この映像をご覧頂くには Quick Tine が必要です! ダウンロードページはここをクリックして下さい!
花形演芸大賞に 国本武春 国立演芸場
国立演芸場主催「平成13年度花形演芸大賞」の大賞に国本武春(浪曲師、三味線奏者)が決まった。
毎月一回、同演芸場で開かれた花形演芸会の出場者を対象に選考された。
表彰式は六月二十三日、国立演芸場特別企画公演の中で行われる。
その他の受賞者は次の通り。  ▲金賞 テツandトモ(コント)  ▲銀賞 三遊亭竜楽(落語) 3/30東京新聞夕刊から

6月特別 企画公演
花形演芸会スペシャル・
受賞者の会
落語 三遊亭 好二郎
落語 三遊亭  竜楽
平成13年度花形演芸大賞
表彰式
大賞 国本 武春
金賞 テツandトモ
銀賞 三遊亭 竜楽
漫才(ゲスト) 爆笑問題
コント テツandトモ
三味線ロック 国本 武春

「爆笑問題」の司会で
進められたこの日の受賞者の会
大賞は一九九八年度の受賞いらい
二度目の受賞となるカリスマ
300席有る演芸場は満席の上
立ち見が20名近くの大盛況。

前回は古典の名作「佐倉義民伝」

から「甚平の渡し」でした。
二度目演目はは弾き語りの「松山鏡」
選者の関心が今の国本の芸にも
大ありという事でしょう。
(大賞受賞は「忠臣蔵」での
ポップな討ち入り描写が評価 )
ハードスケジュールが続く中の
受賞公演でした。

今回で若手芸人の「花形演芸会」
は卒業となります。

舞台にホールに花が溢れ
いつもより多めの小国本達に 感謝!

2002.06.23 国立演芸場