New York Daily News Onlineにはカリスマの写真とこんな文章も有りました。 the distinctive, growling quality of the Japanese male voices creates its own drama.
国本(日本人男声)の特殊なうなり、それ自体ドラマを上質に作り上げている。

劇評

Tne Arts から
E1の記事が左です。

E5にももう少し紙面を
割いた記事があります。

キャストの演技の評はこれだけだと思うのですが

The proceedings are
appropriately annotated with an almost vaudevillian panache by
Takeharu Kunimoto as the Reciter.

進行は国本武春のヴォードヴィル的な華々しさで的確に注釈されている。

下にニューヨーク・タイムスの英文があります。

その下につくばねさんの訳があります。

2000年とは場面によっては明らかに違いが有ります。どう違うかは見てからのお楽しみです。



 

★★エイヴリーフィッシャー・ホール3階席までうめつくした満員の観客は連日のスタンディンオヴェーション★★
 

Genuinelely Americans,
As Viewed by the Japanese


By BEN BRANTLEY


 The barbarans are indeed a the gate,
and they are awful to behold. Their feral,
matted hair is as wild as a Gorgon's, their
faces distorted by the kinds of growths
found on exotic baboons. Their leader, who
stands at least seven feet tall, towers like
doom incarnate. Tremble and recoil, citizens
of the land: the Americans have arrived.
 This herd of invaders, clomping into view
on the 60-foot runway that slices through the
audience at Avery Fisher Hall, belongs to
the inspired reconsideration of the 1976
musical "Pacific Overtures," which has been
directed with bountiful verve and
imagination by Amon Miyamoto for the New National Theater of Tokyo and is part of the
Lincoln Center Festival 2002.
 The coming of Commodore Perry and his
troops to the shores of Japan has always
been a showstopper in Stephen Sondheim
and John Weidman's fable of gunboat
diplomacy and cultural transformation.
Those who saw the original Broadway
production still marvel at
the immense paper dragon of
a ship created by the fabled designer
Boris Aronson.
 But Mr. Miyamoto and company have
devised their own highly original coup de
theatre for the occasion, and it, too, is sure
to linger in the memory. The ships are seen
only as fleeting, ambiguous shadows. But
the Ameficans, whose grotesquely stylized
appearances here were inspired by 19th-
century Japanese poster art, are canopied
by a vast American flag that shoots across
      Confinued on Pαge5
Ben Hiura, center,
in the New Nadonal Theater
of Tokyo's production of
Stephen Sondheim
and John Weidman's
"Pacific Overtures,"
presented in the Lincoln Center Festival 2002.

Continued From First Arts Page
the theater's ceiling amid a flash of
eye-searing light.
 Unlike the flags so abundantly on
display throughout the United States
recently, these Stars and Stripes rep-
resent not freedom but suffocation. It
is as if the sky has been shut off to
the Japanese by the strange new
breed of men that has come to Kan-
agawa in 1853.
 When"Pacific Overtures"first
opened at the Winter Garden Thea-
ter, in an opulent Kabuki-style pro-
duction directed by Harold Prince,
many reviewers were left cold by the
Show's heroic artistic daring. For
some, the essential problem lay in
the idea of Americans trying to rep-
resent a Japanese point of view.
In The New York Times, Walter
Kerr described it as a work without
"specific emotional or cultural bear-
ings" in which the audience is
"drawn neither East nor West." He
went on to ask of the ersatz Japanese
approach, “Why tell their story their
way, when they'd do it better?"Mr.
Miyamoto has risen to the implicit
challenge in Kerr's question and has
retranslated "Pacific Overtures" in
ways that go far beyond language.
(The show, which runs through Sat-
urday, is performed in Japanese
with English supertitles thatpresent
Mr.Sondheim’s original lyricslarge−
ly verbatim.) The form and theme of
the musical remain basically the
same. It's the scale and stylethat
have changed, and therein lies a
world of difference.
 The eye-filling splendor of Mr.
Prince's production(which influ-
MAKE DREAMS COME TRUE :
 THE FRESH AIR FUND PACIFICOVERTURES
Music and lyrics by Stephen Sondheim;book
by John Weidman;additional material by
Hugh Wheeler. Original Broadway production
directed by Harold Prince and produced by
Mr. Prince in association with Ruth Mitchell.
Directed by Amon Miyamoto; music director,
Kosuke Yamashita; conductor, Jun Nishino;
translator of book and lyrics, Kunihiko Hashi-
moto; sets by Rumi Matsui; lighting by Yasu-
taka Nakayama; costumes by Emi Wada;
sound by Kunio Watanabe; Choreography by
Rino Masaki; fight scenec oordinator,Akinori
Tani. Produced by the New National Theater,
Tokyo, artisticdirector, Tamiya Kuriyama;
PrOducers,MarikoTakaseandSatoshiKi-
tazawa Presented by the Lincoln Center Fes−
tival 2002. At Avery Fisher Hall, Lincoln Cen−
ter.



WITH:Takeharu Kunimoto, Norihide Ochi,
Ben Hiura, Haruki Sayama, Usaburo Oshima,
Shintaro Sonooka, Atsushi Haruta, Yuji Hirota,
Akira Sakemoto, Masaki Kosuzu, Kanjiro
Murakami, Shuji Honda, Kirihito Saito,
Makoto Okada, Shinichiro Hara,
Takanori Yamamoto,
Kyoko Donowaki, Urara Awata,
Shunpo, Mayu Yamada and Takeshi Ishikawa.
enced even the smaller York Theater
revival in 1984) has been abandoned
for a simpler approach that emphasizes
performers over spectacle. The
theatrical tradition that informs the
evening is not the picturesqueness of
Kabuki but the relative austerity of Noh.
 Enacted within Rumi Matsui's
templelike frame, where shifting
screens define the space, the show
puts humm responses at center
stage instead of the epochal events
thatelicitthosereponses.Theattitude 
goes some distance toward
bringingwarmthtoanessentially
abstract show, a work that Mr. Sondheim
has said" is entirely about ideas."
Mind you, Mr, Weidman's book
still doesn't give the impression that
it's reaching for complex character
portraits. The two principal figures
− Manjiro(MasakiKosuzu)and
Kayama(ShujiHonda), men of
different classes who are differently
transformed by Western
influenceremain symbolic figures,
moving through the evening as
schematically as chess pieces.
 Yetthere is a beguiling spirit of
intimacy abroad that lets you freshly
appreciate the ingenuity and
emotional variety of Mr. Sondheim's
songs. As performed by seven
musicians, in often minimalist
arrangements, the score registers the
calculated tensions between
Eastern and Western sensibilities
all the more piquantly.
 The simple charms of " Poems, " in
which Manjiro and Kayama forge a
friendship by exchanging verse on a
journey, have never been more
evident. The same is true of the barbed
comic appeal of " Chrysanthemum
Tea, " in which a decadent shogun is
poisoned by his mother, and
"Welcome to Kanagawa, " in which a
madam and her prostitues anticipate
the arrival of lusty American sailors.
 With wryly ritualized choreography
by Rino Masaki, these numbers
have a cozy , satiric spirit that brings
to mind the droll homespun pageantry
of Joan Littlewood's “Oh! What a
Lovely War." The proceedings are
appropriately annotated with an
almost vaudevillian panache by
Takeharu Kunimoto as the Reciter.

 Because Mr. Sondheim's lyrics are
calculatedly less intricate than usual
in "Pacific Overtures," seldom do
you feel you're missing something by
not hearing them sung in English.
Only with the elaborate patter num--
ber, " Please Hello. " in which admi-
rals of many nations descend in an
ambassadorial babel, does some-
thing seem to be lost, as it were, in
translation.
 A couple of songs are short-
changed by lackluster stagings, in-
cluding the wonderful " Bowler Hat, "
in which Kayama metamorphoses
into a Western businessman. But the
climactic "Next," which portrays
Japan's rush through the 20th centu-
ry, has been dazzlingly expanded and
reimagined.
 Both Japan's military aggression
in World War II and the bombing of
Hiroshima are chillingly represented
here (as they were not in the origi-
nal). And when the performers, who
have fallen to the floor after an atom-
ic eruption of light, rise to their feet
to dance robotically into the comput-
er age. the blessings of techological
progress seem unsettlingly dubious.
 In reinterpreting an American mu-
sical about their own country, Mr.
Miyamoto and company have be-
stowed a great gift upon New York:
a chance to see muscle-flexing
Americans as aliens at a moment
when it is especially crucial for the
United States to understand how it is
perceived internationally.
"Pacific Overtures," of course, of-
fers only one perspective, which is
admittedly limited and distorted.
This is acknowledged in an exquisite-
ly performed version of “Someone in
a Tree," a ravishingly contemplative
song that presents different points of
view on the first meeting of Japanese
and American delegates.
 The witnesses who give their testi-
mony here− a boy in a tree, a
warrior guarding the hut where the
meeting took place− can offer only
splinters of this historic moment.
"It's the fragment, not the day," they
sing. "It's the ripple, not the sea."
 Vision is always only partial, the
song suggests; memory is always
imperfect. Still, fragments add up.
Those assembled in this fascinating
production add a welcome new di-
mension to across-cultural mosaic.

実にみにくいアメリカ人・日本人の視点 国本版・訳 by つくばね + 前田ファミリー

 野蛮人がすぐそこに来ている。彼らは見るからに恐ろしい。彼らのごわごわの髪はゴルゴン[見るものを石にするギリシャ神話の蛇髪の三人の女]の様に乱れ顔は異国のなヒヒの様にこぶで歪められている。彼らのリーダーは2m強の巨体で悲運の化身の様に聳え立つ。土地の者どもよ、震えたじろげ:アメリカ人の到来だ!

  この侵略者の群れはエヴァリーフィシャーホールの観客席を切り抜く20mの花道の向こうからドカドカと現われる。この様は1976年のミュージカル「太平洋序曲」の見事な再考察であり、豊かな気迫と創作力をもって宮本亜門氏が新国立劇場の為に演出したものである。今回Lincoln Center Festival 2002に参加する事となった。

  武力による外交と文化の変遷をテーマに扱った、スティーブン・ソンドハイム氏とジョン・ワイドマン氏によるこの作品の中で、観客が一番受ける箇所はペリー提督と兵隊達が日本の海岸に辿り着く場面 だった。オリジナルのブロードウェイショーを見たものは伝説的なデザイナー、ボリス・アロンソン氏の巨大な紙の船に今でも驚嘆を覚える。
しかし、宮本亜門氏らは今回独自の工夫で劇の一撃[coup de theatre]を披露し、これもまた人々の心に残ることになるだろう。黒船は儚く不明瞭な影としてしか現されていない。アメリカ人のグロテスクな姿は19世紀の版画にヒントを得たものであり、彼らの姿は一瞬の光の中、天井から放たれる巨大な星条旗によっておおわれる。
 最近アメリカのあちこちで飾らている星条旗の意味とは異なり、この劇の中の旗は自由でなく息苦しさを表す。これは1853年に到来し、あたかも日本人にとって空(自由)が断たれたようだった。

 ハロルド・プリンスの豪華な歌舞伎スタイルの演出で「太平洋序曲」がWinter Garden Theaterで初演を迎えた時、多くの批評家は大胆で大げさな芸術性に対して冷ややかだった一部の人達は日本時の視点をアメリカ人が描こうとする事に根本的な間違いが有ると感じた。
 NY Timesのウォルター・カー氏はこの作品を「はっきりとした感情や文化的な方向性」を持たないものだと評し、その為観客は東洋、西洋のどちら側にも付くことが出来ないとした。
 更に、カー氏はこの模造的な日本の表し方に「なぜ日本人の話をアメリカ人が語るのか、実際は日本人の方がうまく語れるはずなのに・・・」と疑問を投じた。 この暗黙のチャンレンジに宮本氏が立ち上がり、「太平洋序曲」を言葉の範囲を遥かに超えて解釈した。(土曜日までの公演は日本語で行われる。英語の字幕スーパーは基本的にソンドハイム氏のオリジナルのままである。)ミュージカルは基本的にその形、テーマ、共に変わらない。しかし、そのスケールとスタイルが変わりそこに今までとの雲泥の差を見ることができる。
 豪華さで目に訴えるプリンス氏の演出は1984年により小さいYork Theaterで再演にも反映された。しかし宮本氏はその豪華なスタイルをやめ、もっとシンプルに取り組み、見た目ではなく出演者を強調した。それにより披露された劇は豪華な歌舞伎ではなく簡素な能の舞台となった。

  松井るみの神社を思わせる枠、動くスクリーン(板)が空間を表す中で、時代の出来事ではなく、それによって起こる人間の反応を中心に据えた劇を展開した。宮本氏は本質的には抽象的ではっきりしないこの作品に人情(人間)を感じさせるよう力を注いでいる。ソンドハイム氏によるとこの劇は「全て発想・アイデア」によるものだそうだ。
 しかし、ワイドマン氏の台本では複雑な人間関係が描かれている訳ではない。二人の主人公、<万次郎(小鈴まさ記)と香山(本田修司)は異なる身分の出身であり、西洋の影響を受けそれぞれが異なる変化を遂げる> はシンボルに留まりチェスの駒の様に舞台で動きまわる。
 しかし、そこには親密な作用があるため、ソンドハイム氏作詞作曲の歌がいかに才能豊かで、様々な感情を表現したものであるかを認識することが出来る。7人のミュージシャンによるミニマリストなアレンジによるためスコアには計算された東洋と西洋の感受性の緊迫感がよりはっきりと表れている。
 「Poems」のシンプルなチャームは、万次郎と香山が旅をしながら俳句を交し友情を築く様に今まで以上にはっきりと表されている。同じく「Chrysanthemum Tea」では退廃的な将軍が母親に毒殺され、「Welcome to Kanagawa」では女将と女郎が性に飢えたアメリカ人水兵を見込んでいる様がコミカルに表現されている。
 麻咲梨乃による儀式的で皮肉たっぷりの振付には心地良い風刺の要素があり、ジョン・リトルウッド氏のコミカル、素朴で壮観な「Oh! What a Loverly War」[なんと素晴らしき戦争]を思わせる。話が進行する中、まるでヴォードヴィル芸人的な堂々たるナレーター役の国本武春がつぼを押さえた注釈を加えている。
 「太平洋序曲」の詩は他のソンドハイム氏の詩ほど計算された複雑さが少ないため、英語で歌われていなくても何か聞き逃した思いが少ない。しかし、複雑な早口歌の「Please Hello」で多国の海軍将官が集結し大使の言葉が混乱する場面では日本語に訳されたことにより何かが失われた感じがする。
 幾つかの歌はパッとしない演出によって物足りない。その中には西洋のビジネスマンに変身していく香山を描いた見事な「Bowler Hat」が含まれる。一方、クライマックスの「Next」で描く20世紀日本の急速な成長は再構成され、輝かしく拡大描写 されている。
 第二次世界大戦の日本の軍事侵害と広島原爆は何れもぞっとするような恐ろしい描写 がされている。(オリジナル作にはない)。また、原爆を表す光が炸裂する中、出演者が床に倒れて再び立ち上がりコンピュータ時代に向ってロボット的に踊り出すと、技術進歩の恩恵が怪しげで不安に映る。

 自分の国を描いたアメリカのミュージカルを新たに翻訳する事で宮本らはニューヨークに素晴らしい贈り物をした:国際的にアメリカがどの様に評価されているか知ることが極めて重要な今、武力誇示するアメリカ人をエーリアン[第三者]として見る機会を与えてくれた。

 「太平洋序曲」は勿論一視点を提供するに過ぎず、限界と歪みを含む。それは日本とアメリカの代表者が初めて会合を持った時の異なる視点を描いた歌、とても考えさせる歌「Someone in a tree」に認められる。これはとても素敵に演奏されていた。
目撃者 <木に登った男の子、会合の場となった小屋の守番> の証言はこの歴史的瞬間のほんの裂片しか提供できない。「これは一瞬、一日ではない」、「これは波、海ではない」と歌う。
視界は常に部分的であると歌は提言する。記憶は常に不完全。しかし、断片はつながる。

今回のすばらしい数々の演出は、文化交流を表すモザイク画に新たな喜ばしい側面 を加えることになった。

 

 
     
小国本通信 
「太平洋序曲」【観ました!】 ファンの掲示板より

【観ました!】
女性 会社員 ◎ 2002/07/10(Wed) 13:58

「太平洋序曲」観て参りました。ただただ素晴らしい!!!
国本さんは勿論、他の方々も最高!
日本のミュージカルってこんなに素晴らしいんだとただただ関心するばかりでした。随所に語り、三味線でいつもの国本さんが登場し、役者としての国本さんも披露下さいました。最後はスタンディングオヴェーションを受け高い評価を頂けるのではないかと確信致しました。明日が楽しみです。
と つくばねさんのニューヨークリポートが入っています