アルバム


2007/11/215発売 発売:武春堂 販売:バウンディ
アジアの祈り / 国本武春
新品番XQBT-1002 税込定価¥2,500
(旧品番TAKA-0002 税込定価¥2,500) 


1 アジアの祈り
2 ハンバーガーKit's
3 肩も抱いてやれない
4 敬老ロックンロール
5 シャイニング・トゥモロー
6 最悪の明日に
7 あーかんさす・とらべらあ (ARKANSAS TRAVELER)
8 GO GO
9 松山鏡 (「松山鏡」から) 鏡のうた
(「松山鏡」から) 言葉なくても
武春堂

 

No.
曲目 作詞・作曲
国本による解説
1

アジアの祈り

  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春

※  アンガラ ズーダラ スタンビラ バラ
   アンガラ ズーダラ スタラビラ
   アンガラ ズーダラ スタンビラ バラ
   バリバレラ
※   くり返し×2
  思いつのれば富士の山
  はるか万里の長城も
  越えてヒマラヤチョモランマ 天高く
  泣いて流したガンジスの
  着いた所はカルカッタ
  祈り通じてスリランカ 茶の香り
※  くり返し
  アー・アー・アー・アー・・・

※  くり返し
  愛する者よ よみがえれ
  黒き心よ 消え失せろ
  声を限りに叫ぶなら 風が吹く
  心ひとつに念じれば
  いつか 豊かな 星になる
  アジア 今宵も 夢を見て 歌の旅
※  くり返し×6
2

.ハンバーガーKit's

  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春

  味な事やる 赤いカンバン
  ついついつられ 今日も明日も
  たまにゃ 野菜も たまにゃ 魚も
  わかっちゃいるけど ポテトもたのむ
※  糖尿 通風 成人病 とかく言われるハンバーガーKid's
   虚弱体質 現代病 骨細くなるハンバーガーKid's
   大きなお世話 僕らにゃご馳走

  好きなあの娘が 赤いカンバン
  5時から8時 毎日バイト
  打ち明けたんだ だけどあの娘は
  マニュアル通り 「ポテトもいかが?」
※  くり返し

  ガキの頃から 赤いカンバン
  あいつと 君と 僕とあなたと
  何かと言えば ここに集まり
  食べたかないけど ポテトもたのむ
※  くり返し
※  くり返し
  うまかないけど 僕らにゃご馳走

3

肩も抱いてやれない

  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春

  イチョウ並木に 黄色のカサじゃ
  似合い過ぎちゃうと お前が笑う  
  はしゃぐお前の となりで俺は
  足でかき廻す 水たまり
  なんて間抜けだ 話したい事
  山ほどあるのに お前に会って
  口をつくのは  たわ言ばかり
  心そぞろの 空返事
※  いやな雨だぜ ずっと朝から こんな調子で 降りっぱなしだ
   街がぬれる 道がぬれる 俺のさすカサ 寄りそうお前
   だけどこの俺は 肩も抱いてやれなくなっちまた

  何度も聞いた お前の夢は
  ごめんかなえて やれそうにない
  お前には未だ 話しちゃないが
  夢があるんだ 俺だって
  ひとつのカサじゃ もう歩けない
  道が別れてる 右と左に
  俺が行くのは ジャリ道ばかり
  まるで縁のない アスファルト
※  くり返し
   街がぬれる 道がぬれる 俺のさすカサ 寄りそうお前
   だけどこの俺は 肩も抱いてやれなくなっちまた

4

敬老ロックンロール 

  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春

  お年寄りを大切に  今俺達が平和なのは
  お年寄りが居るからさ 体を張って 日本の為
  尽くしたのだから 皆ナ 感謝しなければ
  たとえ腰曲がろうと歯抜けてもかまわない

  お年寄りが偉いのは つまらぬ事じゃ驚かない
  雨が降ろうが ヤリ降ろが 長い人生 生きて来た
  だから小さな事など 何も気にしない そ〜さ 
  震災 天災 思えば 何も恐くない
※  敬老 敬老 敬老 敬老
   じいちゃんばあちゃん じいちゃんばあちゃん
   じいちゃんばあちゃん じいちゃんばあちゃん
   大事にするんだぜ じいちゃんばあちゃん
   敬老 敬老 敬老 敬老
   ケーロ ケーロ 敬老ロックンロール  

  お年寄りが好きなのは 植木 碁 将棋 神信心
  だけど一番好きなのは ゲートボールに浪花節
  だから俺は大好きさ 年寄り尊敬してるさ
  浪曲為にも 長生きよろしく たのむぜ
※  くり返し

5

シャイニング・トゥモロー

  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春

  輝く明日に会う為に 未来の戸ビラ開く為に
  力の限り 心の限り この瞬間悔いなく生きて行く
  負けない 泣かない くじけない
  捨てない やめない あきらめない
  一歩でもいい 半歩でもいい
  夢に今日もまた少しずつ近づいていく  
※  ほーら聴こえて来る はるか遠く 響き渡る
   そこがほーら 目指す聖地 さぁ行こうよ 顔を上げて
  やさしい道など選ばずに ワダチの無い道突き進む
  残る足跡 それがあかしだ
  自分だけが歩んだ特別な人生さ

  輝く瞳が見つめてる あなたと夢見て行きたいと
  本当にいいかい くじけないかい 運命の出逢いにときめいて
  つまづき傷つきおじけづき たまらず道端しゃがみ込み
  弱音をはけば お前の笑顔
  忘れかけてた夢の鐘が空いっぱい
※  くり返し
  届きそうだけど届かない 近くに見えてる星だけど
  お前とならばもうあせらない
  今日の日を確かに一歩ずつ生きていく 

6

最悪の明日に

  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春

  どうしたんだい 振り向いてばかり
  誰か後からついて来るのかい
  関係ないよ 済んじまったら
  くやしかろうが 得意だろうが   
  人のウワサを 気にしてみても
  今じゃどうする事も出来ない
  ぬかるみの中 歩きつづける
  流されるなよ 時の流れに
※  俺達の目の前には 明日しかない
   道はなくなりはしない もしなくなっても
   作れば良い 橋かけて 越えれば良い この川を
   最高の昨日に ひたるより
   最悪の明日に 立ち向かってこう

  どうでもいいよ 経歴なんて
  目の前に居る お前がすべて
  一緒に行こう 風は強いけど
  宝の地図を手に入れたんだ
  友達だったあいつは今じゃ
  世間と同じものさしを持って
  乗れば誰もが幸せになれる
  列車乗るため 切符手に入れた
※  くり返し
  風に飛ばされ雨に打たれて 打ちのめされて くたびれ果てて
  でかい壁ぶち当たっても 下向かないで 顔上げて見ろ
  あきらめかけた山の向こうが 今金色に輝きだした
※  くり返し

7
あーかんさす・とらべらあ (ARKANSAS TRAVELER)
  
  作曲:トラディショナル
インスト
8

GO GO

  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春

  サァ ビクビクしないで GO 当たって砕けろ
  サァ 今 GO GO
  サァ 運が向いて来た  GO ここらで一発
  サァ 今 GO GO
  チャンスは何度もないぜ 逃がすなこのタイミング
  ためつづけてたパワー  爆発させる時さ
  グズグズ マゴマゴ 後ずさり
  弱気な自分にケリつけて 
  サァ ここで決めてやれ GO お前はヒーロー10
  サァ 今 GO GO

  サァ みんなが見てるぜ GO ここが晴れ舞台
  サァ 今 GO GO
  サァ 自分を信じりゃ GO 天は味方する
  サァ 今 GO GO
  ダメだなと鼻で笑い バカにしていた奴らに
  かくしてた底力 見せつけてやる時さ
  ジワジワ 近寄る プレッシャー
  蹴飛ばし 流れを 変えてやれ  
※  サァ ここで決めてやれ GO かならずヒーロー
   サァ 今 GO GO
   サァ ここで決めてやれ GO お前はヒーロー
   サァ 今 GO GO
  GO GO ・・・
※  くり返し12

9

松山鏡 (「松山鏡」から)

 鏡のうた
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春

  自分の顔って どんな顔
  いったい自分は どんな顔
  丸顔 面長 四角いの
  満足するする人 悩む人
  見なけりゃ その方が幸せさ
  気づけば 悩みの種になる
※  鏡を覗き込み 自分に気がついて
   鏡を覗き込み 現実思い知る※  

  くり返し ×2

9

松山鏡 (「松山鏡」から)

 言葉なくても
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春

  雲が流れる お前と二人でながめる
  落ち葉舞い散り 俺達二人を取りまく
  急に振り向き はにかむお前の
  さし出すその手が やけに冷たい
  同じ時間を 幾度も二人で 過ごした
  言葉なくても お前の鼓動が聞こえる

  街が近づく お前と二人で住む街
  夢をかかえて 俺達朝日で目覚める
  もめ事 争い ケンカ重ねて
  いくつも 峠を 二人乗り越え
  だけど初めて 夜明けを迎えたみたいに
  俺もお前も 朝日で未来が輝く

 

 

 以上が、音楽モノを集めたアルバム『国本』のラインナップです。人間の悲哀を歌ったり、
メッセージを込めてたり、 自分たちの好きなブルーグラスを楽しんだりとか、とにかく音 楽を好きにやってるアルバムです。