アルバム


 

2007/11/215発売 発売:武春堂 販売:バウンディ
武春 / 国本武春
新品番XQBT-1004 税込定価¥2,500
(旧品番TAKA-0004 税込定価¥2,500)

01. ひとうなり
02.大仏
03.おいらとお前のバラード (新録音)
04.瞼の母
05.ファイト一発
06.すがる三味線
07.踊りゃんせ
08.かさ
09.ええじゃないか(新録音)
10. 音合わせ
11. 瞼の母 お手本
12. 堪忍ブギ
13. おいらとお前のバラード カラオケ(新録音)
14. ええじゃないか カラオケ(新録音)
(C)武春堂


Aイン;2月発売予定の『武春』に ついてお願いします。
国本;はい。『武春』は国本の演芸色、ジャパニーズ色を出し たアルバムです。

No.
曲目  作詞・作曲
国本による解説
1

ひとうなり
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春

最初に持ってきた『ひとうなり』は、表題付け。テーマソングみたいなもんで、 導入の節ですね。浪曲の頭でやる"枕"を持ってきて、浪曲色を出しました。
2
大仏
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
『大仏』(M2)は「お前を1200年待って、 大仏になっちゃった」という曲ですね。日本 人は辛抱強いですからね。曲自体はバンドでやってる時に作った曲なんですけど、今回ア 「コースティック・バージョンで中村さんとやってみたら、三味線とギターとリズムボック スで充分味わいが出ました。楽器の音と肉声とメッセージとを、間に挟まるものなく、お 客さんに聞いてもらえるんじゃないかな。
3
おいらとお前のバラード
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
『おいらとお前のバラード』は、ファーストアルバムの『福助』に入っている古 い曲なんですが、コレもライブで年中やってて、評判が良い。なのに「レコードないのか」 とよく言われるもんで、録音しました。中村さんのギターの音が良いですから、是非注目 していただきたいですね。コレは他のバラードと違って、演歌系のバラード。そもそも演 歌とソウルの狭間を行ったり来たりするのが国本バラードの特徴ではありますが。
4
瞼の母
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
『瞼の母』は浪曲の定番ですね。侠客物のね。ちなみに任侠、侠客、やくざ物を 扱ったネタのことを三尺物と言います。三尺っていうのはドスのこと。侍じゃない、やく ざ者が持ってる刀は三尺だからね。それに対して『忠臣蔵』のような武家物のことを"金襖 (きんぶすま)物"と言う。だから侍のモノは「さよう、しからば」「ああでござる、こう でござる」。やくざ物は「何言ってんでぇ、冗談じゃねぇ」っていう巻き舌。浪曲を始め る場合、金襖からやらないと、口調がダメになると言われてます。 三尺物を最初に覚えちゃうと、殿様もやくざになっちゃうから。まぁ本題に戻って、そ の典型的な三尺物が『瞼の母』。おっかさんと忠太郎のやり取りが有名ですけど、短くまと めた国本版は節とセリフと最後にロックンロールという構成になっています。
5
ファイト一発
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
『ファイト一発』(M5)は今年の春先に作った元気の出る一曲。元気が出るっていうか、 人のことをうらやましがってもしょうがないから気合い出して行こう、というシンプルな 曲ですね。
6
すがる三味線
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
『すがる三味線』(M6)は「津軽三味線というよりは、皆さんのお手におすがりする」 っていうライブでよくやっているヤツですね。一応コレは白ネジ(象牙の糸巻き)の三味線、 つまり本当の津軽三味線を使って本格的にやってます。
7
踊りゃんせ
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
『踊りゃんせ』(M7)は3〜4年くらい前、天井ホールでやってた頃に作った曲ですね。 『くにもとのもと』の前、『娯楽の殿堂』かな。その時代ですね。一応国本、毎年こだわ ってライブシリーズの名前を付けてるんですよ。ご記憶の方、少ないと思うんですけど…。 その時何曲か作ったうちの1曲なんですが、数少ない、立ち上がって弾く曲。アフリカン ビートに日本の民謡をマッチさせてみました。キーワードは土着ですね。
8
かさ
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
『かさ』(M10)はかなり初期、『敬老ロックンロール』と同じ頃、マンドリンで作った 最初のバラードですね。最初に三味線を使って作ったバラードが『おいらとお前のバラー ド』。対して、こちらはマンドリンを使って最初に作ったバラードなんです。ギブソンの マンドリンは高校1年の時におばあちゃんに買ってもらったんですよ。おばあちゃんの肩 をたたいたり、足をさすったり、いろいろ祖母孝行して「大学行かねぇからマンドリン買 ってくれ」ってよくわかんない理由付けて買ってもらった。このマンドリンは今の楽器に はない、奥深い、甘い音がします。
9
ええじゃないか
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
『ええじゃないか』(M09)もバンドの時に作った曲。ビクターの頃に作った2枚目のア ルバム『グレートヒット』に入ってます。一時、三共胃腸薬のCMにもフレーズが使われ てました。「♪ええじゃないか、ええじゃないか、飲んで極楽。…反省」ってね。反省ザ ルが出演したヤツ。国本ライブのアンコールの定番で、コレも結構評判がいいので「もう 1回入れましょう」となりまして。一発録りでバスッと録りました。
10
音合わせ 『音合わせ』は国本のあまりのわざとらしさに注目していただきたい。
11
瞼の母 お手本
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
『瞼の母 お手本』(M9)。先ほどあったじゃないか、と言われそうですが、こちらは "お手本"編です。ただ聞かせて納得させるだけじゃなく、それに付けるかけ声の種類とそ れぞれのタイミングを教えるという構成になっています。 (『武春』M9『瞼の母 お手本』〜)  国本のかけ声っていうのは、たくさんあるワケです。たくさんバリエーションがあるん ですけど、今「待ってました!」すらも言わない時代になってしまった。そこはひとつ、 そういうことがないように、是非“かけ声シール”っていうのをたっぷりくらぶで購入し ていただいて、トイレに貼ったりカバンに貼ったりしながら覚えてただいて、かけ声をか ける習慣をつけてもらいたい、と。人が何かをやってたら、何かにつけてかけ声をかける。 すると座が盛り上がりますから。そういった“お手本”のエッセンスが詰まってます。
12
堪忍ブギ
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
『堪忍ブギ』(M12)は、8月の『バイキング・ティアラ』アフリカン編で、みんなに参 加してもらったライブ・バージョンですね。『堪忍ブギ』はずいぶん昔っから歌ってるん ですけど、録音するのは今回が初めてなんです。スタジオでやったんじゃノリが出ないん で、やっぱりライブで録ろう、ということにしまして。「ヘーイ」とか「シャバダバ,シュ ビダバ」という掛け合いをご一緒に。
13
おいらとお前のバラード 
        カラオケ
なんといっても、これはカラオケです、ガイドのメロディーがない本格的なこれはもう由処正しいやつです。
14
ええじゃないか カラオケ ラストの2曲は皆さんの歌いたいとの声を聴き収録しました。どーでしょーか

 以上が和風色満載の『武春』です。日本のモノは邦楽にしても古典にしても“カルチャ ー”となりがちだけど、国本らしく、遊び心を
たっぷり出しました。とにかく『国本』も『武春』も、そりゃあもう、すっごーーく素晴らしい出来に なっていますので、是非聴いて下さい。

イン;楽しみですね。ところで、レコーディングが8月に、トラックダウンが10月に それぞれ泊まり込みで行われたそうですが、
   その際のエピソードなどございますか? 
国本;場所は茨城県のギター文化館というところでね。以前私もライブをやったことがあるんですけど。ギターの名器が飾ってあったり、
   ドーム型のホールがあったりするんです。 何よりもいいところは、自炊しながらできるとこ。こもってる間 は、シェフ石渡さんが
   腕をふるった料理を 夢中で食べてました。とにかくギター文化館に来るとね、 なんか食ってる印象が強いです。
   いや、ギター文化館だけに限らないんですが…。
イン;では最後に、2002年の活動について教えて下さい。
国本;2002年は、ミュージカルの予定がかなり入ってます。夏にワシントンとニューヨークで『太平洋序曲』の公演、
    10月には新国立劇場での再演も決まってまして。 稽古を入れると5ヶ月間以上『太平洋序曲』で時間をとられるんですね。
    アメリカには何ヶ月かいるもんで、これを機会に向こうで人脈を作って やってみたい。 で、友達を作って、ゆくゆくは
    パツキンの女の子と同棲するのが夢ですね。あ、う、嘘ですよ、嘘。    
    まぁミュージカル男優として行くんで すが、一応 ミュージシャン国本という面 もアピールしながら、
    海外でパフォーマンスしてみようかと考えています。 三味 線の音も聞いてもらったりしてね。
イン;貴重なお話、ありがとうございました。  CDの発売が待ち遠しいですね。それで   は皆さん、ご機嫌よう。