国本武春とブロードウェイ・ミュージカル 太平洋序曲  Pacific Overtures

2000年、舞台のプールには観客の皆さんも驚かれたと思います。
シンプルでとても効果的なセットでした。カリスマも立体的に舞台を
走り回る肉体的にも大活躍のミュージカルでした。

See a clip of Pacific Overtures!米国はリンカーンセンターのHPで2000年太平洋序曲の動画を見ることが出来ます。既に米国でカリスマの声が流れています。

巨匠、ソンドハイムに絶賛されたこの舞台は2002年米国へと続きます

 2000.10.22 カリスマとふたりの巨匠

 楽日の打ち上げ会場でのワンショット・・・カリスマの左に脚本のジョン・ワイドマンさん、右側がスティーブン・ソンドハイムさん、お二人は日本語がご不自由で通 訳(短髪横顔の人物)を介しましての 会話と相成りました。  「How do you do ? Fine thankyou ・・・」
 話は弾みましたが、この手つきは何でしょうね、思い出したら書き加える事にしましょう・・・ そうそうジョン万次郎が西洋文化に触れ変わったてしまったと語る場面 でナレーターの国本が「変わっちゃったのよー」歌うところ、ワイドマンさんが「なぜそんなに観客に受けるのだ?」と・・・わかんないだろーなー日本の芸能文化を知らないと・・・

亜門さんから誘われて

「イヤホンから忠臣蔵・・・」

1999年の暮れ、新国立劇場の稽古場で 初めて亜門さんに会いました。
「いや〜、飛行機の中で国本さんの忠臣蔵を聞いて〜・・」
事前にテープ、譜面、台本などを渡されていたので 歌とセリフなどをちょっとやり
「ありがとうございました」と出演決定。
しかし話を聞くと、他の人たちは 何度も何度もオーディションを受けて大変だったようです。

貸し切りの日の出来事

「THE PITで観客養成講座・・・」

制作の北澤さんから
「今日の昼の部は女子高の貸切なんで 国本さんちょっと盛り上げてやって下さいよ!」
太平洋はあまりアドリブをかませる様な雰囲気の ミュージカルではありません、
しかしお墨付きを貰えばこっちのもの。
劇場の雰囲気と、ブロードウエー・ミュージカルにチョット気後れ気味の客席
国本やおらピットの音を止めまして、ライブよろしく掛け声教室、
おっと違った観劇教室 「拍手」「笑い」に「楽しみ方」を女子高生に手ほどきし
なんと舞台、客席“やんややんや”の盛り上がり。
女子校生“よろこぶ”出演者“ええじゃないか”の太平洋序曲となりました。
国本株がいっぺんに「あがったあがった!!」

ソンドハイム驚く

「君は一体何者なんだ・・・」

亜門さんが、涙が出るほど尊敬してると言う
演劇、ミュージカル界の最高峰、 スティーブン・ソンドハイム。
しかし私は全く知りませんでした。
そのソンドハイムさんが我々の太平洋を見て感激し 打ち上げの席で私を隣の席に呼んで、
「君は一体何者なんだ・・・」 始めて見る浪曲師のエンターテイメントぶりに驚いた様子でした。

しかし、まだまだこんなもんじゃないよ〜・・・

スティーブン・ソンドハイム
1930年ニューヨーク生まれ56年「ザ・ガールズ・オブ・サマー」の音楽でブロードウェイ・デビュー。57年の「ウエストサイド物語」の作詞で高評価を受ける。
 71年「カンパニー」72年「フォーリーズ」73年「リトル・ナイト・ミュージック」で3年連続トニー賞 。79年88年94年でも同賞受賞。85年「ジョージの恋人」でピュリツッアー賞受賞。

 いつも、ソロとかユニットでやっている国本、大勢でやる「太平洋序曲」実はフルパワーでは有りません。パワーを出しますとナレーター役が目立ち過ぎます。
 そんな訳けで皆様が物足りないと感じる事が有るかも知れません、バランスには結構気を遣います。

contents
URL
ブロードウェイ・ミュージカル 太平洋序曲 2000年 http://www.nntt.jac.go.jp/season/s95.html  新国立劇場 ホームページのリンク一昨年の公演
太平洋序曲 Pacific Overtures  2000年(初日) http://www.nntt.jac.go.jp/frecord/play/2000~2001/taiheiyo.html 同上 一昨年の公演写 真
米国情報2002年ニューヨークリンカーンセンター公演の米国サイト
http://www.kennedy-center.org/calendar/index.cfm?fuseaction=showEvent&event=TCPAC 同上
右側をクリックでレッツスタディ「太平洋序曲」 『太平洋序曲 〜Pacific Overtures〜』を愛するページ
   

 

月/日
2000年 太平洋序曲
出 演
会 場

Pacific Overtures
新国立劇場 小劇場 THE PIT

------------------------------------------------------------------------
<キャスト>
 
国本 武春   佐山 陽規  治田 敦   酒本 朗    本田 修司
堂ノ脇恭子   春芳     越智 則英   大島宇三郎   広田 勇司 
小鈴まさ記   斎藤 桐人  粟田 麗    山田 麻由    坂本朗
園岡新太郎   今 拓哉   村上勧次朗   岡田 誠

------------------------------------------------------------------------
<スタッフ>
 
演出・振付 :宮本亜門   作詞・作曲 :スティーブン・ソンドハイム
台本 :ジョン・ワイドマン   公演音楽監督 :竹本泰蔵
翻訳・訳詞 :橋本邦彦   美術 :松井るみ
照明 :中山安孝   衣装 :ワダエミ
音響 :渡邉邦男   振付 :麻咲梨乃
歌唱指導 :山本隆則   演出助手 :伊藤和美
舞台監督 :赤塚幸信      
         
芸術監督 :栗山民也   主催 :新国立劇場
         
指揮 :竹本泰蔵/西野淳   編曲 :丸山貴行
ピアノ :中條純子   フルート/クラリネット :鈴木徹
ヴァイオリン/ヴィオラ :石井泉   チェロ :三枝慎子
キーボード :河辺大   パーカッション :浅野淳一/森岡万貴
ソンドハイム氏、世界文化賞を受賞
  作詞・作曲のスティーブン・ソンドハイム氏が、高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。 授賞式は10月26日東京で行われます。

2000年10月
2000年 公演日程

昼 ●1:00 ○2:00

夜 ●6:00 ○7:00

2日
3日
4日
貸し切り
5日
6日
7日
8日
9日
11日
12日
13日
14日
15日
17日
18日
貸し切り
19日
 
20日
 
21日
 
22日
 
2002太平洋序曲 公演スケジュール、関連リンク、02.06.30通し稽古など
太平洋序曲 ニューヨーク ニューヨーク公演の周辺取材 キャスト写真 N.Y.Times劇評バーナー
劇評 劇評【THEATER REVIEW】 N.Y.Timesの全文 キャスト写真
ぎゃらりー太平洋序曲 大成功で喜ぶスタッフキャストの笑顔がはじける写真のコーナーです
太平洋序曲 ワシントンD.C. ソンドハイムフェスティバルをアップ予定
ヤフーなど検索エンジンでこのぺーじを訪れた場合は猫をクリックして下さい。
このディレクトリーのトップに飛びます、左ページ下にコンテンツメニューが 有ります。
1. 「2002太平洋序曲」
2. 「太平洋序曲 ニューヨーク」
3. 「ぎゃらりー太平洋序曲」
4. 「太平洋序曲(現在ご覧のページ)」
   の4つが存在します。またメニュー以外に「劇評」が別枠でご覧になれます。

一番下のバーナーでこのホームページのトップへ戻ります。