またお会いしましょう
 国本武春の 「観客養成講座大浪曲会」シリーズ全5回  
その1 1月31日(木)  「原敬の友情」 「谷風情相撲」

その2 2月28日(木)  「佐倉義民伝」 「紺屋高尾」

忠臣蔵一口メモ  浅野内匠頭長矩侯. 播州赤穂5万石の城主。元禄14年(1701年)春3月、江戸城 松の廊下において吉良上野介義央に刃傷、即日切腹となる。享年35 歳。 元禄15年(1702)の12月14日の夜、長矩の家臣大石内蔵助良雄ら四十七士の忠義の武士が、本所松坂町の吉良の屋敷へ討ち入り、吉良上野介の首を打って主君の怨みを晴らす。これがウワサの「忠臣蔵」。  
浅野内匠頭長矩辞世の句:風さそう 花よりもなお 我はまた 春の名残を 如何に解かせん(問やせん)  大石内蔵助良雄(おおいしくらのすけよしたか) 討ち入り後、高輪泉岳寺で詠んだ句   
あら楽し(や) 思ひは晴るる 身は捨つる  浮世の月に かかる雲なし

山鹿素行(やまがそこう/1622〜1685)漢学者通 称は甚五左衛門
  1630年(寛永7)林羅山の門人となり朱子学を学ぶ。甲州流軍学者小幡勘兵衛のもとで兵学を修める。1652年赤穂藩主浅野長直に禄高一千石で仕えた。1660年(万治3)赤穂藩を致仕して江戸に帰る。 1665年(寛文5)幕府官学である朱子学の観念論化を批判して『聖教要録』を著し、原典復古主義と実践主義とを唱導。伊藤仁斎と並んで古学派の祖と称される。このため幕府に忌まれ、翌年再び赤穂藩に配流される。

1.義民の世界 佐倉惣五郎伝説  嘉永四(1851)年、歌舞伎に新しいヒーローがうまれた。 「東山桜荘子」(ひがしやまさくらのそうし)の主人公浅倉当吾こと佐倉惣五郎がその人である。 百姓一揆がテーマであるこの作品は、関係者の予想をはるかに超えるヒットとなり、またたく間に日本中に広まった。 各地の農村では、この物語を受け入れる素地ができていたのである。 幕府が作られてから250年、数多くの百姓一揆が発生し、義民を顕彰する活動も十八世紀後半から活発になっていった。

  明治以降も惣五郎歌舞伎は頻繁に上演され、「佐倉義民伝」として定着した。 また講談・浪曲などでも積極的に取りあげられた。 福沢諭吉や自由民権運動活動家は、彼らの主張の先駆者として惣五郎をとりあげた。 また昭和恐慌や戦後改革の時期などに、惣五郎の物語は新たな解釈を伴いながら思い起こされた。 西暦2002年の今、国本はこの物語をどう語ってくれるのでしょう。

 観客養成講座大浪曲会その2

  最初の演題は「佐倉義民伝」のうち「甚兵衛の渡し」、カリスマの熱演に会場にはハンカチを握りしめる小国本が続出。甚兵衛の決断に小国本“□△××”と感動の声、演目終了時には「日本一!」の嵐となりました。

 二つ目の演題は「紺屋高尾」、ミヤコ蝶々さんが「あんたは客を泣かせたいのか、笑わせたいのか、どっちなんだい」と云われた通 り、ドカンドカンと笑いの渦、会場が和みます。しかしここでもカリスマによる「お江戸の愛」が語られ小国本の目にも・・・ う〜ん熱いモノがこみ上げます。

 こうして 国本の熱演に拍手、拍手の一夜となりました。演題の間には質問コーナーも有り、みごとな観客養成講座と相なりました。皆様、「質問は皆で、沢山、遠慮せず」です。

 後ろ髪を引かれながら会場を去る小国本達でありました。

 

 

佐倉義民伝情報
http://www1.accsnet.ne.jp/~ball/sakura/ 「浪曲らくがき帳」
「甚兵衛渡し ふるさとの酒」という日本酒も 宗吾霊堂の近く、酒々井(しすい)町の酒蔵(飯沼本家・吟醸酒)さんのもの、深い味わいのあるお酒なのでしょう? えェ〜 (華やかな吟醸香ときれいでコクのある気品ある旨さ) だそうです。
桃中軒雲右衛門(1873-1916)
浪曲中興の祖、現代浪曲の原型を創作。
二代目吉田奈良丸(1879-1967)
明治末期から大正初期にかけて、桃中軒雲右衛門と人気を二分した浪曲師
二代目広沢虎造(1901-1964)
昭和の名人、代表作に「清水次郎長伝」 がある
寿々木米若(1866-1974)
昭和の初め「佐渡情話」が大ヒット
国本武春(1960-  )
語りはすでに名人 、浪曲天下人と成るのでしょうか?

02.03.21 第三回観客養成講座大浪曲大会
東京・亀戸文化センター6階和室
浪曲:国本武春
曲師:沢村豊子
 本日のネタは忠臣蔵、浪曲界ではヒーロー桃中軒雲右衛門先生以来の“おおねた”です。

演目 大石山鹿護送
  山鹿護送の道中節は、名人天中軒雲月師匠の雲月節、その後雲右衛門先生の雲調へと変わります。武春に雲月、雲右衛門が降りてきます。

演目 赤垣源蔵徳利の別れ
 赤垣源蔵は楽燕先生の速記本からの演題でこれは武春調 という事になります。
観客:神田北陽(講談に北陽有り)
「客席にて拝聴させて頂きました。普段、客席で聴く事は無く、舞台の袖で聴くのが普通 です。視点が違えば見えるモノも違い、色々と勉強に成りました。」と北陽さん。この夏に真打ち三代目山陽襲名、大看板となります。
   
02.04.18
第四回観客養成講座大浪曲大会
東京・亀戸文化センター6階和室 浪曲:国本武春 曲師:沢村豊子
演目 忠臣蔵・外伝「村上喜検 」  明治出世美談「大浦兼武」
画像をクリックしますと大きくなります
02.05.31
第五回観客養成講座大浪曲大会
東京・亀戸文化センター6階和室 浪曲:国本武春 曲師:沢村豊子
演目 「瞼の母 」  「英国密航」
今回で最後の「観客養成講座」まずは“瞼の母”掛け声教室とまいります。
・さあ皆立ち上がるんだー・おもむろに腰を上げる小国本 ・最後は歌に併せて「ゴーゴー」、「日本一」で締めた掛け声皇室でした。

まってました
たっぷり
いよーっ!
名調子
大統領
役ぴったり(ぴったり)
こまかいこまかい
なんだ?
しびれる
あがったあがった
色っぽい
泣かせる
うまいぞ
どうするどうする
大当り!
へい!
ゴーゴー
イエーッ
日本一!

掛け声の後は幻の演目「瞼の母」
長谷川伸の名ぜりふが
武春のたんかと節で
あがったあがった

   

ザ・忠臣蔵と同様に、アルバム(「武春」の瞼の母)が5場かなる舞台「瞼の母」のエッセンスを見事に凝縮した作品という事が今回の演目からもわかります。

観客養成講座の最後を飾ったのは
お馴染み「英国密航」
若き日の伊藤博文のエピソード
「文久 3(1863)年     5月12日、井上聞多(井上馨)、野村弥吉、遠藤謹助、山尾庸三と英国へ密留学
元治 1(1864)年     6月24日、英国より帰国 」を
熱演、大きな笑いの渦と共に今回の講座を締め括った。

全講座に御出席の小国本は8名様、4回の御出席は9名様、お忙しいところを連日のお運び、誠に有り難う御座いました。

 

月/日
2002年 イベント・開演時間
出 演
会 場
料 金
問い合わせ先
3/21
(木)
国本武春の 『観客養成講座大浪曲会』!! その3 「赤垣源蔵徳利の別れ」「山鹿護送」 19:00開演 国本武春
曲師:沢村豊子

亀戸文化センター6階和室
(カメリアプラザ内)

2000円
亀戸文化センター
03-5626-2121
4/18
(木)

国本武春の 『観客養成講座大浪曲会』!! その4 「村上喜剣」「大浦兼武」
19:00開演

国本武春
曲師:沢村豊子

亀戸文化センター6階和室
(カメリアプラザ内)
2000円
亀戸文化センター
03-5626-2121
5/31
(金)
国本武春の 『観客養成講座大浪曲会』!! その5 「瞼の母」「英国密航」
19:00開演
国本武春
曲師:沢村豊子
亀戸文化センター6階和室
(カメリアプラザ内)
2000円
亀戸文化センター
03-5626-2121