アルバム


 

2007/11/215発売 発売:武春堂 販売:バウンディ
武春 / 国本武春
新品番XQBT-1004 税込定価¥2,500
(旧品番TAKA-0004 税込定価¥2,500)

01. ひとうなり
02.大仏
03.おいらとお前のバラード (新録音)
04.瞼の母
05.ファイト一発
06.すがる三味線
07.踊りゃんせ
08.かさ
09.ええじゃないか(新録音)
10. 音合わせ
11. 瞼の母 お手本
12. 堪忍ブギ
13. おいらとお前のバラード カラオケ(新録音)
14. ええじゃないか カラオケ(新録音)
(C)SONIC STUDIO 国本武春 TAPPURI CLUB

No.
曲目  作詞・作曲
歌詞
1

ひとうなり
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春

お楽しみ
2

大仏

  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春

「そんなに答えを急がせないで」
お前はいつでもおいらを待たせる
「そんなにあせってせまって来ないで」
お前はいつでもおいらをじらせる
髪の毛長いと面倒くさいから
パンチパーマで今日は決めてみた
正座じゃ足がしびれちまうから
あぐらをかいてここで待ってる
* (アイム ウエイト)パンチパーマであぐらかいたら(ロング タイム)
  いつしか俺は(ナンマイダ ナンマイダ)大仏になった
  (アイム ウエイト)こんなにお前を愛してるから(ロング タイム)
  とうとう俺は大仏になった
お前を待って1200年
未だに返事をくれないお前
雨、風、嵐も、暑さや寒さも
こらえて今夜もここで待ってる
(アイム ウエイト)悟り開いて座ってるうち(ロング タイム)
いつしか俺は(ナンマイダ ナンマイダ)大仏になった
(アイム ウエイト)お前は来ると信じてるから(ロング タイム)
とうとう俺は大仏になった
* くり返し 
3

おいらとお前のバラード

  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春

あ〜 響くは 遠い鐘の音
今宵夜空に 願う俺達
夢・・・ ふたりきり
いつかはきっと かなえてやれるのさ
さぁ・・・ 出かけよう
誰にも邪魔をされない所まで
寄せて 返して くり返す
おいらとお前のバラード

あ〜 心は 風の吹く様
右に左に 揺れて流れて
酒 まぎらわし
自分にウソをつけばその数だけ
あ〜 辛くなる
お前の笑顔見れずに目をそらし
寄せて 返して くり返す
おいらとお前のバラード
夢・・・ふたりきり
いつかはきっと かなえてやれるのさ
さぁ・・・出かけよう
誰にも邪魔をされない所まで
寄せて 返して くり返す
おいらとお前のバラード
4

瞼の母

  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春

    仁義すごろくまた旅の
    風が変われば気も変わる
    ドスを抱き寝の旅がらす
「お前さんかい?あたしに会いたいってのは・・。
忙しいんだからね〜、長っぱなしは断るよ。・・さあ、用事をお言い。」
「やぶから棒で、さぞお驚きとは存じますが、
当たって砕ける心持 ちでお尋ねいたしますでごぜぇやす。
おかみさん、もしやあなたはあっし位ぇの男の子を持った覚えはございませんか、
それが承りてぇのでごぜぇやす。はっ、おかみさん、その顔は・・覚えがあるな。
ところは江州坂田の郡、醒ヶ井から南に一里、すり針峠の番場宿!」
「それがどうしたってんだい!」
「六代続いた旅籠屋でおきながや忠兵衛と言う人をお前ぇさん、
知っておいででござんしょう。」
「あぁ、知ってますとも。あたしが若いとき嫁いだ宿屋だ。」
「それじゃやっぱり、それじゃやっぱり尋ね歩いた人だったかぁ・・
ありがてぇ、会いとうござんした。おっかさん!」
「よしとくれな!なんだいこの人は。変な真似をすると承知をしなしないよ!
・・なるほど・・あたしゃ三十年ほど前、
おきながや忠兵衛との中に、 忠太郎と言う子は産んだ。」
「さ、その忠太郎があっしでござんす!」
「いいからお聞きなね!」
    ああ瞼に母浮かべ
    どこへ行くのか旅がらす
    どこへ行くのか忠太郎
5

ファイト一発

  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春

そりゃ簡単につかめりゃ言う事ぁないが
世の中そんなに甘くないもんな
だから何度も何度も挑みまくるのさ
笑う奴らは笑わしときゃいい
ボロきれみたいに踏みつけられても
腰がぬけるほど打ちのめされても
なんてこたぁないのさこの位
今に見ていろよ ひとあわ吹かすぜ

そりゃ世渡りは上手いに越した事無いが
作り笑顔じゃ引きつるばかりさ
ここで一発ヨイショで持ちあげりゃいいが
腹に無い事ぁ体に悪いよ
調子良い奴ぁトントン拍子に
追い越し飛び越し出世してるけど
なんてこたぁないのさその位
時代は乗るより 作るもんなのさ
なんてこたぁないのさこの位
今に見ていろよ ひとあわ吹かすぜ

6
すがる三味線
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
インスト
7

踊りゃんせ

  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春

* 越えた 越えた 海越えた
  飛んだ 飛んだ 飛びはねた
  燃えた 燃えた 火と燃えた
  咲いた 咲いたよ人の花
ま〜るい地球のその上で 何をウジウジ考える
吹けば飛ぶよな人ならば
いっそのこと 吹っ飛ばされ 海越えて
行けばやさしい顔ばかり 同じ地球のその上で
生まれ育って来たからは
何にもかも 誰れかれも 踊りゃんせ
* くり返し   
(三味線 間奏)
ホーイホイ ホイホイホイ・ホイ ×2  
ヤンヤガヤンヤンヤ ヤンヤガヤンヤンヤ ×2 
(三味線&ギター掛け合い)
* くり返し
拍子合わせて声あわせ 歌を重ねて日を重ね
わかり合えれば人の花
咲いて 開いて 実を結ぶ
むすぶその手とまたその手 つなぎ合わせて見るなれば
軽く地球をひとまわり
いっつまで〜も 足鳴らし 踊やんせ
* くり返し
* くり返し
8

かさ

  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春

かさを差し出せば 肩が触れ合って
下向くお前の横顔 足とまり
映画見るような 思いするけれど
言葉じゃ壊れそな おいらのこの想い
歩く街路樹落ち葉が かさの上に降ってくる
このときこの時間 二人だけのもの
かさをたたむ頃 雲の切れ間から
差し込む夕日見て お前が涙ぐむ
( 間 奏 )
車はしらせば 霧にむせぶ山
アクセル踏み続け 何処まで行けるのか
助手席お前が うつむくその目が
何より悲しい おいらのこの想い
ほほえみ言葉かわさず 吐息かすかに震えれば
ふと思うことだけが 二人だけの場所
夢に見たよな 恋重ねるなら
いつかはたどり着く 二人だけの国
9

ええじゃないか

  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春

* ええじゃないか ええじゃないか 春よ来い来い
  ええじゃないか ええじゃないか お多福来い来い
  ええじゃないか ええじゃないか 飲んで踊れば
  今日も空から 夢が降って来る
そんなチビチビやらないで 飲む時ゃパーッと飲みましょう
お酒の海に飛び込んで ガブガブ全部飲みましょう
サハラ砂漠で砂あそび 東京タワーはつまようじ
酔いがまわれば大イビキ まくらがわりのエベレスト
* くり返し
仕事なんかは投げ出して ここらでパーッとやりましょう
でっかい口を開けながら 声をからしてうたいましょう
雲の上から見下ろして 夢や幸福まきながら
唄であければ次の日は 日本晴れだよ皆の衆
* くり返し
今に芽も出る花も咲く ドカンとハメをはずしましょう
楽しい時は世界中 笑って走り回りましょう
国境なんかクソくらえ 花の地球に生まれたら
みんな家族よ世の中は 俺もお前もあの人も
* くり返し
ムカデもオケラも ええじゃないか ええじゃないか
たぬきもきつねも ええじゃないか ええじゃないか
あなたも私も   ええじゃないか ええじゃないか
そば屋も寿司屋も ええじゃないか ええじゃないか
国本武春     ええじゃないか ええじゃないか
お聴きの皆さん  ええじゃないか ええじゃないか
いつまでやっても ええじゃないか ええじゃないか
どじょうもうなぎも ええじゃないか ええじゃないか
* くり返し 二回
10
音合わせ お楽しみ
11
瞼の母 お手本
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
4参照
12
堪忍ブギ
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
仏の顔でも三度で終わりだ
だませるもんなら だましてみやがれ
今までピエロのふりしていたんだ
* ぶっぶっぶっ ぶっとばしちゃえ
  ぶっぶっぶっ ぶっとばしちゃえ 
  ぶっぶっぶっ ぶっとばしちゃえ
  ぶっぶっぶっ ぶっとばしちゃえ
  ア〜ア〜堪忍袋の緒が切れちまった
あんたのウソにはもうアキアキした
できない事でも平気でペラペラ
まわり見てみろよお呼びじゃないぜ
 
* くり返し
( 間 奏  掛け合い)
みなさんの為と何度もホザいて
ケッキョクやっぱり自分の事だけ
ふてぇ野郎だおととい来やがれ
              
* くり返し 
13
おいらとお前のバラード 
        カラオケ
 
14
ええじゃないか カラオケ