福助

国本武春の情報、国本はる乃の公演関連のご案内
住所・氏名・電話番号を御記入の上◆kunimototakeharu@mbj.nifty.com◆までお申し込み下さい

■国本武春トリビュート公演
 12/24(日)東京・亀戸カメリアホール  決定 仮タイトル「国本武春追悼浪曲公演 武春を唸る!」
 出演予定:国本晴美 はる乃 沢村豊子 玉川奈々福  東家一太噤@他
 
また7月2日に予定していたブルーグラス関連公演はアメリカサイドの都合により来年に順延になりました。


2017年より国本武春がその将来を期待した、国本はる乃の情報を“うなるカリスマホームページ”で発信を開始します。

武春の話芸は浪曲師である母親の国本晴美から受け継いだもの。はる乃も9歳から国本晴美門下の浪曲師として芸を磨いて来ました。
一声二節三啖呵といわれる浪曲で、伸びやかな声と節、晴美譲りの多彩な人物表現で客席を沸かしています。

落語の「一之輔」講談の「松之丞」そして浪曲の「はる乃」と続きますか、是非会場でご堪能下さい。


古典五古典六
1/13発売新譜 第五集 矢頭右衛門七/大浦兼武 六集 水戸黄門漫遊記「雲井の仇討ち」「散財競争」
 
 
・NHKEテレ「 銀河銭湯パンタくん 」のテーマ曲。 [Eテレ] http://www.nhk.or.jp/doutoku/panta/
月日
場所

タイトル・出演

料金 問い
2/04
(土)
浅草・木馬亭
12:15〜
出演:富士実子 国本はる乃 東家一太噤@澤順子 玉川ぶん福 桃川鶴女 浜乃一舟 澤孝子 全自由席
2,000円
浅草木馬亭
03-3844-6293
2/06
(月
浅草・木馬亭
12:15〜
出演:国本はる乃 玉川大福 木村勝千代 富士鷹雄 花渡家ちとせ 田辺鶴遊 国本晴美 天津ひずる 全自由席
2,000円
浅草木馬亭
03-3844-6293
2/09
(木)
NHKFM
11:20〜
出演:国本はる乃 曲師 東家美 脚色:国本晴美    
2/10
(金)
NHKFM
5:20〜
出演:国本はる乃 曲師 東家美 脚色:国本晴美    
3/03
(金)

NHKBSプレミアム
20:00〜

BS時代劇 「五瓣の椿」1 再放送3/5日18:45〜    
3/10
(金)
NHKBSプレミアム
20:00〜
BS時代劇 「五瓣の椿」2 再放送3/12日18:45〜    
3/17
(金)
NHKBSプレミアム
20:00〜
BS時代劇 「五瓣の椿」3 再放送3/19日18:45〜    
3/24
(金)
NHKBSプレミアム
20:00〜
BS時代劇 「五瓣の椿」4 再放送3/26日18:45〜    
3/25
(土)
横浜にぎわい座
14:00〜
会場:のげシャーレ(小ホール)国本はる乃勉強会 出演:国本はる乃 国本晴美 沢村豊子 全自由席
1,500円
横浜にぎわい座
045-231-2515
3/31
(金)
NHKBSプレミアム
20:00〜
BS時代劇 「五瓣の椿」5 再放送4/2日18:45〜    
         
160412_2
160412_3
待ってました!名調子
   
ご注文はメールかFAXで FAX用紙
武春堂では12枚のCDアルバムとDVDを発売中!

国本武春 古典浪曲傑作撰
第三集「忠臣蔵〜村上喜剣」「英国密航」


国本武春 古典浪曲傑作撰
第四集「忠臣蔵〜赤垣源蔵徳利の別れ」「原敬の友情」

この映像をご覧頂くには Quick Tine が必要です! ダウンロードページはここをクリックして下さい!

2008 今年のアメリカ
◆ウッドソングスの映像&音声がアップ
http://www.woodsongs.com/showlist.asp
6月のアメリカツアーで出演した「Wood Songs」というラジオショウがサイトにアップされました。ラジオとうたってはいるもののテレビやウェブサイトなど 全米のかなりの範囲でしかも長い期間流れるプログラム、アメリカでのカリスマの活躍を是非ご覧下さい。

2006年6月カーターホールドのカリスマ!


皆様、大変おまたせを致しました。
世界初の三味線入りブルーグラスアルバム「Appalachian Shamisen」(アパラチアン三味線)が完成いたしました。
ブルーグラスのスタンダード曲に加え私のオリジナル5曲(うち1曲は皆様お馴染み)、
J.P.のオリジナル2曲、ダニエルのオリジナル2曲とサウンドだけでなく
曲調もオリジナリティーに溢れております。
本場アパラチアのブルーグラスのサウンドを楽しむとともに
それぞれの曲でほとばしる国本のブルーグラスソウルをご堪能下さい。
限定数が大変少ないためお求めはお早めに!!

国本武春

このCDは(有)武春堂でネット販売、及び国本武春のライブ・コンサートで販売しています。
アートユニオンでの取扱いはありません。

「アパラチアン三味線」サウンド・レコーディング・レビュー
Takeharu Kunimoto: Appalachian Shamisen.(Sound Recording Review)
Sing Out!; 12/22/2006; Lupton, John

TAKEHARU KUNIMOTO Appalachian Shamisen Now And Then 2005
The "music purists" usually will not hesitate to say that there are
only six "true" bluegrass instruments--banjo, guitar, mandolin,
fiddle, (acoustic) bass and Dobro. And some will grumble about the
Dobro. Over the years there have been occasional attempts to
introduce, or at least take a stab at trying new instruments in a
bluegrass context--a cello here, a drum set there, mostly with less
than satisfying results, though there have been some notable
exceptions (listen to Irish harpist Maire Ni Chathasaigh roar
through a breakdown on the Celtic harp sometime). Part of the
problem is that the tendency seems to be to try and adapt the music
to the instrument, when it should really be the other way around.
Takeharu Kunimoto not only "gets" this, he's got a leg up on it,
since the shamisen he so masterfully plays is a Japanese cousin of
the banjo. More than that, having met Bill Monroe during his
(Takeharu's) teenage years and becoming infatuated with bluegrass,
he plays a bluegrass style and is a bluegrass musician. His
instrument just sounds a little different. Actually, though he gets
a real Scruggs groove going at points, there are times when it
almost sounds like he's playing Monroe-style mandolin licks.
Whatever the mode, it's a lot of fun.
As a visiting scholar at the renowned four-year degree program in
bluegrass, country and old-time music at East Tennessee State
University, Kunimoto is backed here by Last Frontier, three students
from the program (Daniel Boner, guitar; Aaron Jackson, mandolin; J.
P. Mathes II, banjo), along with bassist Ken Thomas. Instrumentally
and vocally, it's a tight, driving sound, especially on cuts like
"Tiger Creek" and Kunimoto's romp through the Scruggs oeuvre on
"Earl's Medley."
COPYRIGHT 2006 Sing Out Corporation
This material is published under license from the publisher through
the Gale Group, Farmington Hills, Michigan. All inquiries regarding
rights should be directed to the Gale Group.
Sign up today for full text of all 35 million articles in the
HighBeam Library, plus all our sophisticated research tools!

アパラチアン三味線
サウンド・レコーディング・レビュー
「音楽純粋主義者」は、通常「真正な」ブルーグラスの楽器は6つだけだと言うこと
を躊躇しないでしょう。 ― バンジョー、ギター、マンドリン、フィドル、(アコー
スティック)ベース、そしてドブロ。なかにはドブロについてですら不平を言う者もいま
す。長年にわたって、ブルーグラスに新しい楽器を導入しようという試みは時折あり
ました。チェロやドラム・セットなどがそうですが、顕著な例外はいくつかありまし
たが(アイルランドのハープ奏者Maire Ni Chathasaighがケルティック・ハープでブ
レークダウンをかき鳴らすなど)、多くは満足のいく結果は得られませんでした。問
題の一つとして、実際にはその反対であるべきところが、楽器に音楽を適応させよう
とする傾向があるということがあります。
クニモト・タケハルは日本のバンジョーである三味線を見事に演奏し、単にこれを
「習得している」だけでなく、一歩先をいっているのです。それ以上に、10代のころ
にビル・モンローに出会ってブルーグラスに夢中になったことにより、彼はブルーグ
ラス・スタイルを演奏する真のブルーグラスのミュージシャンです。彼の楽器は少し変
わったサウンドがします。実際に、ある部分ではリアルなスクラッグスのグルーブ感
があり、時にはモンロー・スタイルのマンドリンを演奏しているようなフレーズもあ
ります。どんなモードでも、とても面白いのです。
東テネシー州立大学の有名な4年間の学位プログラム(ブルーグラス、カントリー及
びオールドタイムミュージック)の招待学生であったため、クニモトのこちらでの活
動は、プログラムの生徒である3人(ダニエル・ボナー、ギター;アーロン・ジャクソ
ン、マンドリン;J.P.マセスII、バンジョー)とベーシストのケン・トーマスによ
る、ラストフロンティアがバックにあります。特に「タイガー・クリーク」でのカッ
トや、Scruggsの作品を集めた「アールズ・メドレー」でのクニモトの素早い演奏な
ど、楽器的にもボーカル的にも、タイトでドライブ感のあるサウンドです。