国本武春とブロードウェイ・ミュージカル 太平洋序曲  Pacific Overtures

10/18日NHK総合放送「いっと6けん」お出かけ情報で
「太平洋序曲」スタッフ・キャストインタビューが放送されました。
  「ミュージカルであってミュージカルじゃない、お芝居であってお芝居じゃない、これは新しい体験・・・武力外交のアンチテーゼ。そして今、日本人である貴方が黒船来航後の時代の変化をどのように捉え考えるか、何を得て何を失ったのか」
と宮本亜門さん「衣装は全体を見せる、群像劇として全員が主役、全てが重要な役。」とワダエミさん。「日本人として原作を越えた演出、皆で作り上げた舞台」と国本武春さん

ニューヨーク、ワシントンD.C.そして初台と続いた 「太平洋序曲」、今回のスタッフ・キャストでの公演はどうやら終了のようです。日本版初演のキャストは高い評価と多くの賞賛をうけました。日本のミュージカルもここまで来ました、亜門さんは海外で現地キャスト版を制作しそうな勢い、今後のスタッフキャストに期待しましょう。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

2002年7月9日ニューヨークはリンカーンセンターのエイヴリーフィッシャーホールで米国公演の幕が開きました。当日は一日中チケット売り場に人が並び、ほぼ満席(舞台がH席まで張り出しているのでその周辺は空席あり)状態。日本語による公演にこれほど人が集まるとは「あっぱれニューヨーカー」まってましたの掛け声はありませんでしたが、最後はスタンディングオベーションで亜門版「太平洋序曲」を賞賛。翌日のチケット売り場の行列はさらに伸び、なんと三日目は売り出し予定のない見切り席まで販売するという状況に。

2002年9月、リンカーンセンターからケネディーセンターヘ舞台は巡ります。J.F.K.を記念したこの国立の文化センターはサクラで有名なポトマック河を背にし、1971年エドワード・ダーレルの手により完成しました。オペラハウス、コンサートホールなど6つの劇場からなるセンターで、アイゼンハワー・シアターは1,100席をもつ中ホール。再びここに花道が登場します。
 ニューヨーク以上の評価を受けたワシントンDC公演でした。ワシントンポスト紙に絶賛されなんとハリウッドからも問い合わせがあったようです。


ワシントンDCジョージタウンの馬(ロバが正解)に咬まれ「叫ぶカリスマ!」
(「共和党」ブー)か(「民主党」ピンポン)のマスコット、象もありました。そして象はプレゼン党(贈答)ですか???
共和党で思い出しましたがウォーターゲートビルの中にマーケットが有りまして
今回の宿泊先の925アパートメンツで自炊用の買い物をしました。

ニューヨーク・メリディアンホテルの時とは環境が全く違います
欧州風の建物と米国の色彩にアメリカ人の歴史への憧れを感じさせる町でもあります。



ワシントンDC公演、楽日のパーティー〜ソンドハイムさんとワイドマンさんを囲むキャスト

 『太平洋序曲』は広沢虎造を超えたか?

 期待と不安が入り混じり、
なんともいえない緊張のなかで迎えた
二ューヨーク、エイブリーフィッシャー・ホールでの公演初日。

1曲目のナンバー『太平の浮き島』が終わり暗転。
すると突然起こったものすごい拍手。
割れんばかりとはまさにこのこと。
しかもいつまでも鳴りやまない。

次は私のセリフだ。これは困った。
早く言い出さないと芝居にならない。
でも拍手はまだものすごい……どうすればいいんだ!

 これまで私、一生懸命やってもまったく拍手がなくて困った、
という経験は何度もしたが、拍手が鳴りやまず困った
というのはこれが初めて。

このままではまずいと拍手のなか、
意を決してセリフを語りだす。
……するとたちまちにして水を打ったように
「シーン」と静まり返り聞き耳を立てる客席。
「うわち〜っ1 なんというお客さんだ! 
この人たちは楽しみ方を極めている。
そしてわれわれの舞台を心から楽しんでくれている」

        ◎

 その昔、浪曲が全盛期の頃、
人気絶頂だった広沢虎造先生を聴きに
日本全国から多くのファンが詰めかけた。

当時はまだ音響設備が万全ではなく、
大きな劇場では声が通りにくかったため
お客さんたちは咳ばらいひとつせず、
静かに聞き耳を立ててその名人芸に酔いしれた。

 しかし、いくら静かにといってもそこはすばらしい芸。
ここぞという時には思い切り拍手を送りたい。
そこで節が終わると同時にものすごい拍手をし、
次のタンカ(セリフ)を語り出す寸前に
まるで刃物で切ったかのようにスパッと拍手が切れる。

「それは見事なもんだったよ」
と先輩から聞いたことがある。

         ◎

 いま自分が体験しているのはまさしくその現象ではないか!
ついに私はここニューヨークの地で虎造先生と肩を並べた!!

 すばらしいお客さんと自分に酔いながら
いよいよエンディング。セリフ、歌、音楽が終わり照明が落ちる。

そして場内が明るくなった時、
なんとすべてのお客さんがスタンディング・オベーション。
 「おいおい、ど〜なってんだ?……みんな立ってるよ−」

 いままでの私の舞台の場合、お客さんが立ち上がるのは
トイレに行く時か、飽きちゃつてあくぴをしながら帰る時ぐらい。
 ニューヨークのお客さんは帰りもしなければトイレにも行かず、
ただわれわれに向かって「すばらしかった」と称賛の拍手を送ってくれる。

 広沢虎造先生もさすがにスタンディング・オベーションはなかった……
ということは、私はついに憧れの虎造先生を起えたのか?……

と思った途端、天から虎造先生の声。
「何をバカなこと言ってやんでい!
すばらしい作品、演出、衣装、セット、音楽、
そしてすばらしいスタッフの皆さんにお客さんは
拍手をしてくださっているんでい! 
特に今回は多くのアメリカ人スタッフ、
現地の日本人スタッフが頑張ってくれているじゃね〜か。
お前の働きなんざ小指の先ほどもありゃしね−〜や!!」

 はい、ごもっともでございます、虎造先生。

 そのすべての人々に感謝しながら、この日本公演再演も
皆様からたくさんの拍手がいただけるよう頑張りたいと存じます。

※広沢虎造(1899−1964)
昭和初期、『清水次郎長伝」で一世を風靡した浪曲界のスーパースター
「飲みね〜食いね〜、江戸っ子だってね〜」
「神田の生まれ よ!」や「パカは死ななきゃなおらない〜」
などの名調子で知られ、舞台や映画などでも大活躍をした

文・国本武春 2002太平洋序曲 公演プログラム〜

新国立劇場正面玄関前のポスター

「太平洋序曲」公演中の小劇場「ザ・ピット」は地下一階にあり京王新線(地下鉄)の 初台駅から通路で繋がっています。

地下にある駐車場はいつもカラガラ、観劇をすると600円の割引券が付きます。ちなみに30分350円。ちなみにカリスマはバイクか電車、早めに行けばばったりと・・・

〜楽屋花〜
「太平洋序曲」
皆々様へ
小国本一同

小国本の皆様
ありがとうございます

楽屋口通路に
ディスプレーされ

観客の皆様には
写真だけの
お披露目です

※新国立劇場では
ロビー花は規定により
飾らないそうです

 

2002年10月、凱旋公演の舞台は新国立劇場ザ・ピット。2年ぶりの再演と成りました。東京は初台にオペラシティーとして、そびえ建っています。2000年の初演、舞台前面 に広がる太平洋と客席を縦に割る花道を見てびっくりしたものです。
 今回は一般発売初日でソールドアウト、後のチャンスは当日売り分のみ。

2002年10月12日 ミュージカルの楽しみを堪能 斉藤桐人さんの足さばき、ミュージカル・ナンバー「俳句」での森岡万貴さんのパーカッションが息づくビート、広田勇二さんの滴る汗は最高のパフォーマンス。

2002年の6月29日(土)新国立劇場は地下2階にあるリハーサル室にてブロードウェイミュージカル「太平洋序曲」の公開通 し稽古が開かれました。

 左右にオケを配し木目一色の仮舞台(舞台奥からなだらかな傾斜を付けています)の上、カリスマの「このミュージカルの成功は、本日の皆様の拍手一つにかかっています。素晴らしい舞台には“強く、細かく、歯切れ良い”拍手をもってニューヨークへ送りだして下さい。」との一言から舞台はスタートしました。

2002.6.29
新国立劇場にて

LincolnCenterPacific Overtures 紹介記事から(和訳)
  宮本亜門 最も優れた日本のミュージカル舞台監督の一人。スティーブン・ソンドハイム作品で1976年度に成功をした「太平洋序曲」を日本の多彩 な伝統芸能「能」「歌舞伎」「文楽」「浪曲」で高度にオリジナルの解釈で制作する。  この後“新国立劇場”の舞台が米国でも再現されると書かれ(花道とプールが誉められている)こう続きます  東京の新国立劇場で上演された宮本演出作品は、日本の聴衆、批評家およびソンドハイム(「それは素晴らしいショーでした、強力で、無駄 が無く・・・」)自身によって熱心に賞賛された。  デイリー読売は「竹本泰蔵(舞台音楽監督)および才能のあるオーケストラの音楽によって支えられた宮本亜門版は、日本のミュージカル作品シーンでまれすぎる功績を遂行した・・・」
 こんな内容の記事がリンカーンセンターのホームページに ・・・国本の名前はありませんが、Rokyokuが重要な一つの要素に上げられています。

右のバーナーをクリック

  

contents
URL
 2002ニューヨーク公演情報 左をクリック
 2002ワシントンDC公演情報 左をクリック
右側をクリックでレッツスタディ「太平洋序曲」 『太平洋序曲 〜Pacific Overtures〜』を愛するページ

”世界の亜門”になれるか「太平洋序曲」上演 リンカーンセンター・フェスティバル
スポニチの記事が左のバーナーをクリックすると読むことが出来ますが・・・

   

 

月/日
2002年 イベント・開演時間
出 演
会 場
料 金
問い合わせ先

左が、ジョン・ワイドマン(いま劇団四季で「コンタクト」を上演しています)の脚本まあ日本語の達者なこと漢字まで書けるんです
(良い子の皆さんは本気にしてはいけません)

右側がソンドハイムのスコアです、“すぺあ”とか“すとらいく”とかのマークが書かれています。(いいかげんにしときなさい)

変拍子を多用した難しい所もあり、オケピットではビート感を出すため皆頑張っています。

スコア=総譜「楽曲の全てのパート(各楽器やコーラス、ヴォーカル等)が書かれた楽譜」

 

ニューヨーク公演観劇ツアー 〜太平洋序曲〜  募集は満員にて終了となりました
旅行日程 2002年7月07日(日)〜7月12日(金) 旅行代金:161,000円(初日チケット代含む)

TOUR SCHEDULE(日程)4泊6日 一人部屋追加料金45000円 添乗員同行 最少旅行人数30名 定員45名 ノースウエスト航空
初 日 7月07日 成田 ニューヨークに向け出発 同日午後ニューヨーク着 ホテルチェックイン後 自由行動
二日目 7月08日 ニューヨーク 終日自由行動 
三日目 7月09日  ニューヨーク 太平洋序曲初日 観劇
四日目 7月10日  ニューヨーク 終日自由行動
五日目 7月11日  ニューヨーク ホテルチェックアウト ニューヨーク空港へ
六日目 7月12日  
夕刻 成田空港着
     ※食事は機内食のみ ニューヨークのホテルでは無し

■旅行主催・旅行取り扱い (株)パノラマインターナショナル TEL:03−3403−4315(専用ダイヤル)終了となりました 

7/9-13 ブロードウェイ・ミュージカル
太平洋序曲
Lincoln Center Festival
詞,曲 :スティーブン・ソンドハイム 台本 :J・ワイドマン

New York Lincoln Center Avery Fisher Hall

60$-
75$

米国でのチケット予約は 212-875-5030
9/3-8

太平洋序曲 Pacific Overtures
This production, in Japanese Part of the The Sondheim Celebration 7:30 PM(7公演)土曜2回:2:30 PMも有り

演出・振付:宮本亜門  出演
ナレーター・将軍・天皇:国本武春 老中・神官:越智則英

The J.F.Kennedy Center Eisenhower Theater アイゼンハワー・シアター
20.ドル- 79.ドル
2/11よりチケット発売Tickets and Information: 800-444-1324 or 202-467-4600
(予定)
10/11-31
太平洋序曲 凱旋公演
黒船が歌えば 、歴史も動く。止まらず進め、浮き島ニッポン
安倍・士官:坂本朗 新国立劇場・小劇場
販売:新国立劇場ボックスオフィス  チケットぴあ 他
A席6,300 B席3,150 8/10(土) 前売開始
電話予約 新国立劇場ボックスオフィス03-5352-9999
  夜:19:00様に橙色の公演はまだ比較的席の確保が容易です。また関係者席の発売の後は新国立劇場の優先会員の為の発売があり、一般 売りの8/10(土)発売は入手困難が予想されます。(NYの評判次第で)
 
先行予約はA席6,300円 のみです
 予約No 席番号
 予約No 席番号
10/ 11
(金):-無- 夜:19:00 11-20 = D2-16,17
11-21 = D2-18
11-22
= D1-1,2,3
11-23 = D4-16
10/ 12
(土)昼:13:00 夜:18:00 12-20 = C3-14,15,16,17
12-21 = C4-12,13
12-00 = C3-4
12-01 = C3-15
12-02 = C3-16,17,18
10/ 13
(日)昼:13:00 夜:-無- 13-00-C3-12,13  
10/ 14
(祝)昼:13:00 夜:-無- 14-00-C3-14,15,16,17,18  
10/ 15
休演
予約不可
予約不可
10/ 16
(水)昼:14:00 夜:19:00 16-00-C4-12,13
16-01-C4-7
 
10/ 17
(木)昼:14:00 夜:-無-  
予約不可
10/ 18
(金)昼:14:00貸切り 夜:無
予約不可
予約不可
10/ 19
(土)昼:13:00 夜:18:00 19-01 = RB-16,17
19-20 = C6-6,7 D1-6,7
19-21 = C4-16,17,18
昼不可
10/ 20
(日)昼:13:00 夜:-無- 20-00→12-02変更
20-01
= C4-5
20-02 = C4-3,4
20-03 = D2-14,15,16
20-04 = D2-17,18
20-05 = C4-15,16
  20-06×
10/ 21
休演
予約不可
予約不可
10/ 22
(火)昼:14:00 夜:-無-    
10/ 23
(水)昼:14:00 夜:19:00   23-00 = C4-14
10/ 24
(木)昼:-無- 夜:19:00   24-20 = C4-5
10/ 25
(金)昼:13:30貸切り 夜:無
予約不可
予約不可
10/ 26
(土)昼:13:00 夜:18:00 26-00 = C3-14,15,16
26-01 = C3-17,18
26-20 = C4-15,16,17,18
26-21 = C4-12,13
26-02 = C4-14

26-04 = 26-00に含む
10/ 27
(日)昼:13:00 夜:-無- 27-00 = B2-13,14 27-02 = C3-12,13
10/ 28
休演
予約不可
予約不可
10/ 29
(火)昼:-無- 夜:19:00    
10/ 30
(水)昼:14:00 夜:19:00 30-00 = C4-14  
10/ 31
(木)昼:14:00 夜:-無- 31-00 = B2-8
予約不可
  予約コードにてご予約確認が出来ます 白字は決定、橙色字は振り込み確認
     

再録「制作発表会見」

2002.6.7

芸術監督:栗山民也さん

栗山ですありがとうございます
この作品「太平洋序曲」
特に私は国際交流としての企画として
考えたわけではないのですが
ソンドハイムさんが丁度来日しておりまして
ご覧になってとても感激した
そして絶対的支持を得まして
ワシントンDCそしてニューヨーク公演が
こんなに大きなかたちで実現しました事を
とっても嬉しく思っています。それも演出の宮本亜門氏、スタッフ、キャストの
才能と情熱によるモノととても感謝しております
この作品は19世紀のにっぽんから
物語が出発します 9.11 という悲惨な
世界史に残る事件を経験した私たちにとって
この作品がまた新しい世界のあり方示す
色々なことを提出(提示)する
作品になって行くと思っています
より充実した作品になって行く事を願っています。

再録「制作発表会見」

2002.6.7

演出;宮本亜門さん
宜しくお願いいたします
スティーブン・ソンドハイムという作曲家の舞台は
日本ではほとんど成功しないと言われてきました
なので大変不安では有りましたが
“太平洋序曲”をやりたいと話しを持っていった時に
栗山民也氏が「よしやろう、これは面白い!」
と言ってくれた所からまず感謝いたします
そしてココにいるスタッフ以外にも
本当に今回色々な方に協力していただいて
実現(米国公演)したという事と
それからスティーブン・ソンドハイムが日本に来なければ
これは全く話しが無かった話しだと思います
というのはその時に高松の宮殿下、文化勲章が有ったからです
まずあの受賞にに呼んで頂いた方に心から感謝致します。
その時に雑誌、新聞、TV、色々な方達や
ソンドハイムと会ったことを
話題にしてくれた事もプラスなっています
皆さん(マスコミ)の力があっての事
リンカーンセンターに言わせますと
リンカーンセンターのあの場所で
正式にミュージカルを上演する事も初めてですし
日本人がブロードウェイミュージカルを演る事も初めて
全てが初めてずくしです。
劇場にプールを設けるのも初めて
もうその壁は何回も もうこの一年、二年とやって来たんですが・・・
それほどソンドハイム、そしてアメリカのスタッフが
これを上演したいという思いで我々を待っていてくれるので
この様なことが実現しました まず皆さんに心から感謝いたしま
   
小国本通信
「太平洋序曲」ニューヨーク公演【観ました!】 by つくばね
【観ました!】
女性 会社員 ◎ 2002/07/10(Wed) 13:58
「太平洋序曲」観て参りました。ただただ素晴らしい!!!
国本さんは勿論、他の方々も最高!
日本のミュージカルってこんなに素晴らしいんだとただただ関心するばかりでした。随所に語り、三味線でいつもの国本さんが登場し、役者としての国本さんも披露下さいました。最後はスタンディングオヴェーションを受け、高い評価を頂けるのではないかと確信致しました。明日が楽しみです。
と つくばねさんのニューヨークリポートが入っています
http://bbsi4.otd.co.jp/432141/bbs_plain  左をクリックすると全文を見ることが出来ます
新国立「太平洋序曲」感想募集中! (敬称略)

感想文でございます by. ys  02.10.28 

おはつにお目にかかります。
JASの機内でロックンうらしまを聴きまして勝手に信徒に加えていただいたサラリーマン、四十、妻ひとりでございます。

幸運にもチケットが入手できまして、太平洋序曲,観せていただきました。
「幕末物+初生国本」に加えて歌、芝居、衣裳、ストーリー、とにかく感動いたしました。ありがとうございました。

ミュージカル鑑賞はもの心ついて以来のことでありまして気のきいたことは申せませんし,
今だ興奮気味ではありますが記念に感じたまま書かせていただきます。

さて劇場に着きましてチケットを渡し,小冊子をもいらいます。
太平洋序曲。
国本武春:ナレーター。 はて,いぶかしき役所であります。
弁士よろしく舞台の袖であらすじを語る?これは出番が少ないか。
扉が開いて劇場内へ。なんと前から3列目。役者の方と目が合ったら恥ずかしそうなところ。
白木の舞台は幕もなく,能舞台を思わせます。
その時,なんと2階から音楽が。。
ナレーターは三味線を持って2階か。それじゃ生ではお目にかかれない。
吉良殿,話しがちがいますぅ。

と,思っておりますうちに浮かぶ浮かぶで始まりました。
舞台に近かったのでどこを見たものか焦点が定まらず,
不思議な歌詞ではありますが,だんだん盛り上がってまいります 。

登場された国本殿、さすがの語り口。しかし気付いた写真うつりの悪いこと。
黒い悪魔と赤鬼の来襲に江戸幕府は大激震。
客席中央にしつらえられた黒船に,こういう装置があるのかと感心したのは私だけ?

今も変わらぬアメリカのお為ごかしの屁理屈も,あからさまなる火力の差,
ズルズルと引きずり込まれるわが日本国。いつまで浮かんでいられるものか。
ちぐはぐなやり取りに笑えるような悲しいような。このあたり米国人にはどう映る?

そもそも香山弥左衛門。あまり聞き覚えのない人物なので調べてみましたら,ほんとは香山栄左衛門。
幕府側より米国側から信頼が厚かったとか。それが災いして後の交渉では外された由。
しかし百年後のこの大抜擢。

さて,征夷大将軍とは遥か昔のこと。政とは無縁のご様子。
アメリカ国との日限も、知ってか知らずか毒入りの茶の味はいかが。
財を築いた人々は荷物まとめて逃げだした。
今は小さき島国もかれらとってはこの世の全て。
失うもののない者にとっては時節の到来か。KANAGAWA女郎の逞しさ。

三味線抱えたロックンローラーの登場に、ここでひとふし唸ってと、やんやの拍手も1フレーズ。
木の上からは小屋の中、見えたか見えぬか知らないが、
やはり聴きたやカリスマの磨きぬかれたあのこぶし。
けれどじきに師走の15日それまで預けておくことに。

幕府は次々と条約を結び、妻を偲びつつワインを飲む香山。
浦賀への道すがら詩を交わしあった万次郎は剣の道。
歩む道は西、東、けれどふたりの思いは同じ、日本の明日であったはず。切ない。

剣にて人は切れても時節の流れには逆らえず、
目覚めし帝の大号令に富国強兵、鬼畜米英、世界の国からこんにちわ。
揃いも揃った黒服に次,つぎ,ツギと血眼の姿。 立ち止まることは許されぬ。
その傍らでひっそりと、妻と寄り添い釣り糸を垂れる香山弥左衛門。

アメリカまでもひとっ飛び地球は狭くなったけど,隣に住む人だれだっけ。
相も変わらずアメリカはイラク、アフガン、イスラエル。黒船、世界を駆けめぐる。

150年前の若者は、命を賭けていったい何を望んでいたのやら。
今を生きてるこの私,いったいどこへ行くのやら。
ついにミカドにまで登りつめたる国本陛下、NEXTはいかに。。。


「楽しみだったスタンディング・オベーション」 byハル 02.10.11

「日本公演が一番反応無いだろうね。」
NYから帰られたときに「語るカリスマ」に書かれてましたが、
観る側も、非常に緊 張しました。
「あ〜、ここが、ニューヨークだったらなー、ワシントンだったらなー」
と感じずに はいられませんでした。
まず、「ここで立つんだー!」
というきっかけがつかめぬう ちに…終わってしまった初日。

やはり、お国柄、文化の違いでしょうか。
でも、「日本は日本」、ですよね。
国本様の歌、「国本風味」じゃないけど、素敵でした。私は好きです。

次回は、もっと、力を抜いて、楽しみたいと思います。
太平洋序曲〜メタモルフォーゼ〜 by鎌倉奈美

平成14年十月11日
私を深淵の奥へと誘惑するかのごとき夜勤明けのアタマ、うなるカラダ中のだるさ、
かのカラヤンでさえその音色をまとめる事はできぬであろう悪鬼のごとき不協和音を奏でる胃痛・・・・・・
それよりもなによりも主の命を受け、
獲物を逃すまいと放たれたポインターのごとき先輩各位の「仕事しろ!!!!!!!!」等の声を振り切って、
高速バスに乗り込んだわたくし。
バスは順調に走り、私カマクラは隣りに座ったオバサマの肩に寄り添いつつ(ヨダレを流し寝こけつつ)新宿へ。
目指すは「新国立劇場」ただその一つ!
・・・・・何度となく東京には行きましたが、その度にバスの車窓から見上げてきたその姿。
しかし今回はいよいよ足を踏み入れるのです!
なんとかボケたアタマと根性をシャッキリさせながら、18時15分会場入り。
刻一刻と自分の心臓の音色がはっきりと、そして早まっていくのを感じながら待つ事しばし。・・・・・・そして!

御大国本様、登場!!!
始めのうちはそのお姿ばかりを目で追ってしまい、劇になかなか集中できなかったのもほんの数秒。
国本様のあのお声が、まさかまさかこれほどまでに朗々と響き渡るとは!!!
もちろん、浪曲師として日々精進されているとはいえ、ほかの出演者たちもそれは同じ、
いえ、むしろ演劇や声楽を専門にしている方々。
声のハリ、ツヤ、声だけでなくその他の何をとっても
国本様に負けるような人々ではないのです。・・・・・それ、なのに。

国本様、まったく臆する事無く、むしろ自分の色を守りつつ、
しかしまるで蝶がさなぎから抜け出るがごとく、新しい表現の方法を確立する貴方がそこにおられたのです。

まさにそれは「メタモルフォーゼ」。
あくまで初日の感想です。 ストレートに書きすぎていたらごめんなさい。 by ぴーなっつ 02.10.11 舞台初日を観て

まず、国本さんについて。
HPの「太平洋序曲」のページにご本人?も
おっしゃっている通りの事を感じました。 つまり、
「大勢でやる・・・フルパワーではありません。 バランスには気を遣います。」
というわけで 物足りなさを感じました。
もっと大きな声を期待していたし、歌も三味線ももっともっと・・・
期待していたので。
歌い方もミュージカル仕様だったので、国本さんの声じゃないみたい。
ああいう風に統一された歌い方だと
(テレビでちょっと見ただけですが)宝塚みたいです。
個性を消されちゃったみたいで、歌は不満。

ただ、語りの部分は国本さんらしかったし 将軍の演技も楽しみました。
アンサンブルの中の一人、カンパニーの一員、ジグゾーパズルのワンピース。
やっぱり私が求めているものは、これじゃない〜。
国本さんの役は国本さんにしか出来ないと思いましたが
あれが国本さんの魅力、実力の全てではなく、
ほんの、ほんの、氷山の一角だ、ということを 観客にわかってもらいたい。
初めて国本さんを観た人は驚くかもしれませんが
国本さんの魅力がほんのちょっとしか出ていない。

作品について・・・は
昨日は国本さんばかりを追って観ていたので 全体的にはちゃんと観ていませんでした。
何度も観るから、という気の緩みもあったでしょうが
それにしても、あくまでも私個人の感想を正直に言うと
それほど・・・ブラボーという感じでは・・・
あまりに前評判が良かったせいで、歌も踊りも舞台も何もかも
良くて当たり前、と思っていたからでしょうか・・・。

確かにとても個性的でレベルの高い舞台だとは思いましたが・・・
やはり、個人の趣味の問題ですね。
20代の頃はたまにミュージカルも観に行ったのですが
最近は全く観ていませんし
自分がミュージカル体質ではなくなった、ということかもしれません。
最初からこんなにトーンダウンしてしまって ごめんなさい。

作品の深さが理解できていないのだと思います。
あと5回観るうちに感想もまた変わってくると思います。
そして、毎回客席の雰囲気でもまた、変わりますよね。
もっと熱い客席になっていくことを期待しています。
 

太平洋序曲情報は7つの情報があります。
ヤフーなど検索エンジンでこのぺーじを訪れた場合は
左の猫をクリックして下さい。
このディレクトリーのトップに飛びます、左ページ下にコンテンツメニューが 有ります。

1. 「かわらばん」国本武春スケジュール
2. 「太平洋序曲」ミュージカル太平洋序曲情報
   (5つ情報のと2つのサブ情報が存在し、たっぷりとお楽しみ頂けます)
3. 「観客養成講座」古典浪曲情報
4. 「ライヴティアラ〜」最近の音楽活動情報
5. 「サクラ大戦」情報
   5種類10個のコンテンツが存在します。
 
※一番下のバーナーでこのホームページのトップへ戻ります。