■ 作・総合プロデューサー
      広井王子

■ 音楽監督 田中公平
■ 演出   茅野イサム

■ 出演
[帝国歌劇団]
横山 智佐(真宮寺さくら)
高乃  麗(マリア・タチバナ)
西原久美子(アイリス)
渕崎ゆり子(李紅蘭)
田中 真弓(桐島カンナ)
伊倉 一恵(レニ・ミルヒシュトラーセ)
折笠  愛(藤枝かえで)
陶山 章央(大神一郎)
[薔薇組]
矢尾 一樹(清流院琴音)
松野 太紀(丘菊之丞)
[ダンディ団]
園岡新太郎(ダンディ・団耕助)
西村 陽一(西村ヤン太郎)
武田 滋裕(ベロムーチョ武田)
[ゲスト]
富沢美智恵
真矢  武
池田  勝
千葉  繁
国本 武春
三ツ矢雄二

 サクラ大戦・歌謡ショウ 〜新・愛ゆえに
2006年8月12日から22日まで、東京・青山劇場にて公演された
「サクラ大戦・歌謡ショウファイナル公演『新・愛ゆえに』1997年7月「帝国歌劇団・花組特別公演『愛ゆえに』」よりスタートした歌謡ショウが、 10年目を迎える今回でその歴史の幕を閉じました。
 


サクラ大戦・歌謡ショウ ファイナル公演「新・愛ゆえに」が無事終了しました。
2001年の「海神別荘」から参加、6年間で5回(アメリカ留学のため「新西遊記」はお休み)の歌謡ショウに私、「東中軒雲国斎」として出演させていただきました。
いや〜、本当に皆様お疲れ様でした。
それにしてもいつも驚かされるのはお客さんのパワーと集中力。
毎回増え続ける掛け声を完璧にマスターしてしまうサクラのお客さんの熱心さにはこちらが感動させられました。
日本全国から毎日、毎回早くから劇場に駆けつけてくれたファンの皆さん、メチャクチャたくさんある殺陣や踊りをしっかりこなしながら涼しい顔で歌って芝居する花組の皆さん、
客席からは見えませんが舞台の裏で必死に歌謡ショウを支えてくれていた多くのスタッフの皆さん、久しぶりの参加で私のブルースにもバッチリ伴奏を付けてくれたバンドの皆さん、誰が欠けてもこの歌謡ショウは成り立ちません。
多くの人のエネルギーが夢の舞台を作り上げました。
本当に本当に皆様、10年間お疲れ様でした。
私は半分(5回)だけの参加でしたがたくさんの宝物を皆さんからいただきました。
ありがとうございました。
サクラ大戦バンザイ!!!!
ファンの皆様、スタッフの皆様、キャストの皆様、
また近いうち、どこかでお会いしましょう。
東中軒雲国斎 こと 国本武春
 
   
  東京・青山劇場 サクラ大戦・歌謡ショウファイナル公演「新・愛ゆえに」8/12 〜 8/22 ←詳細はココをクリック
08/12
(土)
-
[劇作・脚本][演出]広井王子 [演出]茅野イサム [音楽]田中公平 問:レイネット
03-5465-1030
-
-
[出演]横山智佐/高乃麗/西原久美子/渕崎ゆり子/田中真弓/伊倉一恵/折笠愛/他
-
-
[ゲスト] 富沢美智恵 真矢武 池田勝 千葉繁 国本武春 三ツ矢雄二
08/22
(火)
-
SS席・12000円 S席9000円 A席・5000円 ファミリー席14000円
       
 
 

 

(C)2006TAKEHARUDO 本ホームページに掲載する一切の文書・写真等の複製、転載を禁じます。