人的にドキドキしちゃいました。
 本当にすばらしいライブを有り難うございました。
映像・舞台芸術 Oさん ロック三味線とかとても面 白そうだ。私もパンクロックでベースをやっているので三味線でロックはいいなぁと思った。音楽はどんな楽器でもいろいろアレンジできると思うし楽しいものだ。
Yさん


三味線部でやっている身的には、かなりよかったです。
全々、今っぽくてリズムも
日本的なリズムを洋的にうまくのっていてよかったです。
ぜひもう一度きてほしいです。

通信教育部 さん  長年にわたって作られた声の色の素晴らしさに感動しました。
今は浪曲に人気がないとはいえ、語り込める話芸の原点と現代性をミックスして素晴らしいライブでした。
見直しました。
浪曲の定義も三味線、語り、謡(歌)とドラマ性に簡略に行い、未来への可能性を感じます。
有り難うございました。
通信教育部 さん 浪曲と云うことで古いイメージを持っておりましたが、武春さんの舞台に
現代を感じ素晴らしさにびっくり。
独り舞台とは思えず、多勢でやってると思える迫力がありました。
古典もこの様に現代に合わせてやれば若い人もついて行けると思います。
通信教育部 Oさん 最高でした。
 浪曲は、何十年ぶりに聞きました。
新しい浪曲とても素晴らしいです。
 留学から帰ってこられ、益々のご活躍をお祈りしています。
   ありがとうございました。
通信教育部 Nさん 今日は浪曲ということで国本武春さんどうもありがとうございました。
良く通る声で後ろの席の人まで笑ったり泣いたりすることができる面白い芸能なんだなと感じた。三味線のにごった音が胸にジーンとなじむ、響く感じがしなかったです。
初めて見て、聴くことが出来て良かったです。ありがとうございました。
通信教育部 Oさん おもしろい とてもおもしろい
武春さんの全身で演じている
指先、目の先すべてに映っている様子がわかる。
通信教育部 Tさん 劇場で聞いたせいか胸にドンとくるものを感じました。ロックと浪曲。国本武春さんは人の心を捉える何かが身に付いていると思いました。
通信教育部 Hさん <忠臣蔵>良かったです。別 れのシーンでは以前NHKでみたドラマのシーンが浮かび、感動しました。
最初に話していた、浪曲に必要な声の良い節、セリフが見事に一体化したと思う。あと現代人(TV慣れしている)BGMが入る浪曲という事も、新しい感じでした。
浪曲のイメージが変わりました。
通信教育部 Mさん 浪曲は聞くのも見るのも全くの初めてでした。正直言ってあんなに面 白いものだとは!!ってビックリしています。
と言うより、国本先生の人柄と技術と演出力のたまものであると思いました。
忠臣蔵の話しは、TVなどでしていてもあまり興味が無かったのですが先生の弾き語りは、本当に迫力があり、場面 に自分がいるような感じがして知らない内に涙が出ました。驚きました。
国本先生は本当に色々なジャンルを学んでおられて、又「教えるというときの型が芸能を貧弱にしている」と言われたのがとても心に残りました。
とても良い体験をしました。ありがとうございました。
通信教育部 Yさん

三味線の技術も素晴らしい!
曲や詩やアレンジも現代風でとてもかっこ良かったです。
凄くパワフルなステージでした!!
春秋座でコンサートを企画してほしいです。

通信教育部 Dさん 楽しい授業であった。「待ってました」「たっぷり」「名調子!」などの掛け声のタイミングなど、客との一体感を楽しんでいるように見える武春さん。芸は客が育てるもの、客側の楽しみ方、見方を教わった。
従来のイメージとは違う、ロックやバラードを取り入れた浪曲は実に楽しい。伝統という息吹も芸の中に感じることが出来た。特に忠臣蔵のロックとバラードの情感は浪曲ならではの悲しさを感じた。浪曲の新境地というか、ネオ浪曲という印象で、若い私たちに親しみやすいものだった。武春さんのファンになりました。
通信教育部 Fさん 浪曲のイメージと言えば古くさい、、退屈そう。しかし今日はそれが一掃されました。
三味線を自由自在に操り、三味線のすばらしさも再確認しました。
ロック・バラードと新しい試みは素晴らしいです。これからの浪曲の新しいあり方かもしれません。若い人達にも受け入れられるでしょう。
通信教育部 Nさん 21世紀の浪曲。
国本武春さんの情熱に感動しました。ロック三味線独走『大忠臣蔵』大変良かった。
大正時代に大流行そして見捨てられ若者には興味を持たすことも出来ず、でも武春さんは形を変えて浪曲を再び呼び戻すことでしょう。益々の勉強を期待しています。
セリフも音楽もかたりもすばらしかった、浪曲という芸能を残してください。
通信教育部 Nさん アーティストのコンサートパフォーマンスのような楽しい授業でした。
その中でも、浪曲のような大衆芸能を楽しく要点(拍手の強要が少々鼻につくが)を教えられた。演者と一体になる。(物語りの中に入り込む)
『忠臣蔵』これが新しい時代の浪曲か?三波春夫の歌謡浪曲ならぬニューミュージック浪曲。
通信教育部 Oさん      待ってました!たっぷり!名調子!日本一!いい男!イヨー!!
 浪曲が廃れたと言うよりは、洋楽や演劇など西洋スタイルに吸収されていったのでは?という印象を持ちました。
 ギターの弾き語りや、最近の若手芸人の中に楽器を用いた芸のスタイルが定着しているのを見ると、伝統芸能として保存されるべきものでなく、浪曲は時代と共にどんどんスタイルを変えて、常に大衆の注目集めている方が正しいあり方ではないかと思います。
 三味線ロックという形も、浪曲界の異端ではなく、ある意味当然のあるべき姿だと思いました。
通信教育部 Eさん  浪曲は子供時代に良くラジオで聞いておりましたのですぐその中に吸い込まれていきました。
 講義前に何故浪曲は廃れた行ったのか考えておりました。テレビに合わなかったことも有るでしょうが、テンポも合わなくなっていったのかと考えておりましたら、ロックやバラードでの浪曲を聞き驚きました。楽しめました。
通信教育部 Aさん 前半は演者がリードして客席の私たちと一緒にムード作り、後半は新浪曲の演奏、語りと見事に今日の舞台を作り上げていました。私が幼い頃に浪曲の記憶がありますが40年余りでこれほどまでに変えてしまえるものなのか、津軽三味線もしかりで現在に芸能を残すには多少なりとも変化して行くものの若い後継者が自由にもっと広い視野で、それだけの芸にとどまらず現在の芸の流行も客層のニーズも含んだ新しい芸を作り出し変化していくのだろうと思います。ロックとバラードと浪曲、ミスマッチのようで充分に私達を魅了しました。三味線と語りやはりこれも浪曲。
通信教育部 Hさん  国本武春さんの浪曲は現代にどう伝えようかという気持ちが非常に感じられ、新しいミュージカルを聞いたような気がします。
 巌流島の宮本武蔵は剣の道を悩む一人の人間として目の前にハッキリと立ち現れました。
 音量がもう少し低い方が声の美しさ(浪曲のうなり)を聞くことが出来たので残念です。浪曲の美しさを伝えて頂きたいし残して頂きたいから。 ありがとうございました。
通信教育部 Sさん  浪曲というものがどの様な芸能か全く知らなかったので、それを知るきっかけとなった今回の講義は大変幸福な出合いと思った。
 表現というものは、本当に自由で良いものだということを、身を持って実現していらっしゃる国本先生の浪曲は本当に「浪曲」と呼ばれるものかどうかという疑問さえ持つほどだった。
通信教育部 Mさん
 たっぷり、名調子、日本一にはじまる浪曲の
理論、実技の講義は面白く涙有りの一時間でした。

  広沢虎造の「森の石松」の“すしくいねぇ”を
知っている私は浪曲の変わり様に驚きました。
又武春さんの日本一の才能についても分かったようです。
通信教育部 Oさん  浪曲と言えば私の年代ではラジオ番組で日常耳にした記憶がある。しかしいつの頃かからか殆ど耳にすることが無くなった。
 今日のお話しで広沢虎造の“清水の次郎長”を聞きに行ったことを思い出さし、またTV時代と浪曲が入れ替わった事に気付いたりした。
 “忠臣蔵”と“巌流島”二題実演を体験し今浪曲はと、国本武春が取り組む姿勢に感じ入りました。
 自由に楽しくいいですね
通信教育部 Hさん  とても楽しい授業でした。いつもは話を聞くことが多いので、また違った意味で面 白かったです。
 浪曲は初めて聞きました。物語を三味線にのせて語ってうたう。落語に似ているなーと思いました。三味線と声だけの忠臣蔵、それまでのにぎやかさがウソみたいに、ぴーんと空気が張りつめ、聞き入ってしまいました。ひきつけられました。映像として見ていませんが、その場面 場面が思い浮かびます。
 今、現代にはテレビというものがあり、どうしても情報や娯楽として定着しています。が、その昔は浪曲が人々の楽しみだったのだと感じました。そして、浪曲師さん達が語りうたったことが後々、歴史として(人々の記憶に残ることで)事実として(ほんとうではないことでも)伝わっていくのだなーと思います。
 本当にホンモノはスゴイ!と思った時間でした。すばらしかった。
通信教育部 Iさん 今の時代に何故浪曲かと思っていたが見事に現代にマッチさせているのに感心した。
語りと音楽(ロック)をうまくミックスさせている。三味線ロックは21世紀に残る音楽劇と思う。
通信教育部 Yさん 浪曲というと、だみ声でうなるものと思っていたがロック、バラードなど楽しませていただきました。感動しました。
通信教育部 Oさん 初めて浪曲を聴かせて頂きました。
正直なところ難しい、よく分からないというイメージが強く聴く機会がなかったのですが、ロックやバラードと様々アレンジされ、物語の情景が目に浮かび浪曲の良さがよく伝わりました。大変感動しました。
  Iさん 武春流ニュー浪曲がロックとバラードで組み、大変楽しかった。
話術と三味線と語りとさぞ勉強された事でしょう。
 正調浪曲も聞きたかったです。平成浪曲として残るとよいですが。
通信教育部 Nさん 私が考えていた浪曲、想像していた浪曲とは全く違ってすごくびっくりした。
とても感動したり喜んだり、話しの中に入り込んで悲しんだり、すっかりひきづり込まれた。浪曲の流行った明治、大正の人もこのようにたのしんでいたのだと思いました。人の心をつかんで、浪曲の調子で現代にマッチした不思議な、自由な芸に心がうたれました。
通信教育部 Yさん 昨日、落語を聞きに行き、題は分からないのですが下町人情をいくつか聞いてきました。今日の浪曲にしても昨日の落語にしても楽しみながら聞けて、昔の英雄話や人情話、歴史について詳しくなれる、とても為になる芸能だなあと実感しました。
 浪曲を現代風にアレンジはされていますが昔の人もこの調子でお話しに入り込んだで涙を流したりしたのでしょうね。今日はちょっぴりなきました。
通信教育部 Tさん  浪曲のイメージがすっかり変わりました。
 私も忠臣蔵で思わず涙が出てしまいました。
 津軽三味線でロックを聞いたことが有りますが、浪曲とロックとは考えても見ませんでした。バラードもよく合っています。又ライブを是非聞きに行きたいです。
 今日は浪曲にすっかり酔ってしまいました。楽しい授業をありがとうございました。
  Mさん まってました たっぷり 名調子 日本一 いい男 
150年前大道芸から浪曲 500年 講談  300年 落語
一声二節三たんか(「台詞)
忠臣蔵ではじめて感動しました。毎日命の終わりに近づいて人の看病をしているからかもしれません。バラ−ド部分がとても良かったです。
 武春さんが浪曲で武蔵になって二刀流になって下さい。
 カチッとした五点セットお揃いの舞台もみたいです。ご活躍をいのります。
通信教育部 Mさん

浪曲界のプリンス(?)かどうかはともかく巧みな話術とバチさばきで、あっと言う間に時間が過ぎてしまった。元気の出る授業をどうも有り難う。アメリカに留学されるそうですが、体を大切に、ぜひ多くのものを吸収してきて下さい。

通信教育部 Jさん 昔よくテレビ、ラジオで聞いた浪曲を懐かしく思いました。
 先生の浪曲の新境地を開かれた事は伝統芸能を残される為の手段として努力察するところです。
R&Bと浪曲は大変感動的で心に残りました。これから若い人にももっと聞いてほしいと思います。涙が出るほど感動しました。
今まで伝統文化は伝承するため先代の型を受け継がなければいけないと思いこんでいましたが、目から鱗が落ちたような気がしました。三味線バンザイ!!
通信教育部 Uさん 浪曲をイメージする世界とは全く違ったものを見せていただいた。 狂言、三味線の世界に若い世代が出てきて、世の中に広く受け入れられるということが起こっているが、この先生も同様に感じた。アメリカに行かれるという話しがあったが帰国されたら浪曲ブームが起こるかもしれない。
 “流行”と“すたる”この一言はスゴイ!
浪曲を聞くにも、知識がいる。このあたりは古典芸能に通じるところだと思う。
     
     
     
     
 
       

・小国本作品募集中です。
 

この「カリスマ・ワールド・タワー」は建設中です、高さ制限が有りますのでご注意願いますkunimototakeharu@mbj.nifty.com 管理責任者、清水まで