千石絵巻

2003年8月4日(月)
東京・千石
三百人劇場
初日

 国本武春 
曲師;沢村豊子

2003年8月5日(火)
東京・千石
三百人劇場
楽日

 国本武春 
曲師;沢村豊子

千石絵巻の初日は古典浪曲から

まってました!掛け声にのって武春が登場いたします
千石絵巻の初日が古典浪曲からはじまります

紺屋高尾(こうやたかお)」
 ♪〜 傾城(けいせい=遊女)に誠ないとは誰(た)が言うた・・・

お江戸の“紺屋(染物屋)職人”久蔵と“吉原の花魁”高尾太夫との純愛物語。
 ♪〜来年三月高尾が来る、三月高尾で高尾が三月・・・とハッピーエンドのハリウッドスタイルの物語、木が鳴った時には聞き手の心を温めるホッカイロ?のようなお話しです。

曲師:沢村豊子

※落語では三遊亭円生師匠の演目で有名なこの話し、
 平成のカリスマ国本武春の十八番でもあります。

 

場内に流れる不思議なコーラスに乗せて、三味線が絡みます。
♪〜 あんがらずーだらすたんびらーばら あんがらずーだらすたらびら〜〜
「アジアの祈り」から客席を巻き込んで後半が始まります

たっぷりと“あんがら”を楽しんだあとは
ノリノリの〜 「堪忍ブギ」〜歌の掛け合いもソウルフルで おもわず客席で立ち上がる人も

「たっぷり」「名調子」「日本一!」「いい男!」と掛け声教室に進みます
〜頃は元禄十四年春三月の十四日、所は殿中松の廊下〜 忠臣蔵の幕が開きます

メインディッシュはザ・忠臣蔵「殿中刃傷〜田村邸の別 れ」ザ・宮本武蔵「巌流島うた絵巻」
いずれも、弾き語りの傑作!聞く者の脳裏に物語の情景がくっきりと浮かびます!
これが国本マジック、日本人なら“国本のライブを見なきゃ”と言い切れる時間が流れます

最後は「えーじゃないか」 お越しの皆さんえーじゃないか・えーじゃないか 国本武春えーじゃないか・えーじゃないか
御陽気に初日が終了いたしました。

◆浪曲を教えるカリスマ◆

掛け声教室の続きは
忠臣蔵で浪曲をレクチャー

・江戸城松の廊下
吉良上野と浅野内匠頭
二人の諍い
上野「ふなじゃ・ふなじゃ・フナ侍とはそなたのコッ」
内匠頭「おのれ上野覚悟!」
 と全員で大熱演!

割ってはいる梶川さん
「殿中でござる・殿中でござる」と刃傷沙汰を止めにかかります


 

 

千石絵巻の楽日

弾き語り「松山鏡」
まだ『鏡』というものがとても貴重で、庶民は知らなかった時代のお話し。
 越後の国、松山村の庄助さんという百姓がたいへん親孝行であるということがお上に達し、
ご褒美を賜ることになりました。庄助さんは褒美を辞退しますが、お上再三の勧めに
“亡くなった”おとっつあんに会いたいと・・・

ザ・忠臣蔵「吉良邸討ち入り」
まずは、殿中刃傷のおさらいから会場は温まります。討ち入るまでの大石内蔵助の胸の内をカリスマが解説
討ち入り前はファンクのリズムにのせてクラッピングと振りの説明そして全員で吉良邸に討ち入ります
♪アコーロウシ アコーロウシ はーっ はーっ

本懐を遂げ、バラードにのって泉岳寺に向かう赤穂浪士の面々
大石内蔵助、片岡源吾衛門、堀部安部衛、大石主税、矢頭右衛門七
昇る朝日が四十七士を照らし出します

“日本一!”の掛け声とともに楽日前半の終了です

◆ 古典浪曲 ◆

佐倉義民伝 甚兵衛の渡し場

物語は四代将軍家綱の時代。重い年貢を 軽減してもらおうと佐倉藩の農民の代表・佐倉惣五郎たちは
郡奉行・勘定 頭・家老などに訴えますが、効果はまるでありませんでした ...
惣五郎は将軍への直訴を胸に秘め今生の別れにと、故郷に戻ろうとします。
しかし故郷を目の前にして、印旛沼を渡る船が封印されている事を印旛沼の渡し守、船頭甚兵衛から知らされます・・・

皆様、佐倉義民伝は国本武春に浪曲の神様が降りてきます、
まあ毎回降りてくるとは限りません、何度も聞いていただきたい演目です
そんな火の出るような舞台に当たったら、こんな幸せなことはありません!

 

 
   
   

 

月/日
2002年 イベント・開演時間
出 演
会 場
料 金
問い合わせ先
 
国本武春

 

 

 

国本武春

 
 
 
国本武春