マレーシア JSKL - クアラルンプール日本人学校開校40周年 記念公演

国本武春in マレーシア
2007年1月27日
クアラルンプール日本人学校

インターネットの時代に クアラルンプール日本人学校 PTA の皆さんの情熱で 実現したマレーシア公演
昨年(2006年)の海外放送NHKワールドプレミアム(「渋谷らいぶ館」国本武春・ザ忠臣蔵 殿中刃傷〜田村邸の別れ)の放送後
マレーシア・韓国・香港から公演依頼が・・・そして実現したのがここマレーシアの「ペスタ40!」

ここクアラルンプール日本人学校は生徒数800名を超える、世界中の日本人学校のうちでも最大規模学校。
幼稚部、小学校、中学校からなる、全ての面で充実した日本人学校。
発展するマレーシアを支える多くの日本人家族が通っています。
 
2007
01/27
(土)
JSKL
マレーシア JSKL - クアラルンプール日本人学校 公演
   
       


KLタワーから見るクアラルンプール市街 右側中央が「ペトロナスツインタワー」
クアラルンプール郊外スバンにある「在マレーシア日本国大使館附属・クアラルンプール日本人会日本人学校」開校40周年記念公演(PTA主催)


 掛け声教室
M1 ロックンロール うらしま
M2 アジアの祈り
M3 ハンバーガーKid's
M4 三味線世界旅行

M6 堪忍ブギ
浪曲教室 殿中刃傷編
M7 ザ・忠臣蔵 「殿中刃傷〜田村邸の別れ」

end ええじゃないか

 ※会場になった体育館、ぺスタ40のスタッフ皆さんの力で機材も揃い
  コンサート会場に変身しました。

 


公演は体育館にマレー人スタッフが最新の音響機材を持ち込んでスタート
カーテンで遮蔽した体育館に南国の太陽が・・・照明が難しい

カリスマ登場にも最初はざわざわ・・・年齢層も幅広く、ちらほらと青い目の人達も
「待ってました!」掛け声を練習する内に徐々に盛り上がり
「アジアの祈り」で客席はもうのりのり状態に
「忠臣蔵」でクライマックスを迎えT笑って泣いて
U参加して
クアラルンプールの皆さんも大満足といった様子

ラストはマレー織りのテーブル掛けを記念に頂いて花道から退場です。
終演後の熱気が渦巻いて人、人、人で大混雑、なかなか前に進めない状況。

なんと翌週は教室に「待ってました!」が飛び交ったとの報告が・・・

 



クアラルンプール〜バトゥケイブ(1892、建設されたヒンドゥー教寺院)への道/曲 The Lsat Frontier/The One Who Leads Me Home
この映像をご覧頂くには Quick Tine が必要です! ダウンロードページはここをクリックして下さい!

マレーシアの首都クアラルンプールのランドマーク「ツインタワー」

台湾のタイペイ101が出来るまで世界一の高さを誇った超高層ビル。縦横に張りめぐされた高速道路の各所から見る事が出来ます。

マレーシアの発展の象徴で、クアラルンプール各地に高層ビルが立ち並んでいます。建築現場を見ると鉄筋の細さに心配になりますが、地震の無いお国柄問題はない様です。

マレーシアはイスラム教のマレー人とヒンズー教のインド人と中国系の華僑が混在する他民族国歌。ブタを食べないマレー人と牛を食べないインド人、制限のない中国人が上手に付合い、結局日本人旅行者何でも食べられます。

町中にはモスクとヒンズー寺院と関帝廟が混在する多文化国歌。短い滞在の間にそれぞれを見て来ました。


これも名物 K Lタワー 市内が一望できます。




クアラルンプール郊外のにあるヒンズー教寺院。バトゥーケイブ(洞窟)。階段のを昇るとヒンズー教の神様が祭られています。


案内をして頂いたKAWANAさんとガイドさん。


ここバトゥーケイブの周りには食堂とお土産屋さんが軒を列ねる。移動遊園地の準備も見られた。







  
中華レストランでの歓迎会 
  

先生方とPTAの皆さんお世話になりました

イスラム教寺院 ブルーモスク 敬虔なイスラム教徒のマレー人が金曜日に多く集まる様です。

ここは日本人が多く住む高層住宅林立のモントキアラ地区にある屋台村。結構清潔で日本人向きCinaと書いてあり中華中心の屋台

夜の新首都プトラジャヤ 現在首都機能を市郊外南方の新行政都市プトラジャヤに移転中


 
 

クアラルンプールの日本人向けフリーペーパー
「週間Jスポ」

浪曲界のプリンス!との文字が踊る。
来馬!!

インタビュー記事
『祝来馬!ロック浪曲師国本武春さんに聞く』
が掲載されました。

しかし日本語と日本のニュースで殆ど記事が埋まり
あまり外国のフリーペーパーとは思えませんが
よく見るとモノクロページにローカルな話題が散見出来ます。

香港では偽の人民元が出回っているそうで
マレーシアのトイレはどうやら水浸し
プナンではマルチ商法が流行っているらしい

※「日本語の表記は、マレーシアあるいはマレイシアで、
 漢字では馬来西亜と表記し、馬と略す。」

後書き
朝のホテルではオンタイムで日本の新聞が配られ
読んでいた連載小説が続けて読め
テレビをつけるとNHKの国際放送が流れ日本と変わらない
あらためてマレーシアに日本が深く関わっているのを実感。

アジアの時代がすぐそこに・・・来るのでしょうか?

マレーシア日本学校の皆さん大変お世話になりました。