アルバム


2007.11.21再発売 販売バウンディ
国本 / 国本武春
新品番XQBT-1003 税込定価¥2,500
(TAKA-0003 税込定価¥2,500)
01. 笑おう
02.風よ
03.Hobo (新録音)
04.GRANDFATHER'S CLOCK
05.しけ込みのブルース
06.よろこぶ
07.ゴーモンナイト
08.SALLY GOODIN
09.おどれおどれ
10. チューニング
11. OVER THE RAINBOW
12. 同じ空の下
13 あつまれ

(C)武春堂

 国本武春が語る『国本』と『武春』 かねてより噂されていた国本渾身の新作CDが、ついに 発売されることになった。
2001年12月上旬にリリースされ るアルバムタイトルは『国本』。そして2002年2月上旬に 発売されるアルバムが『武春』。
 今回は、国本自身の名を冠したこの2枚のCDについて 国本が熱く熱く語った。じっくり読むべし!
インタビュアー(以下イン);当初このアルバムは2枚組CDで、タイトルが『ちゃんこ』になると噂に聞いていたのですが…。
国本;ええ、確かに8月にレコーディングしていた時には、いっぱい入ってるというイメ ージもあって、『ちゃんこ』にしようと
    言ってたんですよ。 25曲っていうか25アイテムありましてね。でもまぁ、あんまり食い物を出したりして、
   
その筋の方たちのアル バムと間違われてもいけませんので、変えました。
イン;その筋の方たち…? 
国本;まぁご想像におまかせします。
イン;では、『国本』と『武春』にされた理由は? 
国本;普通、周りの人は私のことを"国本さん"と呼ぶんですよ。ミュージシャンとかミュ ージカルの関係者をはじめ、友人もね。
    つまり"国本さん"っていうと音楽ノリになる んです。 対しまして、芸人さんは下の名前、"武春さん"って呼ぶ。
    まぁ芸人さんは亭号では呼びませんから。亭号っていうのは姓のことで、例えば桂さんとか、柳家さ んとかね。
    その一門に入ればその亭号になるワケで、桂さんとかいっぱいいるでしょ。で、芸人さんの場合は名前で呼ぶんです。
    国本 さんという亭号は少ないけどね。 そんなワケで、浪曲色とか和風色を出したアルバムを『武春』、一方、演芸寄りで はなく、
    マンドリンを弾いたり、バラードやブルースを歌ったりして音楽的な アプローチをしているアルバムを『国本』としました。
イン;なるほど。それでは、それぞれのアイテムの解説をお願いします。
国本;はい。 では『国本』の方から。

No.
曲目 作詞・作曲
国本による解説
1
笑おう
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
まず『笑おう』はフォーライフで出した『アリとキリギリス』の中に1フレーズだけ入ってた んですが、それに歌を足して1曲にしました。キリギリスがアリさんへご馳走のお礼に歌 う曲です。いろいろ腹が立ったりするけれども"笑おう"と。ふはははは。 さぁ、ご一緒に。ぶわっははは。
2
.風よ
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
『風よ』。コレは今年になってできた曲で、『バイキング・ティアラ』のエスニ ック編の時に初演っていうか、発表しました。頭のメロディは浮かんでたんですが、一曲に はなかなかできてなかったのを思い出します。テーマは、男女の仲というのは、風の吹くよ うに、いろいろ目移りしても一人の女性に行き着くんじゃなかろうか、結局お前しかいな いよ、というような…。風とかそういうものから見りゃあなんてことはないよ、というよ うな感じですかね。こじつけですけど。
3
Hobo
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
『HOBO』は、2枚目のアルバム 『グレートヒット』に収録されてます。1枚目のアルバム『福助』はギター、ピアノ、三 味線+リズムボックスというシンプルな構成だったんですが、2枚目の『グレートヒット』 はバンドになりましてね。このロックバンドで演るために作ったアップテンポなブルース です。シャッフルしたブルージーな曲としてはかなり画期的ですよね。こういうビートと いうか、メロディが三味線にバカに合うな、と実感したものです。その頃はエレキ三味線 を駆使していましたが、昨今は余韻を楽しむ楽器として三味線を使ってますね。本来三味 線は、三味線一丁、あるいは三味線とギター、もしくは三味線とリズムボックス、といった 編成でやった方がいい楽器ですから。それでまぁ、中村さんとふたりで長くやってますけ ど、この『HOBO』っていうのは、演奏する度、自分たちの気分によって高揚感が違う というか、盛り上がりが違うので、とてもライブな曲なんですよ。だからコレはレコーデ ィングの日の『HOBO』であって、ライブではまた違う『HOBO』になる。中村さん と私の"あうん"の呼吸でね。こういうのが音楽的には一番楽しいかな。あえて再びレコー ディングする曲に選んだのは、やっぱり自分たちも気に入っているし、ライブ感っていう のが好きだから。  で、いつもライブでも取り上げているのに、アルバムがないじゃないか、と言われる機会 が多いものですから、今回、今の自分たちの感覚でまた入れてみようと思った次第です。
4
GRANDFATHER'S CLOCK  
  作詞:( P D )
  作曲:WORK HENRY CLAY
『おじいさんの古時計』、いわゆる『Grandfather`s Clock』。コレはマンドリン、 あるいはバンジョーを弾くための練習曲として、必ず教則本に入ってる曲なんですね。私 はブルーグラスを中学生からやってますけど、中村さんもそういうアコースティックなアメ リカの曲が好きなんで、「じゃあ、ギターとマンドリンでやってみよう」と。この曲で使 っているマンドリンは、"ランディウッド"っていう世界的に有名なアメリカのクラフトマ ン(作家)に作ってもらったモノ。注文してから2年待ってできたマンドリンなんですけ ど、とても気に入ってます。さて、私たちの演奏版は、スピードが3段階で変わっていく。 おじいさんも盛り上がってくると段々若返るというノリになっています。
5
しけ込みのブルース
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
『しけ込みのブルース』は初めてレコーディングするんですけど、やっているの はかなり初期から。"三味線を弾いて、唄いながら、ハープも吹く"というのは、ないんじゃ ないか、と思い付いて作りました。ピックで三味線を弾くっていうのは、昔の漫才師、例 えば、かしまし娘やボーイズがやってたんで珍しくない。だけど、コードを弾くのと、三 味線を弾きながらハーモニカを吹いてブルースを歌うっていうのは、私が先駆者ですね。 ボトルネックも使ってますし。小指に付けてスライドさせながら。  詞の内容は、ブルースですね。ずぶ濡れで彼女のところにしけ込む、という。飲まなき ゃ女のところに行けない。だけど飲み過ぎて途中の電柱で2回ぐらい吐いて、ズボンの下 の方にはその状態のモノがビタビタ付いてるんだけど、それでもしけ込んで、ズボンも脱 がないで彼女のところに行ってしまう。「しょうがないわね」なんて言われながらもね。 大体黒人のブルースは差別された抑圧なんかがあるんですけど、日本人のブルースは情け なさがあって。そういう男の悲哀なんかを歌ってます。  
6
よろこぶ
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
続きまして『よろこぶ』は、結構昔に作った曲なんですけど、お蔵に 入っておりまして。久しぶりに自分のテープを引っ張り出して聞いているうちに、 人間というのは大人になっても素朴な子供の時のような気持ちはやっぱどっかにある、と しみじみ感じたんですね。いかに汚らしい人生が身に付いていたとしても。暖かくなれば 花や犬もよろこんだり、君がよろこんでる姿をみて私もよろこんだり。そういう素直な精 神を歌う時は、国本も、由紀さおり・安田祥子姉妹のような素直な声で歌うように心がけ ています。1曲前の『しけ込みのブルース』とは天地の差ですが、あえて、曲順をつなげ てみました。人間の一番濃いところと清らかなところをね。
7
ゴーモンナイ
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
『ゴーモンナイト』(M6)は今年の『バイキング・ティアラ』エスニック編で初演しま した。今、世界的に紛争が起きたり、飢餓があったり、経済的にも大変なことになったり しますけど、日本人にとっての"ゴーモン"なんてもんはね、なんてことはない。彼女に部 屋に入れてもらえなかったり、コンビニ行って小銭を持ってなかったりするのがゴーモン に感じる。本当に死ぬ思いをしてる人と比べたら情けないんだけれども。しかしそこに悲 哀もあるというような、アップテンポのブルースですね。
8
SALLY GOODIN
  作曲:トラディショナル
『マンドリンと三味線』は、ダンスミュージックです。解説でも言ってるんです が、ブルーグラスでは"フィドル&バンジョー"っていうのがあってね。アメリカ開拓の頃、 ちょっと皮がゆるんでモコモコっていう音がするバンジョーと、ビブラートがかかって綺 麗な音のするバイオリンとはひと味違うフィドルっていうバイオリンを弾きながら、夜通 し踊ったり飲んだりして盛り上がってたんですよ。それを、自分が弾けるマンドリンと三 味線に置き換えて、国本ひとりの多重録音で再現してみました。『SALLY GOODIN』と いう曲をベースにしています。
9
おどれおどれ
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
『おどれおどれ』は、ただ日本人は踊りっていうと盆踊りみたい な群舞が得意で。今でいう"パラパラ"もそうですね。ひとりで主張して踊るよりも、みん なで輪になって踊る方が日本人の性に合ってる。世の中もそうでね。世間で流行っていれ ば、私も乗る。それでいいのか、一生流行りを追うのか、という皮肉も多少込めてます。 こちらはバンドの時に作った曲ですが、初めてレコーディングしました。
10
チューニング 『チューニング』(M10)は、聴いてのお楽しみです。
11
OVER THE RAINBOW
  作詞:( HARBURG E Y)
  作曲:ARLEN HAROLD
『虹のかなたに』(M11)は、おなじみの曲でいろんな人がやってますが、私と中村さん でいい音で聞かせよう、とやってみました。この曲を選んだきっかけは、夏の合宿の時で すね。別に最初からコレをやろうというワケじゃなかったんですが、9割方は食ってる合 宿で、食うのも飽きたりして、中村さんとふたりで楽器を弾いたりするうちに、なんとな く「できるね」てな感じで。楽器は信州の鷲見さんという世界的に人気のあるクラフトマ ンに作っていただいたAタイプのマンドリンを使ってます。中村さんのギターは、スタジ オでもよく使っているというテイラー。  まぁこの『Over the Rainbow』という曲は、純粋に楽器の音と情緒をしみじみ楽しん でいただきたいですね。国本に珍しい癒し系・ヒーリングミュージック。
12
同じ空の下
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春
『同じ空の下』(M12)はせつない系の淡々としたバラード。10年近く前に『びんなりし んなり』っていう『お話ライブ』を月1回やってたんですよ。イメージとしては『ロック ンロール浦島』を広げたような。で、ライブでやってた挿入歌の1曲をアレンジし直しま した。『松山鏡』も『お話ライブ』でやってたんです。そうそう、『ガリバー旅行記』な んてのもあったなぁ。やれば面白いんだけどなぁ。すっかり忘れちゃったなぁ…。
13
あつまれ
  作詞:国本 武春
  作曲:国本 武春

『あつまれ』(M13)もお蔵に入ってた曲。かなり初期だったと思います。思い起こせば、 団塊の世代の人とか昔の人には熱くなるもんがありましてね。フォークゲリラとか学生運 動といった熱くなる部分が。国本の世代はそれよりちょっと後なんですが、そういう熱い モノもわかる。で、今の時代。大きな声を出して歌うとか、そういうものがない。はらわ たが出るくらい大きな声で歌うと発散する。そしてそういうところにみんなが寄る。だか ら集まって、大声を出して歌って、自分を主張しよう、というような曲ですね。よくわか りませんけど。

 以上が、音楽モノを集めたアルバム『国本』のラインナップです。人間の悲哀を歌ったり、
メッセージを込めてたり、 自分たちの好きなブルーグラスを楽しんだりとか、とにかく音 楽を好きにやってるアルバムです。