どかーん!武春劇場 in PARCO Vol.3 国本V.S武春






◆ どかーん武春劇場Vol.3 - 国本の日 - 巌流島うた絵巻〜ええじゃないか ◆

 


02/21
(火)
東京 渋谷
パルコ劇場19:00〜

どかーん!武春劇場 in PARCO Vol.3 国本V.S武春
 武春の日(古典浪曲)
出演:国本武春 曲師:沢村豊子

全指定席
5,000円

(問)パルコ劇場
03-3477-5858
02/22
(水)
東京 渋谷
パルコ劇場19:00〜
どかーん!武春劇場 in PARCO Vol.3 国本V.S武春
 国本の日(弾き語り)
出演:国本武春 ギター:中村信吾
全指定席
5,000円

(問)パルコ劇場
03-3477-5858
         
 

 2005年のパルコ劇場は古典の日“武春”と弾き語りの日“国本”の2DAYS。21日は古典スタイルでオープニングは掛け声教室から、そして赤穂浪士の物語り忠臣蔵から「赤垣源藏徳利の別れ」。忠臣蔵は桃中軒雲エ門から4代つづく国本のお家芸。一節うなれば会場から掛け声が飛びます。

OP 掛け声教室
M 1 赤垣源藏徳利の別れ
M 2 瞼の母
M 3 瞼の母 掛け声お手本
M 4 瞼の母 掛け声教室
休憩
M 5 紺屋高尾
EN 武春予告編

 



      曲師:沢村豊子
軽やかなリズムと美しい音色、“はっ”“あっ”といろっぽい合の手でストーリーを盛り上げます。

熱演の一席が終わった後に、なんと舞台の天井から一つ2メートルもありそうな特大千社札が降りてきます。19の掛け声が掛れた千社札に囲まれて、長谷川伸の名作「瞼の母」の一節で掛け声教室が始まります。

場内を巻込んでの掛け声教室は爆笑の渦、国本エンターテイメント真骨頂!

 

〜休憩〜


休憩を挟んで2席目はおなじみのお江戸の純愛“紺屋高尾”金屏風を取り払い漆黒の舞台にあんがらの模様のテーブル掛けが浮き上がり。豊子師匠も顔見をみせます。

見事な照明に照らし出された舞台は、心震わす物語の世界へ観客席を誘います。

 


2月22日(水)東京・渋谷
パルコ劇場

どかーん武春劇場 in PARCO Vol.3
国本の日 弾き語り

出演:国本武春
   中村信吾

オープニングは“待ってました”の掛け声に乗って国本が登場!

全員で掛け声をと
“掛け声教室”となりました。


M 1 アジアの祈り
M 2 三味線世界旅行
M 3 しけこみのブルース
M 4 堪忍ブギ
M 5 巌流島

ここからギターの中村信吾がステージに

M 6 アパラチアン三味線
M 7 ハンバーガーキッズ
M 8 大相撲づくし
M 9 おいらとお前のバラード
M10 Hobo
M11 ネズミの嫁入り
M12 大仏
M13 GOGO
M14 怪傑シャミーマン

EN ええじゃないか

◆怪傑シャミーマン 近頃シブヤの町を騒がせる小悪の組織“捨てゼリフ団”に♪べん・べん・べべーん〜の観客席の歌声に乗ってシャミーマンが登場しますが、どうやら電話ボックスが・・・ながいリフを経て正義の味方ついに登場!
“捨てゼリフ団”相手に三味線必殺技?をくり出すシャミーマン!そのてん末は・・・
アンコールはエレキ三味線で“ええじゃないか”でお別れです・・・来年はラストフロンティアとの公演でお会いしましょう!

ヤフーなど検索エンジンでこのぺーじを訪れた場合は
右の猫をクリックして下さい。