アルバム「国本」と「武春」
 で演奏した楽器の数々。
 後ろのギターはギタリストの
 中村信吾(写真左)さん所蔵の名器。
 2枚のアルバムには曲目リス ト に
  使用楽器を表記。

 国本のTシャツ姿、なんとも・・・

  「国本」のインストでマンドリンは
 堪能でき、三味線の白は「武春」の
 「すがる三味線」で撥がうなって

  皆様、良い演奏を聴いたらタイミング
 良く「うまいぞ!」「しびれる」掛け声
 色々・・・宜しくお願いいたしますヨ

 

 


三味線三味線

    黒ねじ・・・7,8年前に「三味線かとう」で購入。
いつもライブで使っている三味線。
いわゆる津軽三味線よりもチョット小さい(棹が細い)タイプ。
ピックで演奏するのにもってこいの歯切れのよさ。
国本の体の一部と言っても良いでしょう。


白ねじ・・・20年近く前、浅草「みかど」で購入。
本格的な津軽三味線でパワフルな音色。
白ねじと言われる糸巻きの部分は象牙。
ニューアルバム「武春」に収録されている
「すがる三味線」でその迫力ある音が聞けます。



                


 

マンドリンRandy Wood ・・・
2000年水道橋のオンザボーダーで購入。
Randy Woodはギルクリフトと並んで
今や世界最高のマンドリン製作者。
仕上げの美しさはギルクリフトに一歩譲りますが、
その音のバランス、 立ち上がりの鋭さは
まさにブルーグラスを知り尽くしていると言った感じ。
 私のアイドルSam BushのF−5と同じように
インレイをブロックにして貰いました。
アルバム「国本」に収録されている
「GRANDFATHER’S CLOCK」「SALLY GOODIN」
で使用しています。

 

 


マンドリン

 

Gibson A-1 ・・・

 2000年、友人の海宝弘之とアメリカ に行ったとき
有名なナッシュビルの楽器店「グルーン」 で購入したもの。

 1910年代と言う古い楽器の割にはとても程度がよく、
色も気に入ったので 海外で初めてカードを使って買いました。

 

 

 

マンドリン

Gibson F-4・・・
 高校1年の時、毎日ばあちゃんの
肩を揉んで買って貰ったもの。
神田小川町にある老舗「カワセ楽器店」で
高1の坊主頭の少年が
Gibsonのビンテージの名器を指差し
「これクダサイ!!」
店内一瞬固まったのを覚えております。
やさしいばあちゃんのおかげで
それ以来25年間、ずーっと私の宝物です。
どんな音なのかは「国本」に入っている「同じ空の下」
「武春」に入っている「かさ」を聴いてみてください。

 

 

 

 


マンドリン

sumi SA-5・・・
 
信州丸子町に住む、日本が世界に誇るマンドリン製作者、
鷲見英一氏に2001年に作って貰ったA−5タイプのマンドリン。
そのダイナミックな音のボリュームにはブルーグラス界きっての
ご意見番 かの佐々木仁氏も
「このマンドリンはもの凄い音だね!!」 と驚いておりました。

しかしその音は決して大きいだけではありません。
繊細さとあたたかさ・・心のひだまで届くまろやかさは
日本人の製作者、 鷲見さんならではのサウンドだと思います。


「風よ」「OVER THE RAINBOW]でじっくりと
その音を堪能してください。

 

 

 


 

SUZUKI

いつ購入したか忘れてしまいましたが、
おそらく高校1,2年の頃だと思います。

ブルーグラス界のトップマンドリン
プレーヤーのほとんどが、
フィドル(バイオリン)を弾くので、
それなら私もと購入しました。
見かけは結構ちゃんとしてますが、
とても安いバイオリンで
ケースを買ったら中身が入っていたという位です。

「よろこぶ」のイントロの「お馬の親子」はすでに、
名演だと高い評価を頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

 


 HOHNER

 

 

 

 
調子笛

 


  

 ボトルネック