忍者ラグ

この映像をご覧頂くにはapple社 Quick Tine が必要です!
 ダウンロードページはここをクリックして下さい!


オールドタイムミュージックの殿堂カーターフォールドを正面からみる 2006年6月13日(火)
この日のカターフォールドはお休み。JPの手配で誰もいない劇場で撮影です。
それにしても渋すぎるこの劇場アメリカ開拓民の魂を感じます。
ここまで来る日本人はまずいません!貴重な写真です。
 
カーターフォールドのステージ
 
 
ステージ側から観客席を見る。窓枠はス通しで満席の時は外のベンチも観客席に
 

 

 

カターフォールドすぐ右隣にある建物ジャネット・カターが住んでいたのでしょうか?
知っている方は是非教えてください。それにしても大人1ドル50セントは超格安な入場料ですが
2004年に入場した時はもっと高かったような気がします。
 

 

横から見たカターホールドと2006年6月10日(土)ショーのメニュー。スケジュールが会わなくてみる事が出来ませんでした。日本からここに来るのは大変!しかしまた行ってみたい場所です。生演奏に乗ってステージ前で踊る人達を見ると、音楽を楽しむという原点がここにあります。

 

 

ステージ全景、生前のジャネットは奥のベンチに座って演奏を楽しんでいました。ステージ前のフロアーでは曲にあわせて老若男女が軽いステップを踏んで楽しみます。時にはスローモーションなエルダーステップも垣間見られますが、これが渋い。さあみんな おどりゃんせ!  
 
ここでようやくカリスマ登場!今日は観客のいないステージで一演奏、ビデオに収録してこの日は撤収です。  
 
最後は外でもう一枚、それにしても車が通りませんが土曜の夜はフルハウスに、時には外のベンチまで人で溢れます。  
 
2004年のカターホールドこの日はハイスクールの団体で大盛況、外のベンチにも観客が溢れていました。しかし肝腎なステージが良く見えない