どかーん!武春劇場 in PARCO Vol.4  国本武春〜日本浪曲史と気さくな黒船〜






 


07/04
(水)
東京 渋谷
パルコ劇場19:00〜
「どかーん!武春劇場Vol.4」 初日  
 第1部 日本浪曲史〜浪曲の誕生  出演:国本武春 曲師:沢村豊子
 第2部 ブルーグラス ザ・ラストフロンティア

全指定席
5,000円

(問)パルコ劇場
03-3477-5858
07/04
(木)
東京 渋谷
パルコ劇場19:00〜
「どかーん!武春劇場Vol.4」 二日目 
 第1部 日本浪曲史〜大劇場とSP盤  出演:国本武春 曲師:沢村豊子
 第2部 ブルーグラス ザ・ラストフロンティア
全指定席
5,000円
(問)パルコ劇場
03-3477-5858
07/04
(金)
東京 渋谷
パルコ劇場19:00〜
「どかーん!武春劇場Vol.4」 三日日  
 第1部 日本浪曲史〜ラジオの時代  出演:国本武春 曲師:沢村豊子
 第2部 ブルーグラス ザ・ラストフロンティア
全指定席
5,000円
(問)パルコ劇場
03-3477-5858
07/04
(土)
東京 渋谷
パルコ劇場15:00〜
「どかーん!武春劇場Vol.4」 四日目 
 第1部 日本浪曲史〜歌謡浪曲の登場  出演:国本武春
 第2部 ブルーグラス ザ・ラストフロンティア
全指定席
5,000円
(問)パルコ劇場
03-3477-5858
07/04
(日)
東京 渋谷
パルコ劇場15:00〜
「どかーん!武春劇場Vol.4」 千秋楽 
 第1部 日本浪曲史〜浪曲誕生  出演:国本武春
 第2部 ブルーグラス ザ・ラストフロンティア
全指定席
5,000円

(問)パルコ劇場
03-3477-5858
         
国本武春の日本浪曲史 連続5日間公演
パルコ劇場 初日:『浪曲の誕生』
浪曲は講談、落語、歌舞伎、義太夫、長唄といった、
さまざまな芸能の要素が詰まって成り立っています。
そんな浪曲の始まりは、説教節、祭文、浮かれ節、阿呆陀羅経。
江戸の昔、路地裏で演じられる大道芸でした。
これが浪曲の誕生です。 浪曲誕生で、初日の幕が開きました。

◆◆◆ー国本武春が登場致しましたー◆◆◆
私、これまでいろいろと好きなことをやってまいりましたが、
やりたくてもどうしても出来ないことがひとつございます。 それはタイムスリップであります。
もし自分が今浪曲全盛期の明治、大正の時代に生きていたら一体どうなっているだろう?・・・・・・
などと思うわけであります。その夢はかないませんが、
これからの5日間はまさしくその時代時代に行ったつもりになり皆さんと楽しんで参りたいと存じます。


◆デロレン祭文 雷電(ほら貝、釈錠)
「ありがとうございます。今から思うと何とも言えない間が新鮮ではありますが、このままではいけない。もっとテンポのいいものが・・・」
◆ちょんがり節 お寺づくし(木魚)
「ありがとうございます。いくらテンポが良くてもこれからの世の中、
木魚じゃしょうがね〜・・」
◆あほだら経 (三味線)

上:初日の舞台は門付けのシーンから
下:(よしづ張りの高座と共に豊子師登場)
 


「お〜、あんたがお豊さん、よろしく頼むよ。ハイそれでは皆さん、上方よりやってまいりましたこれが本邦初公演の浮かれ節!聞かなきゃ損だよ、聞かなきゃ損だよ!はい皆さん押さないで押さないで。その線から入らないようにね。、じゃお豊さん、一発行ってみようか!!」
◆浮かれ節 岩見重太郎
だけどな〜いつまでもこうやって小屋掛けで、しかも露天でやってたんじゃ 駄目だな〜。
俺たちも落語や講釈の連中のように寄席でやらしてもらえるぐらいにならなきゃな〜、なんとかしなきゃな〜・・」
この後「浮かれ節」は東京で「浪花節」と名を変えとうとう寄席に進出。
あれよあれよという間に時代の花形となって行きました。
そしてそんな明治も終わろうとしている頃、九州で修行、研究を積んだ
 我らのカリスマ、中興の祖、浪花節の神様「桃中軒雲右衛門」が出現します。
その雲右衛門とは一体どんな人物か?そしてその芸とは・・・
丁度時間となりました 続きは明日のお楽しみ
と初日の舞台「日本浪曲史」は終了します。

〜休憩〜

世界初の三味線ブルーグラスバンドの登場

ブルーグラスとはバンジョー、マンドリン、ギター、ベース、フィドルなどで演奏されるアメリカのアコースティックな即興音楽。

2003年文化庁の文化交流使として、米国の東テネシー州立大学に留学した際結成した、
「国本武春&ザ・ラストフロンティア」
のピュアで熱い演奏が始まります。

 


ジェイ・ピー・マセス2世
テネシー州エリザベストン出身、1980年12月4日生まれ、通称JP。バンジョー担

アーロン・ジャクソン
テキサス州クイットマン出身、1984年4月12日生まれ、マンドリンとヴォーカル担

ダニエル・ボナー
ニュージャージー州ブリッジトン出身、1981年12月9日生れ、ギターとヴォーカル担当

ジェイソン・アラン・クロフォード ベース担当

パルコ劇場 二日目:『大劇場とSP盤』
明治末、スーパースター「桃中軒雲右衛門」が登場。
雲右衛門はその声と芸で大劇場を連日満員にし、世の注目を浴びました。
浪曲の黄金時代へタイムスリップ!

明治の末、彗星のように登場したのが桃中軒雲右衛門であります。
それまでの座り高座を止め、前に置いた大きなテーブルには豪華な布を掛け、
曲師は屏風の後ろに隠し、衣装も紋付に袴といういでたち、
舞台を金屏風や松の盆栽などで豪華に飾り、語る内容もそれまでの
「ご入来なされた皆様方よ〜」で始まる低俗なものではなく、
優秀な作家の手による台本で忠臣蔵などの重厚なねたを美しい言葉でじっくり語るというように、
それまでの浪花節のイメージをがらっと変える演出で人々の度肝を抜きました。

その人気はまさに飛ぶ鳥を落とす勢いで、
それまで寄席で演じていた浪花節を本郷座や歌舞伎座といった大きな劇場に進出させ、
連日満員にする快挙を成し遂げました。
そしてその評判を聞きつけ、どうしても雲右衛門が聞きたいと所望された
有栖川宮大妃殿下の前での口演では、その素晴らしさに殿下から
「こころざし世に並びなき雲右衛門 雲をつらぬく心地こそすれ」
という一首まで賜るほどでした。
その芸はまさに力強く、スケール大きく、格調の高いものでありました。
木が鳴り緞帳上がる (五点セット。舞台上から「拍手、喝采御無用」「武士道鼓吹」の垂れ幕。)
(国本演ずる)国中軒武右衛門登場。

武右衛門でございます。
雲衛門先生はこのように舞台を立派に飾り、このような垂れ幕を下げ人々を 驚かせました。
しかしこれはあくまでも当時の舞台の様子を再現しただけであって
私は雲右衛門先生ではありません。拍手はどうか遠慮せずに。
もし拍手が少ないときはこうやりますので、何卒よろしくお願いいたします。
それから掛け声なども遠慮せずに。待ってました、たっぷり、名調子、日本一、
これはどんな状況であっても忘れてはいけない掛け声であります。
何と言ってもこの時代が浪曲の全盛期。
この時代に掛けないと、これより先は掛け声をかける機会がなくなってまいりますのでお忘れの無いよう・・・
では再び登場からお送りをいたします。
(掛け声練習)
本日は雲右衛門先生18番中の18番。 南部坂雪の別れ、不弁!
◆南部坂雪の別れ
(かつら取って) ありがとうございました。
この雲右衛門の人気に拍車をかけたのがレコードの出現でした。
最初はお金を取り、蝋管と言って筒状の物から出ている管をそれぞれ耳に当てて聞いていたものから手巻きの蓄音機、
そして電動式。レコード盤も外国の メーカーから日本のメーカーへと次第に需要が増え品質も向上していきました。
そのレコードの普及で雲右衛門はもとより関西の奈良丸、小円、東京の楽遊、重友、楽燕虎丸など数多くの人気者が登場しました


桃中軒 雲右衛門(とうちゅうけん くもえもん)
1873年 - 1916年11月7日)
本名は岡本峰吉。父は地方回りの祭文語りをしていた吉川繁吉。
芸名は、沼津駅の駅弁屋である桃中軒に由来する。

この雲石衛門の十八番が忠臣蔵。
1903年(明治36年)、桃中軒牛右衛門の名で
雲右衛門に弟子入りしていた宮崎滔天や、
超国家主義団体玄洋社の後援で「義士伝」を完成させる。

武士道鼓吹を旗印に掲げ、1907年(明治40年)には
大阪中座や東京本郷座で大入りをとった。
雲右衛門の息の詰まった豪快な語り口は、
それまで寄席芸であった浪曲の劇場への進出を可能にし、
浪曲そのものも社会の各階級へ急速に浸透していくことになる。

雲石衛門は明治末のユーミンか矢沢永吉か−
この浪曲中興の祖は数日間、歌舞伎座を満員にする
当代一のス−パースターだった。

国本武春は雲右衛門の“ひ孫弟子”で
師匠の東家幸楽〜東家楽燕〜桃中軒雲右衛門と遡る。
忠臣蔵は国本のお家芸。

古典作品では「赤垣源蔵徳利の別れ」「大石山鹿護送」「村上喜剣」
を演じている。

そして今回(2007年)渋谷パルコ劇場で「南部坂雪の別れ」を初演した。

このように明治の初め、まだ大道芸だった浪花節が明治の末には大劇場を満員にし、
そして大正時代、レコードに乗って浪花節は全国に広がりました。
しかしその全国に広がった浪花節人気を不動のものにしたのがラジオの出現でした。
お金持ちしか楽しめないレコードより安くしかも気軽に楽しめるラジオの登場で人々の暮らしは一変したといっていいでしょう。
毎日同じ時間、ラジオにかじりつき昨日のあるいは先週の浪花節の続きを聞く、これが当時の人々の一番の楽しみだったに違いありません。
パルコ劇場 三日目:『ラジオの時代』

昭和初期には、“大衆芸能の王者”と呼ばれるようになりました。
そしてそのラジオで一世を風靡したのが二代目の広沢虎造です。

昭和時代の浪曲師二代目広沢虎造登場
ナマ声を響かせる時代からマイクを使ったラジオ放送の時代へ
戦前から戦後にかけて「清水次郎長伝」で“虎造節”が一世を風靡します。


レコードの出現で庶民の心を掴み、
その勢いはラジオで決定的になりました。

そしてそんな中登場したのが二代目広沢虎造でした。
決して大きい声でも美声でもなく、
ネタもこれといって18番のなかった虎造は
大阪に行って修行を積み、

そして講談で人気があった清水次郎長伝に取り組み、
ついには浪曲界に留まらない大スターとなりました。

そんな虎造先生の清水次郎長伝、
今日は虎造先生に詳しい国沢武造さんに語っていただきましょう。

 

「はい、おはよう、おはよう。」
「先生、いい半纏ですね。」
「そうかい、じゃお前にやろう。」
「えっ?あ、あ、ありがとうございます。」
「ひとに物をやるってのは気持ちのいいもんだ・・じゃ、始めようか。

 今日は次郎長伝でもあんまり普段やらね〜ところをやろう。

 じゃ、お豊さん、よろしく。」

◆清水の三下奴

広沢 虎造(ひろさわ とらぞう、1899年(明治32年)5月18日 - 1964年(昭和39年)12月29日)昭和時代の浪曲師。
東京府東京市芝区(現・東京都港区芝)出身。本名・山田信一。

少年時代から浪花節が好きで、腕自慢の素人として天狗連(アマチュア芸人の集まり)で鳴らしていた。
19歳の時に上方の浪曲師広沢虎吉に弟子入り、
23歳で二代目広沢虎造を襲名、帰京。
師匠譲りの浪花節に、中京節の鼈甲斎虎丸や関東節の木村重松らの節回しを独自に取り入れた
「虎造節」で、 戦前から戦後にかけて一世を風靡した。

持ちネタは、国定忠治、雷電爲右エ門、祐天吉松など多岐に渡るが、
中でも人気を博したのが、講談師神田伯山直伝といわれる「清水次郎長伝」。
とりわけ森の石松を題材にした「石松三十石船」は人気が高く、「寿司を食いねえ」「馬鹿は死ななきゃなおらない」
などのフレーズは、ラジオ放送の普及も相まって、国民的な流行語となった。
大人気を博した浪曲ですが、戦争が近づき少し様子が変わってきます。
大衆に人気のある浪曲を使い国威を高めるため戦争浪曲なるものを口演、 放送するようになります。
そして敗戦後は台本の厳しい検閲により仇討ちもの、
侠客ものなどの口演が出来なくなりました。

そうこうするうちにアメリカからジャズやポップスが入ってきて、
娯楽は映画が全盛期を迎え、そしてテレビが出現します。
聞くものから見るものに娯楽がすっかり変わり、
浪曲はあっという間に 時代からおいて行かれ始めます。

そして浪曲界の有望な人材も歌謡界へと転身してゆきます。
パルコ劇場 四日目:『歌謡浪曲の登場』

終戦を迎え、日本にはアメリカの文化が急速に広まり、
洋楽の台頭、映画ブーム、テレビの出現などと共に、浪曲人気は衰退します。

流行し始めた歌謡曲を取り入れた“歌謡浪曲”の登場
そんな中、浪曲界の明日を担う有望な若者たちが流行し始めた歌謡曲を取り入れた新しい浪曲に取り組み始めました。

豪華な音楽で緞帳が上がる

皆様ようこそいらっしゃいました。
国波武夫でございます。

今日は私の歌謡リサイタル、お時間までたっぷりとお過ごしください。
それでは新作「森の石松道中記」からお送りいたしましょう。

◆石松道中記


ありがとうございました。
お楽しみいただけましたでしょうか?

皆さまよりも私のほうが楽しんだような気がしております。
しかし私、決して歌謡曲に魂を売ったわけではございません。

(三味を持って)

この通り、浪曲の心はひと時も忘れたことはございません。
それではその証拠に、同じ侠客伝の中から、おなじみ瞼の母。

◆瞼の母

拍手は遠慮せずに・・・
私も思えば大道芸の時代から今日まで、まさに波乱万丈の壮絶な歴史をくぐり抜けてまいりました。
今日はひとつそんな時代をくぐり抜けてきた浪曲で、是非皆様と一緒に盛り上がりたいと存じます。

今も昔も大切なのはコミニュケーション。

今私がやりました瞼の母の中にも本来はこれだけ掛け声が必要なのです。

(掛け声プレート降りてくる)

◆掛け声教室
ありがとうございました。

それでは最後にもう一曲聞いていただきましょう、「こりゃこりゃ浪花節」

◆こりゃこりゃ浪花節
盛り上げていただきありがとうございました。
しかしこの、盛り上がれば盛り上がるほど何となく寂しい気持ちになるのは
私だけでしょうか?
光や音が溢れ人々が忙しくなればなるほど、浪曲が、浪花節が全盛だった頃の世の中のリズムが懐かしく感じる気がします。

明治、大正、昭和の戦前、人々の心を掴んで離さなかった浪曲とはいったい何なのか?
そんな疑問がふと頭に横切った昭和56年、世界一優しい師匠、東家幸楽の下へ一人の若者が入門します。いったいそれは誰なのか?

国本武春の苦心談、
丁度時間となりました
いよいよ明日が最終回
パルコ劇場 千秋楽:『浪曲の未来へ』

衰退してしまった浪曲を、何とか未来に向けて再び盛り上げようと
奮闘する浪曲師国本武春!
弾き語り浪曲をたっぷりとお聴かせ致します!
千秋楽
ファンファーレとともに幕が開きます!
◆巌流島歌絵巻
いよいよ千秋楽でございます。
江戸時代の大道芸から始まり、明治の浪花節誕生、
桃中軒雲右衛門の出現、レコードの普及、
そしてラジオ、一世を風靡した広沢虎造の「清水次郎長伝」
さらには戦後の歌謡浪曲、
あるときは時代をリードしあるときは時代にすがりながら歩み続けてきた浪曲。

私が入門した1980年代は、
そんな浪曲の息吹がすっかり無くなっていた頃でした。

1年間の浪曲三味線の稽古などを経て昭和56年、1981年浪曲界に入る。
翌1982年に初舞台、浪曲師としてデビュー。

当時まだ健在だった名人達の芸を舞台の袖から触れ、その凄さに圧倒される、
と同時に全盛期の浪曲がいかに凄かったか、夢と妄想を膨らましていく。

しかしそれでも連日の観客の不入り、名人上手の死去、曲師の減少など、
現実の状況を見るにつけ将来への不安がよぎり、
そして「なんで浪曲は注目されなくなったのか?」という疑問を考え続ける。

そして「浪曲は音楽だ!」という答えを出し、
流行歌として当時の人々に評価をされていたのだ、という結論に達する。

今必要なものは三味線を使った誰でも気軽に聞ける音楽、そして語り物。
「そうだ、三味線でいろいろな曲を作ろう」
日本浪曲史 ダイジェスト
デロレン祭文(ほら貝、釈杖)  もっとリズム
ちょんがり (木魚)      木魚じゃ〜、やっぱり三味線
あはだら経 (三味線)     もっと語りたい       
浮かれ節  (三味線)     馬鹿にされず、寄席に出たい。
浪花節   (三味線)     レコードで大人気         
浪曲    (三味線)     ラジオで大人気、人気にかげり
歌謡浪曲  (カラオケ)    何かが空しい。

浪曲史を紐解きながら思ったのはやっぱり浪曲は型ではないと言う判断。
世界中に音楽があり、世界中に語り物がある。
そして世界中にそれを楽しむ人がいる。
2003年の文化交流使について・・・
人と触れ合うことで自分も相手も変化して行く。
先輩たちの芸は先輩たちの時代が、それに関った人々が作り上げた芸でもある。
ブルーグラスと出会った14歳の頃に今日のことは創造していなかったけど、私が今こうしてここに経っているのも人との出会い・・


◆バンジョーサム

そしてこれから、果たして浪曲の未来は?
丁度時間になりました〜〜〜5日間にわたってお送りして参りました日本浪曲史、
お楽しみいただけましたでしょうか?