リンカーンセンター・フェスティバル2002 「太平洋序曲」

2002年7月10日(火)〜14日(土) ニューヨーク リンカーンセンター
米国からの招待での公演は四文字熟語で「空前絶後」と書くやつです。

 7月9日から始まったニューヨークはリンカーンセンターのエイヴリーフィッシャーホールでの米国公演、初日は一日中チケット売り場に人が並び、満席(舞台がH席まで張り出しているのでその周辺は空席あり)状態。二日目は3階席まで満員そして三日目からは立ち見も出る超満員。日本語による公演にこれほど人が集まるとは「あっぱれニューヨーカー」まってましたの掛け声はありませんでしたが、最後はスタンディングオベーションとブラボーの嵐で亜門版「太平洋序曲」を賞賛。ニューヨークの観客の反応のすごさにビックリ!!

 

★★エイヴリーフィッシャー・ホール3階席までうめつくした満員の観客は連日のスタンディンオヴェーション★★
 

いや〜それにしても・・うけましたよ〜!! おいおい、ホントか?と言う位うけましたよ〜。
3階席までびっちりのお客さんが ひとり残らずスタンディングオベーション。
そんなに簡単に立っちゃっていいの?・・って思うほど。


 歌が終わると嵐のような拍手が会場を埋め尽くし、次の場面 にはピタとやむ。まるで観客養成講座の優等生の集まりの様、連日のニューヨーク・タイムスの広告が良かったのか三日目からは凄い反応、幕間でスタンディングが来そうな勢い。場面 転換に登場するカリスマ、鳴りやまぬ拍手の中に出てゆくため笑顔で観客と交流。

 亜門さんから 「国本さんは、誰とでも友達になってしまう!!」と感心される程、観客と一体になったステージを
展開し、なんとめったに誉めないと言うベン・ブラントレー氏からニューヨークタイムズで誉められるおまけ付きで気持ちよく演じて来ました。
 女性の通訳の方からも「ベン・ブラントレー氏からの好評価は凄いことですよ」と伝えられ次の機会には「待ってました」を米国にも・・・


6月29日の新国立劇場リハーサル室での      女将とフランス将校をけれんで魅せる治田敦さん
通し稽古、まずはカリスマの前説から
スタート。

劇評【THEATER REVIEW】

ニューヨーク・タイムズ by BEN BRANTLEY
Thusday, July, 11, 2002
「Genuinely Ugly Americans, as Viewed by the Japanese 」

ニューヨーク・ポスト、by DONALD LYONS
Thusday, July, 11, 2002
「TOKYO TROUPE'S 'OVERTURES’MOST WELCOME」

New York Dairy News by Hawaod Kissel
Friday, July, 12, 2002
「Japan Has Yen For Sondheim」

LATimes by MARK SWED, Times Staff Writer
Monday, July 15, 2002
「Cultural Fine-Tuning of 'Pacific Overtures'」
 As a spectacular introduction to that finale, Takeharu Kunimoto, the reciter, does a show-stopping routine in which he transforms a traditional three-stringed shamisen into a banjo.

L.A.Times(国本は好評)は辛口な部分も有りますが、皆誉めています。一様に西洋人をデフォルメしたコスチュームが野蛮人に見えるようです。SD(スーパー・デフォルメ)外人は当地のひとにはシャレがきついのか?しかしこの作品がニューヨークフィルのホームに招かれ2700人の席を5日間埋め尽くしニューヨーカー達の絶対的支持を受けた事は大きな自信を全ての関係者に与えてくれました。

ソンドハイム氏の究極の賛辞

 2000年10月に新国立劇場で上演の『太平洋序曲』が、スティーブン・ソンドハイム氏より、
「全てが素晴らしく、どのシーンをとってもシンプルな中に、絶対に必要な意味があり、命をもっていた。
最後の5分間は息をのむほど素晴らしかった。」
「『オペラ座の怪人』や『レ・ミゼラブル』に劣らないスペクタクル」
「非常に手の込んだことをやっていながら、全体として簡素に見せているところが素晴らしい。
一瞬たりとも舞台が空虚になることはなく、私の意図したものが確実に伝わっていた。」
「これ以上素晴らしい『太平洋序曲』のプロダクションは考えられない」
と 究極の賛辞を受け、ソンドハイム氏の強力な推薦により、
7月にニューヨーク、リンカーン・センター、9月にワシントン、ケネディ・センターからの招待により、
米国での公演が実現する運びとなった訳です。

上のカットは初日のパーティーでのワイドマンさんと巨匠ソンドハイムさん。
左は翻訳と訳詞をされた橋本邦彦さんと園岡さん。

翻訳は歌舞伎からヒントを得た“不思議な英語”で書かれた
この物語を日本語にするのは大変。
ソンドハイムの歌詞は完璧に訳詞するには
言葉の洪水で不可能、歌詞のコンセプトを
くみ取り日本語にする大変な作業だったそうです。


原題の「Pacific Overtures」はペリーの“日本遠征記”の中の言葉Pacific(平和的)Overtures(提案)に由来。このタイトルの方が劇評を読んで行くのに納得し安いのではないでしょうか?

西洋に触れ変化を遂げる「香山」が日本の象徴として描かれています。

     

公演が終わって小鈴まさ記さん原慎一郎さんらと、ボールパークでリラックス。

  ニューヨークメッツの ホーム・グラウンド シェア・スタジアム

 

帰国
     
小国本通信 
「太平洋序曲」【観ました!】 ファンの掲示板より

【観ました!】
女性 会社員 ◎ 2002/07/10(Wed) 13:58

「太平洋序曲」観て参りました。ただただ素晴らしい!!!
国本さんは勿論、他の方々も最高!
日本のミュージカルってこんなに素晴らしいんだとただただ関心するばかりでした。随所に語り、三味線でいつもの国本さんが登場し、役者としての国本さんも披露下さいました。最後はスタンディングオヴェーションを受け高い評価を頂けるのではないかと確信致しました。明日が楽しみです。
と つくばねさんのニューヨークリポートが入っています