2005年5月27日(金)東京・亀戸カメリアホールを幕開けに、国本武春&ザ・ラストフロンティアの日本ツアーがスタート。28日大阪「アナザードリーム」、30日名古屋「得三」、6月1日「横浜にぎわい座」、2日銀座「ロッキートップ」、3日&4日東京・渋谷「パルコ劇場」と世界初の三味線入りのブルーグラスバンドが大好評の中熱い演奏をくり広げました。






◆アパラチアン三味線ツアー2005 国本武春&ザ・ラストフロンティア◆

ジェイ・ピー・マセス2世

 テネシー州エリザベストン出身、1980年12月4日生まれ、通称JP。バンジョー担当

バンジョーの神様の申し子、パワータイミングともピカイチ。ブルーグラスにどっぷり浸かった環境で育ち、高校2年のときからETSU(イーストテネシー州立大学)のブルーグラスバンドに参加。来日は5度目、世界各地でバンジョーを響かせている。

CDアルバムはダニエル・ボナーと「ETSU Bluegrass Pride (Now snd Then 2002)」を発表している。

アーロン・ジャクソン

 テキサス州クイットマン出身、1984年4月12日生まれ、マンドリンとコーラス担当

メンバー中最年少の彼は本来はギタリスト、ラストフロンティアではバンジョーを弾いています。3才でピアノ10才でギターを弾き始める、マンドリンは大学に入ってから本格的にプレイ。練習熱心なアーロンはどこでもいつでもマンドリンを手放さない、本番直前まで彼のマンドリンの音がバックステージを駆け巡っています。

ダニエル・ボナー

 ニュージャージー州ブリッジトン出身、1981年12月9日生れ、ギターとリードヴォーカル担当。

歌心があり、ギターも上手くJPと並んでバンドの顔の一つ。楽器はフィドル、マンドリン、ピアノと何でもござれ、山手線で見知らぬ婦人とオペラも歌うマルチプレイヤー。

JPと共に2001年ETSU日本ツアーに参加、その模様は「ORIENT EXPRESS・The LIVE IN JAPAN」というDVDにおさめられている。

ケン・トーマス

 テネシー州ハンプトン出身、1966年4月20日生まれ、ベース担当。

ETSUのOB、昨年のCDアルバム「アパラチアン三味線」よりラストフロンティアに参加。14才でドラムを始めロックバンドに参加、その後ギターとエレキベースを修得。大学時代にマンドリンを習い始め、そして現在のアップライトベースにブルーグラスミュージックを介して辿り着く。その後はベース一筋。

鉄人?ケントーマスはテネシーの関を超えた事が無く、もちろん日本に来るのは初めて。日本の食事が大いに気に入り箸使いも上手。東京に住んでも良いと日本が第二の故郷になった様です。

国本 武春

 千葉県出身、1960年11月1日生まれ、三味線、ヴォーカル担当。

「文化交流使」として2003年9月〜翌年8月まで東テネシー州立大学(ETSU)で活動。2004年5月からETSU活動の集大成としてアルバム「アパラチアン三味線」を上記のメンバーにフィドルのレイモンド・マクレイン(ミュージシャンでETSU教授)をゲストに制作。今回のアパラチアン三味線ツアー2005の原点となる作品となった。

14才でFM局から流れるブルーグラスを聞き、15才でビル・ノンローと東京で握手をしてからマンドリンを始める。“こんなに歌うマンドリンは聞いたことが無い”と云われる無敵のマンドリン奏者でもあります。このバンドでは三味線を担当。

ジム・スレッジ (同行カメラマン)

  ETSU(イーストテネシー州立大学)出身でプロカメラマン

1988年からETSUのカメラマンとして活躍中、今回のツアーでは専属カメラマンとして同行。大阪千日前では商店街アーケードの前で、京都では金閣寺をバックにと劇場内は勿論日本各地で国本武春&ザ・ラストフロンティアを撮影。

東京の下町を感じさせる、アメリカを代表するする良い人?で国本武春の大親友!御飯にお醤油をかけ好物は餃子(本人は「ゴーザ」と発声)箸を持たせたら達人と云う国本の表情を撮らせたら、天下一のカメラマン。

 

05/27
(金)
国本武春・アパラチア三味線
19:00開演
東京・亀戸 カメリアホール 国本武春&ラストフロンティア 国本武春 JP. マセス2世、D.ボナー、A.ジャクソン、K.トーマス  チケット発売3/10 チケットぴあ Pコード:195-251 カメリアホール他 全席指定
4,000円

(問)カメリアホール
03-5626-2125
05/28
(土)
NHK総合他 5/27のカメリアホールでのコンサート「アパラチアン三味線」の模様がNHKの取材を受けニュースにAM5:00〜8:00の間で放送されます。
05/28
(土)
国本武春&The Last Frontier
19:00開演
大坂公演 「アナザー・ドリーム」   国本武春 JP. マセス2世、D.ボナー、A.ジャクソン、K.トーマス  前3,500円
当4000円
(問)アナザードリーム
06-6212-6258
05/30
(月)
国本武春withザ・ラストフロンティア19:00開演

名古屋 「TOKUZO」 国本武春 JP. マセス2世、D.ボナー、A.ジャクソン、K.トーマス 

前3,000円
当3,500円
(問)TOKUZO
052-733-3709
05/31
(火)
朝日新聞夕刊 アパラチアン三味線ツアー記事・“ブルーグラスも浪曲もたっぷり”掲載
06/01
(水)
国本武春&ザ・ラストフロンティア19:00開演 横浜 横浜にぎわい座 横浜開港前夜彩 国本武春 JP. マセス2世、D.ボナー、A.ジャクソン、K.トーマス 

全指定席
3,000円

(問)横浜にぎわい座
045-231-2515
06/02
(木)
国本武春&ザ・ラストフロンティア19:30開演 東京・銀座 ロッキートップ 国本武春 JP. マセス2世、D.ボナー、A.ジャクソン、K.トーマス  バンドチャージ3,500円 (問)ロッキートップ
03-3571-1955
06/02
(木)
TV朝日系列
24:10から
明日マニアーナ どかーん武春劇場 in PARCO Vol.2
06/03
(金)
どかーん武春劇場in PARCO Vol.2w 19:00開演 東京・渋谷 パルコ劇場 国本武春withラストフロンティア  国本武春 JP. マセス2世、D.ボナー、A.ジャクソン、K.トーマス 曲師;沢村豊子 全指定席
5,000円
(問)PARCO劇場
03-3477-5858
06/04
(土)
どかーん武春劇場in PARCO Vol.2w 14:00開演 東京・渋谷 パルコ劇場 国本武春withラストフロンティア  国本武春 JP. マセス2世、D.ボナー、A.ジャクソン、K.トーマス 曲師;沢村豊子 全指定席
5,000円
(問)PARCO劇場
03-3477-5858

 

写真:© Jim Slage

 5月25日来日したザ・ラストフロンティアのメンバーは時差にも負けず26日に東京・亀戸のカメリアオールで5時間に及ぶリハーサル。さすがに最後は椅子にすわります。 こんなにタップリ練習をするカリスマは見たことがありません、バンド感覚は一年ぶりでもこれでバッチリ!

5月27日(金)東京・カメリアホール

〜アパラチアン三味線ツアー・初日〜

- 前半 -

観客養成 掛け声教室
敬老ロックンロール
三味線世界旅行
ハンバーガーKid's
ロックンロールうらしま



  - 後半 -

M2 Appalachian Shamisen
M3 It Was Your Love
M4 Are You Missing Me
M5 Tiger Creek
M6 Lonesome Dreams
M7 Lonesome Yokocho
M8 国本soloコーナー 
M9 Eureko's Breakdown
M10 I'll Never Shed Another Tear
M11 Ninja Rag
M12 Little Girl And The Dreadful Snake
M13 Earl's Medley
M14 This World Is Not My Home
M15 Dream of A Geisha
M16 Pray For Asia(アジアの祈り)
M17 Rawhide
EN ええじゃないか

・5月28日、NHK総合放送 朝のニュース“おはようニッポン”から 

「三味線とギターやバンジョーが共演してアメリカのカントリーミュージックを演奏するコンサートが昨夜開かれました。〜コンサートは浪曲師の国本武春さんが以前留学していたアメリカテネシー州のミュージシャンを招いて開きました。国本さんは三味線アメリカから来たメンバーはギターやバンジョーでカントリーミュージックの一種ブルーグラスを演奏しました。

 観客は日米の伝統的な音色の混ざりあったユニークな音楽を楽しんでいました。このコンサートこの後全国七ケ所で開かれ来月からはアメリカ公演も行われるという事です。」

 
〜大阪公演 5月28日(土) 大阪千日前ライブハウス「アナザードリーム」

大阪での国本武春&ザ・ラストフロンティア公演はアメリカでのステージと同様ブルーグラスが中心。

 途中、国本のアクション大きめのアメリカ版「殿中刃傷〜堪忍ブギ」のソロコーナーが入り、もうテの届く距離でのパフォーマンスに場内大盛り上がり。

本場?関西地方はブルーグラスファンが多く演奏前にもセッションが行われ、ブルーグラスたっぷりの難波の夜となりました。

 
 
〜名古屋公演〜 5月31日(月) 千種区今池のライブハウス「得三 TOKUZO」 鯱が有りませんが上は尾張の名古屋城

名古屋公演は弾き語りとブルーグラスの構成

満員で入れなかったお客さまも多く出たこの日の公演はスタートから客席のテンションが上がりっぱなし状態。掛け声が飛びリクエストが飛び特製武春弁当が飛び交います?

 後半はゲストのフィドラー黒田奏嬢も参加して得三の夜を盛り上げます。「こんなに三味線とブルーグラスが融合するなんて」というお客さまの声も聞かれた今池の夜でした。

 
2005年6月1日 横浜
横浜中華街 重慶飯店でのツアー一行「とうふは食べない」と云ったメンバーもマーボー豆腐に舌鼓!
 
2005年6月2日 東京・銀座 ロッキートップ
 
2005年6月3日,4日 東京・渋谷 パルコ劇場

最終の公演は東京・渋谷のパルコ劇場でのステージ。

2回目になる「どかーん!武春劇場」としての公演。古典とブルーグラスという国本ならではのサプライズ。
初日「英国密航」 二日目「大浦兼武」 曲師:沢村豊子
休憩

M1 Appalachian Shamisen  M2 It Was Your Love
M3 Are You Missing Me   M4 Tiger Creek
M5 Lonesome Dreams    M6 Lonesome Yokocho
M7 国本soloコーナー 
 ・The Chushingura 
 ・Kannin Bugi

M8 Eureko's Breakdown  M9 I'll Never Shed Another Tear
M10 Ninja Rag      M11 Little Girl And The Dreadful Snake
M12 Earl's Medley     M13 This World Is Not My Home
M14 Dream of A Geisha   M15 Pray For Asia(アジアの祈り)
M16 Rawhide
EN ええじゃないか

幕が上がってスーツ姿に三味線を抱えて国本登場。
「邦楽好きの渋谷のサラリーマンではありません。」と第一声。会場の爆笑から2部がスタートしました。

「レディー&ジェントルマン ザ・ラストフロンティア フロム テネシー」とメンバーが呼び込まれブルーグラスナイトとスタートとなりました。

 
 
 

 

 

 

ヤフーなど検索エンジンでこのぺーじを訪れた場合は
右の猫をクリックして下さい。