国本武春 年末恒例の「大忠臣蔵」今年は東京・亀戸のカメリアホールで開かれました。

「大忠臣蔵」今年は3部構成古典2席にザ・忠臣蔵の殿中刃傷と吉良邸討ち入とりたっぷり!!






◆ ザ・忠臣蔵 殿中刃傷〜田村邸の別れ ◆
 
2005
12/17
(土)
東京 亀戸 カメリアホール14:00〜 国本武春の大忠臣蔵 花の巻
 古典浪曲「大石山鹿護送」 曲師:沢村豊子
 弾き語り「ザ・忠臣蔵 殿中刃傷〜田村邸の別れ」
◆チケット カメリアホール イープラス チケットぴあ
全指定席
4,000円

(問)カメリアホール
03-5626-2125
12/17
(土)
東京 亀戸文化センター6階 和室 17:00〜
国本武春の忠臣蔵茶話会 だんごの巻(お茶とだんご付)
全席自由
1,000円

(問)亀戸文化センター
03-5626-2121
12/17
(土)
東京 亀戸 カメリアホール19:00〜

国本武春の大忠臣蔵 雪の巻
 古典浪曲「赤垣源蔵徳利の別れ」 曲師:沢村豊子
 弾き語り「ザ・忠臣蔵 吉良邸討ち入り」
◆チケット カメリアホール イープラス チケットぴあ

全指定席
4,000円
(問)カメリアホール
03-5626-2125
         
写真撮影 (C)森幸一

 今年の大忠臣蔵は3部構成、スタートの「花の巻」まずは古典浪曲「大石山鹿護送」からスタート。若き日の大石蔵助のエピソードが語られます。

 


金屏風に囲まれてテーブル掛け5点のフルセットの舞台、曲師の沢村豊子師匠は舞台上手(向かって右側)の屏風裏で三味線を弾きます。


2005年12月17日(土)

東京・亀戸カメリアホール
国本武春の大忠臣蔵

〜花の巻〜
古典浪曲「大石山鹿護送」

舞台転換

堪忍ブギ
浪曲教室
ザ・忠臣蔵「殿中刃傷〜田村邸の別れ」

ええじゃないか

◆忠臣蔵は 歌舞伎・文楽の演目『仮名手本忠臣蔵』(假名手本忠臣藏)の通称。
歌舞伎や演劇・映画の分野で、赤穂浪士の復仇事件元禄赤穂事件に題材をとった創作作品。

江戸時代・1701年(元禄14年)3月に江戸城内の松の廊下で赤穂藩藩主・浅野長矩が高家肝煎・吉良義央に切りつけた刃傷沙汰に端を発する。松の廊下事件については、加害者とされた浅野は切腹となり、被害者とされた吉良はおとがめなしとされた。その結果を不満とする大石良雄をはじめとする赤穂藩の旧藩士47人(赤穂浪士)による、元禄15年12月の本所・吉良邸への討ち入り及びその後の浪士たちの切腹までを題材にとった物語。

◆浪曲では浪曲中興の粗「桃中軒雲右衛門(とうちゅうけん くもえもん1873年 - 1916年11月7日)」が1903年(明治36年)「義士伝」を完成させる。その芸は東家楽燕、東家幸楽、国本武春と続き、忠臣蔵は国本のお家芸。

◆「大忠臣蔵」は弾き語りの“ザ・忠臣蔵”を完成させた国本の年末恒例公演となっている。
 2000年には“ザ・忠臣蔵”で芸術選奨文部大臣新人賞を受けた。

この日はまるごと一日忠臣蔵

昼の「花の巻」夜の「雪の巻」の合間はお茶とだんごのトーク・ショー

国本武春の大忠臣蔵茶話会
だんごの巻

曲師の沢村豊子師匠も加わり話芸の話に花が咲きます。

 
 

ヤフーなど検索エンジンでこのぺーじを訪れた場合は
右の猫をクリックして下さい。