6月29日新国立劇場で「太平洋序曲」の通 し稽古が開かれました。

2002年の6月29日(土)新国立劇場は地下2階にあるリハーサル室にてブロードウェイミュージカル「太平洋序曲」の公開通 し稽古が開かれました。

 左右にオケを配し、木目一色の奥からなだらかな傾斜を付けた仮舞台の上、カリスマの「このミュージカルの成功は、本日の皆様の拍手一つにかかっています。素晴らしい舞台には“強く、細かく、歯切れ良い”拍手をもってニューヨークへ送りだして下さい。」との一言から舞台はスタート。
  キャストの衣装はニューヨークへ送り出したため、仮衣装での登場(カリスマは写 真のスタイルにプラスα)。舞台の内容は見てのお楽しみですが、すぐ目の前の舞台で繰り広げられるミュージカル、出演者の汗が霧となり踏みならす足音が会場に響き渡る。その熱気が見るモノにひしひしとつたわります。前回より、より練られた舞台が一気に2時間半展開しました。その間カリスマはナレーターから将軍になり、影で泣き(香山の内なる声を演じ)またナレーターにもどりと大活躍!そして15分の休憩をはさんでの後半へとつながります。ラスト曲「ネクスト」は新しい歌詞を加えて2002年版の
ネクストになりました。ニューヨークに集まる、著名なライターの喝采が目に見えます。

 

★★国本の前説と稽古後のスタッフ・キャストとの2ショット、この顔を見ればNYは大成功です。★★
上のフレーズ見事にあたりました!


6月29日の新国立劇場リハーサル室での      女将とフランス将校をけれんで魅せる治田敦さん
通し稽古、まずはカリスマの前説から
スタート。


衣装の巨匠 ワダエミさん「世界でブレイクします」と力強い一言 将軍の母でカリスマとからむ佐山陽規さん


老中と我が侭な祖母を熱演の大島宇三郎さん           香山役の本田修司さん 皆さん額に大汗の大熱演でした!

2002.6.30
宮本亜門「太平洋序曲」、ソンドハイム氏の強い推薦で、アメリカ公演実現!

日本の劇評などでは、「浪曲師の国本武春をナレーターに起用するなど、
異色のキャスティングが面白い」
などと評されていますが
米国では発声法の違うカリスマをどう見るのでしょうか?
文化背景の違う国での公演では笑いの部分がどう伝わるかが興味深い所です。

ミュージカルの評価は見えていますが、その様な点に興味がもたれる所です。
早くニューヨークの批評を読みたいモノです。
太平洋序曲情報は6つの情報があります。
コーナートップへ猫をクリック

ヤフーなど検索エンジンでこのぺーじを訪れた場合は
右の猫をクリックして下さい。
このディレクトリのトップに飛びます、左ページ下にコンテンツメニューが 有ります。
1. 「かわらばん」国本武春スケジュール
2. 「太平洋序曲」ミュージカル太平洋序曲情報
   (4つ情報のと2つのサブ情報が存在し、たっぷりとお楽しみ頂けます)

3. 「観客養成講座」古典浪曲情報
4. 「ライヴティアラ〜」最近の音楽活動情報
5. 「サクラ大戦」情報
   5種類10個のコンテンツが存在します。



・著作物の無断転載は申し訳有りませんがダメなのだ!!問題になると大変です!!