2003年9月2日 東京・南青山「曼陀羅」 
津軽三味線の佐藤通弘さんとの競演「うたざいもん」が18年ぶりの復活!
会場は普段よりファン層が多彩、
会場は 大江千里さんや高田文夫さんからのステージ花で彩り
米国出発直前の力の入った公演になりました。

それにしても、千里さんのステージ花なんと不思議なアレンジ
  あの派手なアフリカのジャングルの様な草花はなんという種類なんだろう?
鶏頭しか分かりません???

初演は 1985年--1986年にかけて全6回の公演でした。
 

◆第1部◆

佐藤通弘(津軽三味線)
佐藤通芳(津軽三味線)

津軽よされ節
津軽音頭
津軽三下り
田名部お島コ節
むかしむかし
津軽三味線曲合わせ
夏、宵、祭り

◆第2部◆

国本武春

アジアの祈り
おいらとお前のバラード
堪忍ブギ
巌流島うた絵巻

◆ 第3部◆ 

うたざいもん

たけぼう・・・国本武春(謡・語り)
みちぼう・・・佐藤通弘(三味線) 
佐藤通芳(太鼓)    

月/日
2003年 イベント・開演時間
出 演
会 場
料 金
問い合わせ先
9/01
(月)
うたざいもん LIVE
開演19:30
佐藤通弘
国本武春
南青山MANDALA 幻のユニット「うたざいもん」衝撃の再結成! 渡航直前ライブ
自由席
ドリンク付

4500円
(問)南青山MANDALA
03-5474-0411

2003年9月1日 南青山曼陀羅

「うたざいもん」復活

三部構成に別れたこの日のライブ
一部は佐藤通弘さんの津軽三味線から舞台はスタート
佐藤通弘・佐藤通芳親子の津軽三味線が会場の
空気をふるわせ、聞く者のハートに直接響きます

二部はカリスマが“待ってました!”の掛け声に
のって 登場、空気がゆるみます。
軽く掛け声教室〜アジアの祈りへ
おいらとお前のバラード〜
堪忍ブギで会場と一体に
堪忍袋の緒が切れた人と言えば・・・
巌流島うた絵巻で二部が終了

門付け芸人たけぼう、みちぼうが下総の国で覚えてきました“佐倉義民伝”何処へ行っても聞いて貰えない・・・
「うたざいもん」が始まります、津軽三味線と浪曲が18年前に出逢い、創り上げた作品が甦ります。まだ門付け芸が有った時代二人の若者が当時の夢の舞台へ挑戦をする物語。民謡をも織り交ぜながら通 弘さんの三味線に乗せて時にうなり時に語り長編の物語が 展開してゆきます。
 今回は全六回演じた 「うたざいもん」の第2回目の再演、これからどうなるんだと思った瞬間“丁度時間となりました〜”と・・・これは浪曲のなんだ!と思わせる瞬間でした。
最後は「うたざいもん」のおなじみの?テーマソングで幕をひきました。


これが前回の「うたざいもん」

1985年12月19日 
東京・原宿アコ・スタジオ