ビルモンローの生まれ故郷
ケンタッキー州ロジーン モンローアベニューにて

 

 



The David Grisman Quintet

 日本のブルーグラスファンはその
ほとんど が歌より楽器演奏のすばら
しさに 先ずほれ込んでこの道にはま
ってしまうようです。
そういう私も、中二のときに聞いた
ビルモンローの「ブルーグラスブレ
イクダウン」 が 耳から離れずこの
道に入ってしまいました。

 その楽器演奏も、ツワモノが揃う
とこれほどになる・・
日本の、いや世界中のブルーグラス
ファンがおそらく全員このアルバム
を聞いて 「アッ!!」と驚いた事で
しょう。

 浪曲はもともと流行歌、立派な音楽
であったはずなのに 月日がたちその存
在が当たり前になるといつしか「芸能」
と呼ばれ、 それも流行らなくなると
「古典芸能」あるいは「伝統芸能」と
呼ばれるようになる。

 ビルモンローの作ったブルーグラス
も当人はいつも新鮮であるのに ブルー
グラス界を取り巻く風はあまり変わり
映えのしない、 すでに「芸能」になり
つつある様なそんな時、このアルバム
のブルーグラス界に与え た 功績はも の
凄いと思います。

 やっぱりブルーグラスは無限の可能性
のある立派な音楽だ、と感じさせた一枚
です。

「WHEN THE STORM IS OVER」   NEW GRASS REVIVAL David 
 

 GrismanもそうですがSam Bushは
特 に私の永遠のアイドル。
そのサム
が最も 充実していた頃のアルバムです。

  ブルーグラスの凄いところは、グ
リス マンにせよリッキーにせよそし
てサムに せよ みんなしっかりとした
ビルモンロー の子供なのに、ちゃん
と自立をしている ところ。

  特にサムは小泉総理じゃないです が
「ひるまず、恐れず、とらわれず」
思っ たことを自由自在に実現している。
しか もスマートでありスピリッツがある。
コートニージョンソンの居た頃のNGRは
ホントにその典型ですな。

 

撮影日付: 2002/03/04
露出: F2.8 1/60秒 (10/600)
フラッシュ: ON 国本武春

「THE HIGH,LONESOM SOUND OF BILL MONROE」
 

 BILL MONROE いろんな意見がある
でしょうが、私はこの頃のブルーグラ
スボーイズが最高だと思い ます。

  それにしてもこのジャケットのビル
の写真・・・・・ロンサムだな〜

 

撮影日付: 2002/03/04
露出: F2.8 1/60秒 (10/600)
フラッシュ: ON 国本武春

「LESTER FLATT AND EARL SCRUGGS」
 

 FMラジオで聞いた「ブルーグラス」
と言う言葉だけを頼りに 上野の松坂屋
のレコード売り場で買った初めての
ブルーグラスのレコード。

  もっともこの売り場にはブルーグラ
スのレコードは4,5枚しかなく 今思
えばたいした知識も無くよくぞこの
レコードを買ったもんだと 自分自身に
感心します。

 この1枚が私のブルーグラス人生の
始まり、いや音楽人生、芸能人生の
始まりかもしれません。

 

撮影日付: 2002/03/04
露出: F2.8 1/60秒 (10/600)
フラッシュ: ON 国本武春